2016年08月31日

札幌で聞こえた謎の爆音は恵庭の射撃訓練の音

ドド〜〜ン。
昨日、一昨日と、時々、遠くで地響きのような音がします。
「なんだ?」と旦那さん。
”雷でも鳴ってるんじゃないの?”と私。



■ 音の正体は戦車の大砲

「だけど、空は晴れているべや」
”そうだね、でもきっと雷でしょ ”


ドド〜〜ン。
「ほら、またしたべ?」
”遠くで雨が降ってるんでないの?台風きているっていうし”
さほど気にも止めなかった私でしたが、新聞を見てびっくり!
なんとそれは、戦車から撃たれた大砲の音だったらしいのです。




■ 射撃訓練の音が風にのって札幌まで

北海道新聞によると、ちょうどそのころ、札幌市の中心部から約25キロは慣れている恵庭市の陸上自衛隊北海道大演習場島松地区で、戦車の射撃訓練が行われていたそうです。
偶然にも、風向きは恵庭から札幌方向に吹く南東の風。
行われていたのは通常の訓練でしたが、この日は大砲の音が南東の風に乗り、札幌にやってきたと思われるのです。
普段、聞き慣れない地響きのような音に、札幌市や消防所には、相次いで問い合わせが寄せられたとか。



私の住んでいる所は、札幌市の中でも小樽寄り。
札幌市内中心部から13キロほど離れています。
という事は、恵庭から、だいたい38キロという事になります。


そうだ、中学校の頃ね、先生が教えてくれた事を思い出しました。
「いいか、音というのは、1秒間に330m進むんだ。
例えば雷がピカ!!って光るだろ、そしたらすぐに数を数える。
1、2、3、でゴロゴロゴロ〜〜って音が聞こえたら、3秒 × 330m だから、答えは990m先のどこかに雷が落ちたんだな。もし、ピカ!っと光ったと同時にゴロゴロ〜!!って鳴ったら、頭の上かもなあ、はっはっは・・・」



■ 恵庭から音が届くまでの時間を考える

音の早さを調べてみましたら、、1気圧、気温25度の場合だと秒速 約346m。
気圧や温度によって早さは変わり、基本的には気温が高い場合や、地面から上がるほど、音のスピードは早くなるそうです。



単純計算ですが、恵庭演習場から我が家までの距離を38キロとして計算すると・・・・大砲の音が風に乗っている時間は・・・
電卓・・・・ピッピッピ・・・約110秒・・・・ってことは、1分50秒!
音は途中の色んな障害物をすり抜けて、風と一緒にやってくるんでしょうね。



自衛隊が射撃訓練を行う事自体は、特別なことではありません。
にもかかわらず、普段はまったく聞こえない札幌にまで射撃の音がやってくるという珍しい現象は、、台風が次々にやってきた今回の気象の変化が原因でしょうか。
それとも、ドカーンと空に飛び出した音が、たまには 旅をしてみたくなったのかもね。

160831恵庭地図.jpg


人気ブログランキングへ


スポンサーPR


posted by ぽぷら at 18:08| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

アシナガバチは益虫だけど頭上はちょっと困る

やや、お隣の玄関前のカーポートに蜂の巣!
握りこぶしくらいの大きさの巣が、カーポートのくぼみに下がっていました。
どんな蜂なのか、さっそく調べてみる事に。



■ 市街地によく巣を作るというアシナガバチ

体は全体的にスマートね。
頭が黒くて黄色いタスキがけの模様があります。
背中ににも黄色い鮮やかな模様、あらなんとまあウェスとがほっそり!羨ましい〜!
ちなみに腰のくびれた女性のウェストを「蜂腰(ほうよう)」って言うんだそうです。
昔は私も蜂腰でした、今はボンレスハムだけど。



