2012年03月20日

小樽の祝津に残る2つの昔話し

ホテル『ノイシュロス小樽』と小樽水族館は、日本海に向かって隣り合わせに立っています。
ここにある、赤岩と呼ばれる岸壁に残る2つの話を本で読んだ事がありました。



■ 白い竜に姿を変えた行者

昔々、もの凄い嵐の日の事でございます。
萬助という男が、この岩を這い上がり、洞窟を目指していました。
やっとの事で洞窟にたどり着くと、洞窟の奥の方から奇怪な声と共に、リ〜ンリ〜ンと鈴の音が聞こえてきます。


目をこらして見てみると、そこにいたのは白い衣を着た行者でした。
萬助が近づこうとしたその時、天地が割れるほどの地鳴りがおこり、行者は突如、白い竜に姿を変え、萬助に襲いかかってきたのです。
萬助は、やっとの思いで逃げ帰り、番屋に戻ってその事を話しました。
「あの行者は、わしらが生臭坊主とののしった高尾了範様だ。今でもあの洞窟で修行をしていなさるのに、そうとは知らず、わしは仏の洞窟をけがしてしまった」と、恐れおののいたのでした。



12.3.16小樽赤岩01.jpg

写真の左に、ちょっとだけ写っているのが、ホテル『ノイシュロス小樽』なので、萬助が必死で登った崖の上に、ホテルが立っちゃっているのかもしれないね。
ホテルの前の道路は、赤岩の頂上を含む散策路に通じていて、そこは昔から霊場になっているそうです。



■ 黒田清隆が放った大砲が乙女を直撃

これは実際にあったお話です。
明治9年(1876)7月30日、時の北海道長官、黒田清隆が乗った 開拓使船「玄武丸」から、この赤岩めがけて大砲が打たれました。
ある本によれば、女人禁制の海に終止符を打つためとか、別な本によればクラーク博士と意見が会わずにムシャクシャしちゃったからだとか、大砲の試し打ちがしたかったとか、色々書かれているけど、とにかく、ドッカーンと大砲を打ったわけです。


したっけさ、それがなんと、狙いがはずれて民家の傍に落ちました。
飛び散った破片が、結婚間近の20歳の乙女に直撃、両足に大ケガさせてしまい、応急処置はしたものの、結局彼女は亡くなってしまいました。
実際に大砲が落ちた場所は、水族館へ行く曲がり角の手前であることがわかりました。
今はもう、何も目印になるようなものはありません。
月日がたてば、そんな事件の事も、いつかは忘れ去られてしまうのでしょうね。



私は今の景色しか知らないけれど、長い時間が流れる中で、同じ場所で、色んな出来事が起きている。
空想の中で時間を巻き戻せば、当時の光景がそこに現れてくるような、そんな思いがするのでした。


< 合わせて読みたい記事 >

ホテル ノイシュロス小樽の時間はゆっくりと、こちょばく流れる
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391995712.html?1472782691

小樽の祝津に残る2つのお話し
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391995716.html?1472783596

ホテルノイシュロス小樽の窓から見えた野生のトド?!
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996055.html?1472788693

小樽にのニシンは孵化事業のたまものであった
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996056.html?1472789503

ホテルノイシュロス小樽は婆ちゃんに優しいバリアフリー
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996110.html?1472791792

おたる祝津花火大会 2013、天国からも見えますように
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996288.html?1472791966

ホテルノイシュロス小樽のランチ クレアを食べてきました
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/400449154.html?1472804252

ホテルノイシュロス小樽の予約 >>



人気ブログランキング
に挑戦中です!ポチっとして頂けるとランクup。励みになります。

人気ブログランキングへ


だべさ通信3
posted by ぽぷら at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道の伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黒田清隆公は、別に女性に怪我を負わせたとの逸話が残っています。酒癖も悪かったそうです。【酒乱かった】
Posted by チョイ悪爺ィや at 2012年03月21日 11:28
チョイ悪爺ィやさんへ

あら、そうなんですか!
酒癖が悪いと、人に嫌われますよね。
さすが、チョイ悪爺ィやさん、よくご存知ですね。
私もぜんぜん【酒乱かった】です。
Posted by ぽぷら at 2012年03月22日 12:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391995716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック