2011年08月29日

積丹の海は ニシンと乙女の呪い

積丹(しゃこたん)ブルーが広がる海は、かつては”女人禁制”の海でした。
それは、源の義経の伝説から始まります。


”難を逃れて北海道に渡ってきた義経に、アイヌの酋長の娘が、恋をしてしまいました。
娘は、北へ向う義経のあとを追って積丹までやってきました。
ところが、義経はすでに、船で北へ向かったあと。
娘はあまりの悲しさに、この神威岬から身を投げてしまったのです。


それからというもの、積丹の海を和人の女性を乗せた船が通ると、なぜか、船は沈んでしまうのでありました。
こうして、積丹の海は、”女人禁制”になったのでございます”

11.8.kamuimisaki01.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スクープ!『”女人禁制”の真実』アイヌの娘の”呪い説”はぬれぎぬだった!
はたしてその真実は、ニシンの漁場をめぐる、商人や幕府の陰謀だったのだ。


『風の噂によると、当時、北海道の日本海側では、ニシンがわんさか捕れたので、やん衆達(働き手の男たち)がどんどん北海道に押し寄せて来たのであった。
しかも、ニシンは日本海側の北方面にまでわたって捕れる。
当時の北海道の北は、まだまだ未開発で目が行き届いていなかった。
幕府は、”もしそこに、家族でやってきて住み着く者が多くなれば、ますます統治が難しくなってしまう”と考え、
”したらよ、アイヌの娘の呪いって事にして女人禁制”にしておけばいいべや』
というのが真実という噂が浮上したのであった。 ただし、遊郭はあったそうですよ。なんだべね〜 <
posted by ぽぷら at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道の伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行って見たい景色がたくさんあります 北海道 何処もみな素敵な景色ですね 
Posted by 松謡堂文庫 at 2011年08月30日 10:03
松謡堂文庫  さんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。
景色を見るなら、北海道はず〜っと楽しめます。
ぜひ、北海道に足を運んで下さい。
Posted by ぽぷら at 2011年08月31日 12:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391995478
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック