2015年04月30日

ガガーン、木の実の月餅

『中村屋の月餅』。
先日、羽田空港に売っていたのを見て、たまには事務所で密かに食べてもいいじゃないかと買いました。
”アズキあん” も美味しいけれど、 ”木の実のあん”が、たまらい。
5個入りの月餅の中身は、アズキ3個と 木の実が2個でした。



すぐ食べちゃったら いたましい(もったいない)っしょ。
そこで、”木の実” と ”アズキあん” の月餅を半分ずっこにして旦那さんと食べる事にしました。
そうすればあとでもう一度、”木の実”の月餅が食べられるってすんぽうです、おーほっほっほ。
おいしいね〜。
かくして箱の中身は、”木の実”が1個と”あずきあん”が2個になりました。
翌日、事務所にお客さんが来たので、ちょうどいかった、3個残っているのでティータイムとしちゃいましょう。



”月餅食べませんか?ちょうど3個あるので、みんなで食べましょうよ” と、月餅の箱を出してパっと開けて差し出しました。
でもその瞬間、やっぱしいたましく(もったいなく)なりました。
別なお菓子をだせばいかったわ、今さら引っ込められないし。
しかし、木の実の月餅を選ぶ確率は3つに1つ。
まだまだチャンスは残っているのだ。
お客さんは「それじゃひとつ頂きますね」と言って、手を伸ばしました。



・・・・・・・!! ガガーン! ショック。
それいっちゃうか。
お客さんは、迷わず木の実の月餅をつまんだのであった。
「これ美味しいんですよね〜」
”そ、そうですよね、美味しいですよね” ほほ・・
もちろん、アズキあんだって美味しいですが・・・・・
力が抜けちゃった。



今度はバラで、木の実の月餅だけを買ってこよ。

150429げっぺい001.jpg


150429げっぺい002.jpg



人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:16| Comment(4) | 美味しい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

山菜食べて、あー春だわね

採ったばかりの山菜を頂きました、有り難うございます。



写真左上はコゴミ。
右は雪笹(ぴょん、アズキナ)。
右下がコジャク(シャク)。
そして左下がアイヌネギ(ギョウジャニンニク)。さすが山のもんはたくましい!
アイヌネギは、我が家の裏に生えているのより、倍以上も立派!

150429山菜2.jpg



さっそくみんなを、さっと湯がきました。
コゴミはゴマドレッシングをかけてみました。
ん〜、ほのかな春の苦みが、口の中に広がりました。



雪笹は、かつお節をかけておひたしに。
まいったなまいったな、くクセがなくって、さわやかな春〜!
シャキシャキ歯ごたえがいい感じです。



コジャクは初めて食べました。
水菜にも似た感じで、これもクセがなくって食べやすい!
シャキシャキシャキ・・・・

100418山菜シャク.jpg



アイヌネギは小分けにしました。
食べる分意外は冷凍庫へ。
ちょびちょび食べないと、ハンパないニンニクの臭いで、みんなに迷惑がかかるもね。

100418山菜アイヌネギ.jpg



気づけばアイヌネギ以外はたった二日で完食!あー美味しかった!
冬の間に溜まった毒素が、これでみんな溶け出したんでないかい。
なに?まだいっぱい溜まってるって?
こ、これは毒素ではなく脂肪だべさ!
毒素にも近いけど。




人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:50| Comment(4) | 美味しい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

やるときゃやります、もういいけど

突然、旦那さんのかわりに、建築写真の最後のカットを撮りに行かなくちゃならなくなりました。
そうは言っても、私は30数年間、旦那さんの子分で行く事はあっても、カメラマンとして行ったことなど、たったの一度もないのでございます。
旦那さんのカメラはバカチョンカメラじゃないし、回すとこだの押すとこだのがいっぱい付いているし、本体そのものがすんごく重い。
だいいち、このボディのおばちゃんでございますよ。
疑われるじゃないですか。
けれど、そんな事は言ってはおれませんので、旦那さんのカメラをいじって特訓数日、ついにその日がやってきました。



私は運転ができないので、カメラ機材と三脚を背負い、JRで現場に到着。
もうこうなったらそれらしい顔をするしかない。
『撮影に参りました、今日は都合で私が撮影いたします』
「そ、そうですか」
ドキドキしちゃうわまったく。



「すみませんが、もう1カット増えたので、そちらもよろしくお願いします」
な、なに!!増えちゃったってかい。
『あ、そうですか、こちらですね』
私は両手を前に広げて
『こちら方向で、この角度から、ここからここまでの範囲で・・・・』と、
旦那さんがいつも言ってる事をマネしながら、いかにも手慣れているフリをしながら三脚を立てる。
幸い、担当者の人は私に任せてどっかに行ってしまいました。 いかった、今のうちだ。
カメラの手順、1番目はこーやって、2番目はあーやって、ここを回してシャッターをカシャ!カシャ!カシャ!
不安なので、もう一度こーやってあーやって・・あれ?どうだったっけ?