腹には茶色い横線が1本、黄色い横線が2本、そして茶色い横線が1本、先っちょが茶色かな??
この蜂は、市街地によく巣を作るというアシナガバチという種類のようです。

160827蜂の巣001.jpg




■ 刺激しなければ襲わない蜂

食べ物は昆虫など。
害虫を食べてくれるし性格もさほど凶暴ではないので、人間にとってはありがたい事が多い蜂。
むやみに近づいたりイタズラをしない限り、人を襲うことはないそうです。
この蜂のファンもいっぱいいるようですよ。

160827蜂の巣002.jpg




■ 地味だけど、繊細なアシナガバチの巣

アシナガバチの巣は、全体的に灰色をしているのが特徴だそうで、この巣も地味な色をしていますね。
でも見た目は、まるで和紙で作られているみたいに繊細です。
それから、スズメ蜂の巣がひょうたんのようなカバーで覆われてているのに対し、アシナガバチはカバーがないので、幼虫や働き蜂の様子が観察できます。

160827蜂の巣00-4.jpg




■ 次の女王蜂以外は、一夏の命

この巣は、小さいけれど、すでに数十匹の蜂が巣を守っていました。
巣が成長し、秋になると、次期女王蜂になるメスが誕生します。
新しい女王蜂は次の春がくるまで、小さな居場所を見つけて越冬し、他の働き蜂(メス)とほんの少数のオスは、みんな死んでしまうそうです。
ちなみに、働きバチの針は雌の産卵管が変化したものだそうですよ。
だからオスには針がないのね。



保育室の中から幼虫の顔が見える!
なんか、よくみると、めんこい感じもする。
この中に、新しい女王蜂が産まれているかどうかはわかりません。

160827蜂の巣003.jpg




怖い蜂ではないとは言っても、歩く人の頭の上に巣があるんじゃ、敵と間違えて攻撃してきたら大変。
ちょっと可哀想な気もするけれど、やっぱり隣に教えてあげなくっちゃ。
翌日、巣はなくなっていました。


今年の春に観察したスズメバチの様子はこちら >> http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/438995283.html


人気ブログランキングへ


スポンサーPR


posted by ぽぷら at 21:10| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

手稲神社のお祭り2016はサーカス

■ 平成28年度手稲神社秋季例大祭


ここ数日、朝晩はめっきり涼しくなった札幌です。
朝の空気は、もう秋の匂いがします。

160829空.jpg



今年も手稲神社のお祭り2016が始まります。
今年は9月18日、19日です。



手稲神社は明治時代に、手稲から北海道神宮(昔は札幌神社と言われていた)まで行く苦労を減らすために、小さなお社(やしろ)が建立されたのが始まりだそうです。
近くでお参りができたら楽だもね。




■ 手稲神社のお祭り、今年の催しもの

お祭りと言えばやっぱり気になるのは手稲祭りの催しもの。
今年の目玉はなんと、
サーカス スペシャルライブです!!



サーカスって、神社で空中ブランコやるのって?
そう思った方は若い方ですね。
昭和の中間で生まれ育ったおじさん、おばさんたちにとって、サーカスと言えば『キグレ大サーカス』と、数々のヒット曲を世に送り出した4人グループ『サーカス』なんです!
名曲『ミスターサマータイム』や『アメリカン・フィーリング』は、曲名を聞いただけで口ずさんじゃう、中年世代にとって、遠い日の甘く美しい思い出の曲でございます。



■ その他の催し物の日程

他にも、境内では色々な催しものが行われるようなので、今年のお祭りのポスターから抜粋してお知らせしますね。



<<  9月18日(日曜日)の予定 >>

12:00〜12:40  ジャズコンサート

13:20〜13:50  エイサー (琉球國祭り太鼓)

14:00〜16:00  腕相撲大会(参加費1,000) プロレス大会

19:00〜19:30 フラダンス

19:45〜21:00  歌謡ショー (清水ひろき、山本由美子)



