2015年11月15日

クーポンよりも安く食べられるお店チケット

なんだかんだと、もう忘年会を考える季節ですね。
年々、暮れが近づくにつれ、”今年もなんとかやってこれたから感謝感謝” と、若いときにはさほど思ってもみなかった事を、しみじみと感じるようになりました。
だからまた、仕事仲間で忘年会ができることが嬉しいね。



さて、まだ行ったことがないお店がいいな、ネット検索でポチポチポチ・・・
クチコミも見ちゃうもね。
昔はこんなのなかったっしょ、今は便利だよね。家にいながら調べられちゃうんだから。
なになに、『友人と行きました。店員さんがとにかく元気いっぱい』ん・・味はどうなんだべね。
次のクチコミは『とにかく美味しくて言う事なし!値段も良心的!また行きたいです』ん・・・なんか、ほめすぎ・・
『この値段でこのボリュームは満足です』 ほうほう、なるほど・・・



最近はクーポンサイトもあるので、そっちと見比べながら、目を大きくして見ちゃう。
”やや、4000円コースがクーポン利用で3,500円だとさ!” 
私達のような中年以上の人間になりますと、このクーポンの使い方を把握するまでには、もう、すんごく頭の体操になりました。



ところがです。
最近になって、クーポン以上の、さらなる激安クーポンのサイトが色々ある事を知ったのです。
例えば、4000円のコースが2500円になっちゃうとか、いつもは1000円のラーメンが500円とか。
”そんなヤツおまへんやろ・・・・” なんて思ったら、ホント、今は、そういうサイトを上手に使って利用するのがお得な使い方だそうです。



あるお店が、広告を出そうと考えたとします。
予算は50万円。
でも、50万円のチラシを配って、いったい何人の人が来てくれるかな。
チラシを見てやってくるお客さんの数は、ほんの数%。
同じ50万円を使うなら、50万円分の料理を半額で提供しよう。
そうすれば、少なくても半分は回収できて実際に食べてもらえるし、さらにそこからクチコミで広げてもらえる。
チケットの売れた枚数もわかるし、お客さんは予約をしてくるから準備もできる!!
実際は、サイトへの手数料なども支払うわけですが、何人くるかわからない期待薄のチラシをまくよりも、お店側にとってはよい方法なんですね。



そこでさっそく、激安サイトで検索。
忘年会に格安で売り出しているお店はないかしら・・・・・と・・・・・・
お!5,000円コースが2500円!飲み放題付き!
どこどこ? ススキノか!またにはいいかススキノも・・・・ 締め切りまでの時間、または枚数に限りがあるので、決めたら早く買っちゃおうっと。
チケット買いますポチ!!
やった、買っちゃった。



買ったチケットは、このあと、当日お店でチケットの画面をスマホで見せるか、印刷してお店に提示するかします。
私は印刷した紙を持って行きます。
だってさあ、その場になったら焦ってうまくスマホの画面まで、たどりつけるかどうかわかんないっしょ。





= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR


posted by ぽぷら at 23:42| Comment(2) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

北海道の七五三は千歳飴のように長い

北海道神宮の七五三の参拝者が増えたという記事が北海道新聞に載っていました。
本来の七五三は11月ですが、北海道では一ヶ月前の10月15日です。
というよりは、10月から11月までの間と言った方がいいのかも。



11月ともなると、冷たいみぞれや雪が降り始めるから、小さな子を連れての参拝は何かと大変です。
それで、一ヶ月早めたという話しは聞いた事があります。
でもこれだと、本州から北海道に来た人は、11月に七五三と思ったら、10月で終っちゃった?
って戸惑ってしまうので、10月から11月までの都合の良いときに、という事になったんですね。
七五三が1ヶ月早まったのは、1949年に札幌の神社の関係者が集まって決めたからだそうです。



子どもの成長を祝う七五三だけど、高価な着物やドレスを着たときは、親の方がものすごーく気を使うんでないかい。
そこに雨なんか降っちゃったら、さらに大変。
我家の子らは、写真だけ撮るときだけ借り物の着物を着せたけど、走るわ転ぶわ着物踏むわで、終ったらこっちが汗びっしょりでしたっけ。



新聞によると、最近では8月くらいからでもオッケーらしく、それぞれの都合のよい時にどうぞというのが、今の北海道の七五三らしいです。
はたして、子どもたちに七五三が記憶として残るのか、はたまた、お祓いした分のご利益が人生においてプラスになるのかはわかりません。
けれど、「雨降ってる時に転んじゃったもねー」とか、「着物がいやだって、ずっと泣いていたもねー」とか、親にとっての大切な記憶が、心のアルバムに刻まれることは、間違いないですね。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:28| Comment(2) | 北海道の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エゾリスは親子でいたよ

小春日和、カサカサする方を見たら、エゾリスが木の幹をタタタっと駆け下りていきました。
しまった、見失ったか。
と思って振り返ったら、ありゃりゃ!!
こっちには2匹のエゾリス、家族だべか!