しばらくすると、工事の関係者さんらしき背広の男性がやってきました。
男性は、カメラをマジマジみて、
「ほほう、すごいなあ」と言いました。
まずい、専門的な事を聞かれたらどうするべ。
1番目はこーやって、2番目はあーやってじゃ話にならない。
『い、いえ、そうでもないんですよ、ほほほ』
なんも聞かないでよ〜。慣れてるフリして早く片付けなくっちゃ。
なんとか終わりました・・・



翌日、事務所に戻った旦那さんに見てもらいました。
どう?うまく撮れている?
旦那さんは、その写真を見ながら、
「まあまあ撮れてるべや」と言ってくれました。
どっと疲れが3日分放出。
「だけどな、2カットの写真とるのに、何十枚撮ってるんだか」
だ、だってさ、少し場所や方向を少し変えてはシャッターをきったから。
もう、何枚写したんだかワケわかりません。
デジタル時代でいかったわ。



旦那さんは「これなら、またできるべ?」だと。
できるわけないじゃないですか。
これ以上緊張して痩せちゃったらどうするんですか。


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:44| Comment(4) | 私の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コムクドリの新居リフォーム

新居のリフォームに大忙しのコムクドリ。
ご夫婦で忙しく行ったり来たりしていました。
頑張って下さい!


本州では山にいる事が多いそうですが、北海道では平地でも見る事ができる鳥だそうです。




150428-コムクドリ014.jpg


150428-コムクドリ006.jpg


150428-コムクドリ005.jpg

150428-コムクドリ010.jpg



人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。

posted by ぽぷら at 22:35| Comment(2) | ひだまり公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見て見ぬフリの優しさ

札幌から浅草・鎌倉1泊2日の旅 (番外編)

宿泊したのは東京のビジネスホテルでした。 1階のフロアに、自由にコーヒーが飲めるしゃれたコーヒーメーカーが設置されています。
部屋に荷物を置くと、さっそくコーヒーを飲もうとフロアに降りました。



まずは紙コップをここに置いて・・・と。
それからこのピカピカのボタンを押してスタート、ポチ!
ん?ギュー ポチ!!
なして押ささらないんだべ(押せないんでしょう)。
こなったら ぐぐポチ〜〜〜!!ちょっと口もとんがって力が入る。
そのとき、ちょうどフロントの女性が通りかかりました。
”あのすみません、コーヒのボタン押してみたんですけど出なくって、入れ方を教えて頂けませんか・・・・?”



彼女は、私が押していたところではなく、その上の黒いボタンをポチっと押しました。
なに!ここにもボタンがあったのか!
しかもボタンには、そこそこ大きく「START」と書いているではないですか!
コーヒーは、すーっとカップに落ちて、あたりにいい香りが漂いました。
彼女は、「このボタンは、ちょっと長押ししないと出てこないんです、申し訳ございません。でももうこれで大丈夫です」と言いました。
私がボタンだと思っていたそれは、コーヒーメーカーのただのプレートでした。



でも、よく考えてみると、横からきた彼女には、私がヘンな所をグイグイ押しているところが、見えていたのではと思いました。
だから、
『お客様、そこはボタンではございませんよ、ココですよココ』と言ってもよかったのかもしれない。
北海道弁で言うならば
『どこ押してんのさ、そんなとこ押ささるわけないべさ、はんかくさいんでないかい?(アホじゃないの?)』
となるかも。



たぶん彼女は、見て見ぬフリをする心使いをしてくれたのでしょう。
”長押ししないと出てこないので・・・・”
その後、何度かコーヒーメーカーを使いましたが、いつもタッチするだけで、香りの高いコーヒーが、糸のようにスーっと流れ落ちました。




人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 01:10| Comment(2) | 浅草・鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。