<<  9月19日(月曜日)の予定 >>

10:00〜10:30 空手演武

12:40〜13:10 ストリートダンス

14:10〜15:10   のど自慢大会

19:45〜21:00 サーカススペシャルライブ

他にも色んな催しがあります。
プログラム詳細は >>http://teinejinjya.com/category/news/



9月19日は
手稲本町商店街で恒例の 『どじょうまつり』も、同時開催されます。
10:00〜18:00



■ 昨年は整理券が発行されたもよう

昨年は、歌手の渡辺真知子さんが来たんだけど、予想以上に人が集まりすぎて、整理券を配ったってウワサです。
今年は『サーカス』だから、もっとすんごい状況になるかもしれませんね。
ど・・・・・っしても近くで見たい方は、早めに行っているのがいいかもよ。






人気ブログランキングへ


スポンサーPR


posted by ぽぷら at 17:57| Comment(4) | 手稲のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

北海道マラソン2016追跡できる応援ナビ

■ 北海道マラソン2016は、今年で30周年、朝9:00スタート

北海道マラソン2016、長男は今年も北海道マラソンを走る為に帰省しました。
一昨年は、時間切れで収容バスに乗せられ、昨年はそのバスに追われながらのギリギリ完走。
苦しくて、もう止めようかと思っていたら、沿道から 
『今止めたら一生後悔するぞ〜!』って声援が聞こえたんですって。



北海道マラソンは札幌大通公園を9:00スタートです。
始めは南に向かい、豊平川を渡ってから、今度は再び大通り公園のテレビ塔を横切ります。
北海道大学を通って、手稲区の新川沿いをまっすぐひたすら走り、森林公園が折り返しの地点。
ここなら、我が家から自転車をこいで行けば30分程で行けるので、今年も見に行くことにしました。



新川沿いのコースに付いた頃はもう、すごい数のランナーが通過しているところ。
なんせ、参加人数が17,000人(定員)だそうです。
道路いっぱいに、ずー・・・・・っとランナーが通過していきます。

160828北海道マラソン005.jpg



160828北海道マラソン007.jpg




■ ランナーの現在地が分かる『応援ナビ』システム

この団体の中で長男を見つけるのは大変。
でも大丈夫、今年の北海道マラソンはね、選手一人一人がGPSチップを装着した、『応援ナビ』という強い見方のシステムを導入したんです。
これを使うと、自宅のパソコンからはもちろん、タブレットやスマホでも、ランナーのゼッケン番号(名前でもよい)さえ入力すれば、走っている現在地がわかちゃうという仕組みです。
もう前回のように、果てしなく続くランナーの集団を、ずーっと目をこらして探す必要もありません。



旦那さんからiPadを借りて、自転車に乗せてきたもんね。
さっそくゼッケン番号を入力すると、ほーら、長男の現在地が表示されました。
地図の上をチョンチョンと赤い丸ポチが動いてこっちに向かってきます。

160828北海道マラソン001.jpg




■ 北海道マラソンの、タイムを競うばかりでない楽しみ方

北海道マラソンは、記録も大切だけど、楽しみながら走っているランナーも大勢いました。
動物のかぶり物をしたり、アニメキャラのコスプレをしたランナーもいました。
亀仙人にそっくりな人もいたね、あと、路上のゴミを拾いながら、ゴミ袋を3つも持ったランナーもいました。
『しぬ〜〜〜!』とか言って、ニコッリと応援団に手を振っていた男性や、沿道の人にハイタっチしながら走ってるお爺ちゃんランナーもいたっけ。
みんな、マラソンを楽しんでいるんですね。

160828北海道マラソン004.jpg




■ 応援ナビを見るコツは、ちょっと先を予想して考えること

しばらくすると、おお、きたきた!
まるでロープのように細く長く見えるランナーの集団と一緒に、『応援ナビ』の赤い丸ポチが、こっちにやってきました。
長男は今、2つむこうの信号あたりを走っているようです。

