2012年04月02日

伝説は、事情によって変化する

数年前まで琴似(札幌市西区)の本通に古本屋さんがありました。
ふらっと入った時に、偶然『北海道ロマン伝説の旅』という本を見つけました。
30年以上も前の昭和51年の出版で、文字を持たなかったアイヌの人たちが口伝えで残してきた物語や、北海道に和人がやってきてからの物語をまとめ、作者がその足跡をたどりながら取材したものです。
中をペラペラと覗いてみると、見覚え聞き覚えのある地名や神社、お寺の名前が登場しています。
なにも知らずにその場所を通り過ぎていたなんで、もったいない話だね。



読んでいくうちに、物語には種類がある事に気づきました。
本当に起きた出来事の物語。人々の前に起きた不可解な現象が、神の行いと見えるかタタリと見えるかでできた伝説。
もう1つは、いつの時代にもある、”ビジネスチャ〜ンス!!”とばかりにわざと作り上げたり、自分の行いをタタリの仕業に押し付けちゃった伝説です。
それらが、時代の事情の流れにこねられこねられ、おまけが付いたり切り取られたりしながら、今の時代に伝わっているという事です。



この本が出版されてから30数年という月日が流れているから、本に登場した小さな町や集落では、昔に起きた出来事は忘れ去られ、石碑や祠があったとしても土に埋もれてしまっている所があるかもしれませんね。



先日、この本の続編がもう出版されているのを知って、ネットの古本屋さんから買いました。
30年以上たっても新品同様。何でもデータで読む時代だけれど、そこに存在している本は安心でいいものだね。




”北海道のこの町に、こんな出来事や物語があった”という事を、少しずつ書き貯めるのもいいかもしれいと思いました。
ブログにアップしようかな。あら、でも、これだっていつかは消えちゃうデータだよね。そっか私の場合は、その方がいいわ。
ついつい、スタイルよく書いちゃうもんね。本当は、ポッコリお腹がデレンとなっているのにさ。

人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ! 人気ブログランキングへ



『だべさ通信3』
posted by ぽぷら at 09:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 北海道の伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
話を面白くするタイプの人だといろいろオマケをつけたしそうだし
「差しさわり」をぼかすために切り取ることもありそうですよね。
不可解な現象は今で言うと都市伝説なんかになるのかな?

ちなみに昔話は冨山の薬売りが話を広めていたと
とーほくの昔語りのお年寄りが言っていました。
Posted by もみじ at 2012年04月02日 10:26
本は大好きです。ここ何年毎日バタバタ過ぎて、本もご無沙汰です。たまにはゆっくり読書でもしようかなと思っても、お疲れモードでいつしかウトウト夢の中です。
近くの公園の桜が咲きましたよ。
Posted by へろへろ at 2012年04月02日 21:51
もみじ さんへ
そうなんですか!
もみじさんは物知りで、いつもとても勉強になります。ありがとございます。
お年寄りの話しは、聞いておきたいですね。

へろへろさんへ
桜咲きましたか!!いよいよ春本番!楽しんで下さいね。
本を読むと、私もすぐ眠くなります。
でもまあゆっくりと、少しずつ読むようにしています。
Posted by ぽぷら at 2012年04月03日 22:06
さすが歴女は目の付け所が違いますね。この本「北海道ロマン伝説の旅」は、チョイ悪爺ィやも1976年の出版時買って読みました。そして、著者「浜道人」のサインももらいました。もっとも著者とは1975年に一緒に中国旅行にも行ってます。ただ続編が出ているのは知りませんでした。早速本屋に行こうと思います。
Posted by チョイ悪爺ィや at 2012年04月05日 09:28
チョイ悪爺ィやさんへ
え〜〜!!
サイン&中国旅行!!!
いいないいなあ〜
今でもお元気なのでしょうか。
ご自分で、ひとつひとつ足を運んで書かれている所が、とても感銘を受けました。

また、読み返そうと思います。
Posted by ぽぷら at 2012年04月06日 00:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。