151113りす017.jpg



151113りす005.jpg



最初の一匹は見えなくなってしまったけれど、こっちの2匹は、慌てる私を見下ろして何か話しているみたいです。
「お母ちゃん、あの人間、どうして口を開けてるの?」
「それはねえ、クルミをちょうだいって言っているんだよ」

151113りす002.jpg



向かって右側のリスがちょっと小さくて、左のリスに甘えているように見えました。
もしかしたら親子リスかなあ。




しばらく私を見ていたリスたちでしたが、見飽きたらしく、傍の木にシュルシュルっと移りました。
おお!なんと股関節の柔らかいポーズ!
「お母ちゃん、ボク木に見えるかな?」
「ばっちしでないかい、お前もそろそろ一人前だね」

151113りす014.jpg



それから地面に降りると、あたりをキョロキョロ見て、行っちゃった。

151113りす012.jpg


151113りす016.jpg


シュワッチ!
151113りす013.jpg

だんだん慣れてきて、もっと近くに寄ってくれたらいいのになあ・・・・・





= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 18:09| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なしてかテレビを消すと旦那が起きる

朝晩、ストーブにスイッチを入れる季節になりました。
夕食のあと、ストーブの前に寝転んだ旦那さんは、テレビを見ているうちに、いつのまにか寝てしまったようです。
ここは暖かい特等席だもんね。



寝ちゃったみたいだし、テレビのチャンネル変えちゃお。
ポチ!
旦那さんは「うん?」と一度、首をもたげたけど、また寝ちゃった。



そのうち、グーグーとイビキをかき始めました。
さてと、テレビはもうおしまい。
消しましょピ!



そしたら、今度はパっと起きた。
なしてだ?
今までいびきをかいて寝てたのに、あたりが静かになったとたんに目を覚ますなんて。
グー  グー   ポチッ ガバッ(起きた)って感じ。
寝てたのに、どーしてテレビを消したのがわかるのが・・・・不思議だ。




= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 00:28| Comment(2) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

道産子の私、『白い恋人』を始めて頂いた

石屋製菓の『白い恋人』を頂きました。
『白い恋人』は、今や全国に知られろお菓子になりましたね。
でも、札幌に住んでいるせいか、ちゃんと箱に入ったのを頂いたのは始めてかも。

151106白い恋人01.jpg



サクサクしたラングドシャーに、ホワイトチョコレートがサンドされている菓子。
ホワイトチョコレートのほうがラングドシャーより大きいところが、自分としてはちょっと嬉しい。
(ラングドシャーの方が小さいとは思わないようにしよう)

151106白い恋人2.jpg



『白い恋人』のCMで『ラング・ド・シャー』という言葉を聞いたときは、なんか知らないけどオッシャレ! と、昭和のど真ん中で育った私は思いました。
『ラング・ド・シャー』とはフランス語。
卵の黄身を使わずに焼いたクッキーのことを言うんだそうです。



さて、自分はホワイトチョコレートが大好きなくせに、何から作られるのか知らない。
なんとなく、脱脂粉乳だべな!とか、そうでなきゃ生クリームでないかい!とか思っていました。
検索ポチポチで調べてみると、結論は、茶色いチョコレートと同じカカオでした!
茶色いチョコレートはカカオ豆の皮と胚芽を取り除いてできたカカオマスを使って作りますが、ホワイトチョコレートはカカオ豆の脂肪分(白っぽい)カカオバターで作るそうです。
そうだったのか。また1つ、忘れなければ賢くなりました。



石屋製菓『白い恋人』の工場は札幌の西区にあります。
”白い恋人パーク” っていう名前が付いているだけあって、行ってみるだけでも楽しい場所ですよ。
有料ですが工場見学もできます。
観光バスもどんどん入ってきてるもね。


白い恋人パークの外の様子はこちら
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/418468905.html


白い恋人パーク工場内の様子はこちら
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996230.html



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:24| Comment(2) | 美味しい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。