あ、次の信号越えた!あともう少し、
ポツ・・・ポツ・・・・赤い丸ポチが近づいてきました。
そろそろカメラを用意しようとしたそのとき、赤い丸ポチが、ヒョイと私の現在地の前に飛びました。
え”〜!?今、目の前?!どこだどこだ・・・・


ワーーーーーーー・・・・・ランナーの集団通過・・・・・


160828北海道マラソン003.jpg


目をぱちくりするも・・・・・発見できず・・・


慌てているあいだにも、赤ポチは、ランナーの集団とともに、ポツ・・ポツ・・・と遠ざかっていきました。


オヨヨ・・・・・



応援ナビが教えてくれてるにもかかわらず、応援できなかったナビ・・・・
何度見直しても、丸ポチはむなしく遠さかっていくばかり。
仕方ないね、この先が折り返しだから、戻ってきたときに、また探してみようっと。




■ 途中で脱落しても、バスが拾ってくれる

さて、いくら楽しく走れるとは言っても、コースは一般道なので、交通規制を解除しなくちゃいけません。
指定時間内に決められた地点まで到達していないと、収容車に乗ります。
待機していたバスが動き出しました。
残念でしょうけど、すんごい頑張りましたよね。

160828北海道マラソン006.jpg



北海道マラソンは、今年で30周年を向かえたそうです。
台風が3つも上陸した北海道だったけど、17,000人のランナーと、それを支える多くのボランティアの人たちのパワーがすごかったみたい。
絶好のマラソン日和になって、良かったですね。
北海道マラソン2016公式サイトでは、完走者全員のゴールの映像も見る事ができます。ランナーにとっては嬉しいですね。



長男が折り返して走っているのを見届けたので、私は再び自転車をこいで帰宅。
『応援ナビ』をパソコンで見ていた旦那さんと一緒に、完走を見届けました。
お疲れさまでした。



北海道マラソン2016公式サイト
http://hokkaido-marathon.com/2016/





人気ブログランキングへ


スポンサーPR


posted by ぽぷら at 20:52| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

すすきのタコキングは、ごちそうタコ焼き

■ 店内がシブいぞ『たこキング』

先日、仕事仲間の皆さんと入った、すすきの の たこ焼き屋さん『たこキング』。
狭くて急な階段を登って入った店内は、私の想像していた食堂みたいな たこ焼き屋さん とは雰囲気が違う。
「いらっしゃいませ、ご予約ですね、では2階のテーブル席にご案内します」



さらに お店の階段を上がると、わわ、なになに、壁も天井もまっかっか!
それに、ちょうちんからタコがいっぱい下がっていますよ。
天井が三角になっているところをみると、ここは屋根裏部屋のようです。

160817タコキング001.jpg


160817タコキング004.jpg



きっと古い建物なんでしょう、年期の入った黒塗りのハリに、緑色のソファ。
昭和を感じさせるその雰囲気が・・・・・妙にあずましい(落ち着く)・・・・。



■ 大きめの ごちそうたこ焼き

そこに、登タコ焼きが登場しました。
これは大きい!一皿食べれば、けっこうお腹が膨らみそうです。
ふわふわでトロリとした たこ焼きに、昭和生まれのみんなは、口の中でハフハフしながら美味しいを連発。
たこ焼きっていうのは奥が深いね。

160817タコキング002.jpg


160817タコキング003.jpg



■ 一人でも ふらっと立ち寄れる『たこキング』

お店を出る頃には、下の階はお客さんで満員です。
勤め帰りとおぼしきサラリーマン仲間、カップル、一人女子、カウンター男子。
安くてお腹いっぱい食べられる『たこキング』は、庶民の見方なんだね。
すすきのは、そんなにしょっちゅう行かないけれど、『たこキング』なら、誰かをちょっと誘って驚かしたい。



たこキング すすきの店
札幌市中央区南五条西4-13 2階
011-252-7365




人気ブログランキングへ


スポンサーPR


posted by ぽぷら at 01:12| Comment(2) | 美味しい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。