2012年03月17日

ノイシュロス小樽の時間こちょばく流れる

小樽水族館の、さらに高台にある『ホテル ノイシュロス小樽』からは、日本海が一望できました。
娘よ、”安月給なのに、こんな高そうなホテルを予約をして大丈夫なのかい?”
回りを上下左右をグルグル見回し、ちょっと心配になりました。


■ ホテル ノイシュロス小樽に初めて宿泊

「お待ちしておりました」姿勢正しい黒スーツのホテルマンさんが案内してくれたその部屋は、扉の取っ手が金色で、まるでバレリーナのようなしなやかな形をしています。ステンドグラスがハマっていて、柔らかい部屋の灯りを透かしていました。
「ではごゆっくり」
あ、はいどうもども。


長女が「安いプランだから、海があまり見えないね」と言いました。
「何をおっしゃる、充分すぎです!」
これがもしスイートだったりしたら、母さんは心配で眠れません。
長女がフンパツして、招待してくれたんです。

ノイシュロス小樽1555.jpg


ノイシュロス小樽1557.jpg


お部屋は低層階のリーズナブルなお部屋。
でも、海の景色は見られます。

ノイシュロス小樽1563.jpg




■ ディナーはコフルースで


12315ホテル4.jpg

ホテルノイシュロス小樽

ノイシュロス小樽1566.jpg

12.3.15ホテル3.jpg

12.3.15ホテル「ノイシュロス小樽01.jpg

12315ホテル5.jpg

ノイシュロス小樽1573.jpg

ノイシュロス小樽1572.jpg

12.3.15ホテル.jpg




■ 産まれて初めてホテルの部屋でマッサージ

そうだ!
「せっかくだからさ、エステなんちゅうのを体験してみない?」
長女だけに負担をかけた分、私もちょっと参加させてもらいたい。
「あのねお母さん、エステっていうのは料金高いよ」
「な〜んもだって、こういう時でなきゃ体験できないしょや。どれどれ、料金はいくらかなっと・・・・・ !!そ、そうだね・・・じゃあせめてマッサージにしましょうか」



夕食を終えて部屋に戻ってまもなく、ピンポ〜ン。
あれ?すんごく早い、電話をしてからまだ1分もたってないっしょ。
ドアを開けたら、ホテルの女性が大きなトレーを持って立っていました。
その上には、銀色の大きなお椀をひっくり返したようなカバー?が乗ってる。
テレビで見た事のある!


「おと届け物でございます」
え!?あの、何も注文していないのですが・・・
それは長女の旦那様からでした。
今までこんな事されたのは初めて。
いいの?いいの?こんなにされて・・・


ノイシュロス小樽1576.jpg



お腹がパンパンになったころ、ピンポ〜ン。
ムチムチどっしり力のありそうな若い女性と、私より先輩とお見受けするおばちゃんの2人のマッサージ師さんがやってきました。
「では、ベッドにうつぶせになって下さいまし」
おばちゃんマッサージ師さんは、ポテポテ私の肩をグイグイ、ポヨンポヨン脇の下をグリグリ始めました。
ウ、ウ〜〜〜、あ、あ〜〜〜〜気持ちいい〜〜〜〜(お食事中の方、申し訳ございません)



「お客さん、凝ってますね〜」グイグイグイグイ
「ウ〜〜〜・・私よりも先輩の方が、こうして仕事をされているのだから、私ももっとがんばんなくちゃねえ」
「私は60歳を過ぎたけどね、15歳で親元を離れ、旦那にも先立たれて、女手ひとつで娘を育てましたよ」
「そうですか。私なんて修行がたりませんね、ウ〜〜〜〜」
おばちゃんマッサージ師さんは、今度は背中を押し始めました。
あ、そうだ、私は背中を触られると、飛上がるほどこちょばかった(くすぐったかった)のだ。



「あ、あの、背中、くすぐったいので、ゆっくりとお願い・・」
「お客さん、そりゃ背中も凝ってるって証拠ですよ」
「そ、そうなんですか」
グイグイグイ
あ〜〜〜うわあ〜〜〜
足がバタつく、背中がのけぞる、歯をくいしばる。
でもさ、途中でやめたらもったいない。
グイグイグイ
あ〜〜〜うわあ〜〜〜
「お客さん、こちょばいの、だんだん消えてきたべさ」
「そ、そのような、そうでないような」



もだえていた時間は、あっという間に流れました。
少しの間、プチ放心状態。
でも、あら・・・肩から背中、腰にかけて、甲羅が脱げたように軽くなったのがわかりました。

心も体も、お腹もほっぺたも、それから美しい景色もみーんなほぐれた、ありがたい時間でした。
もう独立した子どもなのに、母は心のどこかで、まだまだ心配している。
でも、ありがとうございます。


人気ブログランキング
に挑戦中です!ポチっとして頂けるとランクup。励みになります。

人気ブログランキングへ


だべさ通信3
posted by ぽぷら at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親孝行な娘さんですね。私も旅行に行ってホテルでエステをやろうと思ってもつい料金をみて二の足を踏んじゃいます。
Posted by へろへろ at 2012年03月18日 00:33
へろへろさんへ
ありがとございます。
でも、こんな事初めてなんですよ。
エステはやはり、躊躇しました。
マッサージでも、気合いが必要でした。
Posted by ぽぷら at 2012年03月18日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391995712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック