2014年08月31日

2014北海道マラソン 時間切れの選手たち

2014北海道マラソンが行われました。
フルマラソンは、札幌市の中心部を走り抜け、手稲区の前田森林公園を過ぎたあたりが折り返し地点になっています。
9時スタートですから、このあたりを先頭が通るのが、だいたい10時15分頃という予想だそうです。
私は選手はムリだけど、ちょっとだけ応援に出かけました。



先頭集団は力強いしすんごく早い!
注目の選手たちは前をしっかり見据え、白バイや放送局の車に囲まれながら風を切りました。
そのすぐ後を、続く選手たちが波のように次から次へと押し寄せて、アスファルトを駆け抜けて行きました。

14.8.31北海道マラソ001.jpg



14.8.31北海道マラソ002.jpg



しばらくすると、選手たちの走りがちょっと変わってきました。
面白い帽子や楽しいコスチュームを着ている人もます。
ふなっしー、スパイダーマン、アンパンマン、大きな羽を付けたおじさんなどなど、見ている方も面白い。
沿道からも、”スパイダーマンがんばれ〜”とか、”ふなっしー走れ〜”とか、声援が飛びます。
すると、ランナーたちも『ありがとうございます〜』と言って声援に答えてる。
なるほど、コスチュームや帽子は、ただ目立つだけじゃなくって、選手と沿道の人たちとのふれあいに役に立っていたんだね。
それにしても、すごい人数。
北海道マラソンには、1万人以上が参加しているそうです。

14.8.31北海道マラソ003.jpg



選手の波がまだまだ消えないというのに、しばらくするとアナウンスが聞こえてきました。
”折り返し地点に達していない選手の皆さん、12時9分です。すみやかに、路肩の芝生に上がって下さい”
もしや時間切れ・・・・・
先頭の選手がゴールしてから、一定の時間内に決められた距離まで達していない選手たちは、そこで時間切れになってしまうんですね。



近くの芝生に座り込んだおじさん選手が、若い選手に話しかけています。
「いやあしんどかったわ、君、大丈夫かい」
「ハイ、もう少しイケると思ったんでけど」
「君は若いから大丈夫さ、まだまだこれからだよ」
残念でしたけど、頑張った充実感が見えてくる。
マラソンなんて、あんなにこわいのに(苦しいのに)、なしてするんだかと思っていたけど、こういうことかもいれないな。



バスが選手たちを次々に収容して行きます。
お疲れさまでした。

14.8.31北海道マラソ004.jpg



14.8.31北海道マラソ005.jpg




人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:05| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

メークイーンと男爵 掘ったべさ

春に植えたジャガイモ、メークイーンと男爵を掘りました。
葉っぱが枯れた頃が堀り頃です。



旦那さんがザクっとクワを入れると、さっそくジャガイモがコロ・・・・
お〜、いいんでないかい。
しゃがんで拾い集めてバケツにポイポイ入れる。
一本の苗から、大小合わせると、10個以上は付いているでしょうか。



次ぎのジャガイモにもクワを入れると、またコロコロ・・・ポイポイ
ザク・・コロコロ・・・ポイポイ  
・・・・・・・・・
3本くらい掘ったところで、ハ〜という息が漏れていますぞ。



14.8.30いも掘り001.jpg

14.8.30いも掘り002.jpg

14.8.30いも掘り004.jpg

私もスコップを持ってきて掘っちゃるわ。
グサッ・・・ほれ、 コロコロ・・・ポイポイ。
私の方が体力あるよ的な身のこなし。
しかし、ジャガイモのバケツを運ぶ足取りがヨロケていたのは、妻の方もそれなりという証の何者でもなかったのであった。



右側の、ちょっと長めのイモがメークイーン。左が男爵です。
メークイーンの特徴はスベスベしていて皮がむきやすい!&イモが煮崩れしにくいので、扱いやすいです。
それに、なんと言っても、ねばりがあってしっとりしています。




男爵の方はというと、ポテトサラダにするとホックホク。
粉ふきイモやマッシュポテトにするときは男爵イモをベシベシつぶします。

14.8.30いも掘り003.jpg



やれやれ、作業は1時間半くらいで終了です。
家に入るとき、何かに足を取られてつまづいたけど、持ちこたえてセーフ。
これくらい、な〜んもさ(どーってことないわ)・・・


今が旬!北海道産 メークイーン と 男爵いも

人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:20| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

藻岩山はアイヌの人達を病気から守っていた

東南アジアなどに存在するという伝染病デング熱。
それが大都会の東京で患者が出たというのですから驚きました。
幸い、治療をしっかり受ける事で治るそうで、一安心してよさそうですね。



それまで経験したことのなかった病気の感染が突如始まるということが、昔の北海道でもあったそうです。 札幌市民にとってなじみの藻岩山(もいわやま)に残されている伝説に、そのお話はありました。



藻岩山は昔、アイヌの人たちが「インカルシペ」と呼んでいた聖なる山でした。
ある年の春、「インカルシペ」から山鳴りが聞こえてきました。
これは、恐ろしい病気が流行する前触れにちがいないと思ったアイヌの人たちは、村人みんなで、「インカルシペ」の山の中に逃げ込み、病気が感染しないようにそこで数日間を過ごしました。
そのおかげで彼ら達に病気が移る事はありませんでした。
事態が終息した頃、山の中腹から、事態の終息を知らせたのでしょうか、カムイシュネと呼ばれる神さまの灯火が光ったという事です。



実はこの病気は、疱瘡(ほうそう)=天然痘 だったそうです。
疱瘡と聞いて、”あ〜、知ってる!昔、予防接種したよね〜、すんごく痛かったよね〜、
今でも肩に予防接種の跡があるよ〜”
なんて方がいらしたら、もしや私と同年代か先輩の皆さんですね。



江戸時代から明治にかけて、北海道にやって来た和人たちは、アイヌの人々がそれまで体験した事のない、新たな病気を運んできました。
未知の病原菌に対して免疫力のないアイヌの人たちは、そうした病気によって沢山死んでいったそうです。
疱瘡も、そうした病気の一つだったようです。



疱瘡は根絶されたと言われているけど、今回のように、そこにあるはずのない病気が出現するのはなんだか怖いです。



それにしても、藻岩山(「インカルシペ」)が災いを知らせた山鳴りと、終息を知らせたカムイシュネの光って、いったいなんだったんでしょう。
知りたいけれど、和人は病気を持って来た張本人だから、藻岩山(「インカルシペ」)は、何も教えてくれないのかもしれませんね。



以前、藻岩山を空から撮影した写真です。(07年1月)
現在、藻岩山展望台は新しくなっています。

新しい藻岩山展望台の記事はこちらです。

14.8.29-0715の藻岩山.jpg

<関連記事 >

新しくなった藻岩山展望台に会いにいったもの
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996180.html

藻岩山の謎だった白い塔
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391994920.html

空から見た藻岩山は優しい恐竜に見える
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391995466.html?1472881854

藻岩山から見た札幌の夜景がついに日本三大夜景の仲間入り!
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/427900317.html



人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:25| Comment(2) | 北海道の伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

片付けられない実家になりつつある我が家

最近、『物にあふれる実家』というのが問題になっているそうです。
物を捨てられい、片付けない事が習慣になって、至る所に物があふれているというのです。
例えば、棚いっぱいの紙袋。階段の段々に積まれた新聞紙。
廊下や玄関、いたるところがもうタンスのこやしならぬ、家中がこやしだらけ。



ああ、思い当たりますね。
人は物の価値を見るとき、その物を演出しているものの豪華さに惑わされる生き物なんだそうです。
そのせいか、包装紙も袋もパリっと厚手の立派な品物がけっこう多い。
たった一度使っただけで投げる(捨てる)なんて、いたましいっしょや(もったいないでしょ)。
もったいない精神でございます。



壁を占拠するかのように置かれているティッシュやトイレットペーパー。
積み上げられたティッシュの壁をブロックのように積み上げて、家の壁を補強するのか。
いいえ、とんでもございません。
風邪をひいて、鼻水が止まらないときがあっても、ささっと行動できないお年頃。
お腹をこわしたら、お店にまでたどりつけないかもしれないお年頃。
宅配サービスに不慣れな年配者にとっては、ティッシュと、トイレットペーパーの数は安心の数なのでございます。



頂き物のお鍋だって、いつかは使うに違いないし、醤油や油だって、安かったんだもん。・・・・・と。
そんな気持ちが多少わかるようになってきた自分て、もしかして、黄色信号なのかしら。



『お母さん(自分)も、こんなふうにならないように、少しは片付けしなくっちゃ』って言ったら次男が言いました。

「台所に下げてある袋の中が、いろんなビニール袋でいっぱいになっているのって、あれはどうなの?」
『え?!、だってだって、あれは、ゴミを入れっるのにいいでしょ。ちょっとしたものを分別したりとか・・・それに、袋に入りきれなくなった分は捨てるわよ』
は!!・・言い訳している自分が、なんだかちょっと情けない。本当はギュウギュウ詰め込んでいるのにさ。まったくもって黄色信号です。ペカペカ・・・・



・・・・ そこで一句 ・・・・
思い切れ あふれた物は 捨てるべし




こんなキッチンラックもいいかもね。



人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 10:14| Comment(2) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

キュウリ豊作でキュウリダイエット

秋が忍び寄ってきているようです。今朝はひんやりして・・・ヘ・・ヘ・・ヘ〜ックション!!
そろそろ窓を開けて寝るのは・・・ヘ・・ヘ・・ヘックション!!
やめたほうがいいみたい。




たった3本しか植えていないキュウリの苗が、今や最盛期とばかりに次から次と実をつけています。
始めは、早くいっぱい実がつかないかとワクワクしていたけれど、そのうち一気になりだして、サラダに漬け物、よそのお宅にのおすそわけ。
毎日毎日収穫しています。

14.8.27畑004.jpg



ところが、目を皿のようにして探していても、葉っぱの影で見逃しちゃうキュウリもあります。
1〜2日見つけられないと、あっという間に立派になりすぎ、見よ、このすりこぎ棒状態!
それでもいたましい(もったいない)から中の種を取ったりして食べます。

14.8.27畑003.jpg




朝昼晩、朝昼晩、成長するキュウリに負けまいと、キュウリの漬け物をご飯のようにパリパリ食べる。
だからその分、ご飯の量が、少し減ったみたいなんです。
体重計の針は今のところは変わりはないけど、カロリーは抑えられているハズです。
さっそく検索、キュウリ一本(約100g)に含まれるカロリーはと・・・たったの14kcal!!
もしかして、これはキュウリダイエット!
すりこぎ棒より太っとい私、ここにきてスリムなキュウリになれる・・・かもしれない。


14.8.27畑002.jpg



確実に痩せたい方は楽天市場ダイエットランキング


人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:10| Comment(0) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする