2013年04月01日

ホテルノイシュロス小樽はバリアフリー

ホテル「ノイシュロス小樽」は、太陽が海に落ちる夕日が絶景だそうです。
昨日はどうかな〜っと思いましたら、お、おしい!
太陽は崖の向こう側、ギリギリに落ちました。美しい夕日が見えるのは、太陽が高く登る夏なんですね。

13.3.31ノイシュロス小樽002.jpg



■ ホテルノイシュロス小樽のバリアフリーの部屋

部屋の扉は、車イスを押す側にとって扱いやすいスライド式でした。
脱衣所から浴室へも、婆ちゃんが歩きやすいバリアフリー。
お部屋で吹くを脱いで、そのまま行けちゃう。
私は服を着たままで介助できるし、ストーマ(人口黄門)をつけている婆ちゃんにとってもあずましい(居心地がよい)ようです。


ホテル「ノイシュロス小樽」は、全室が露天風呂付き。
海を見ながら
「あ〜、いいあんばいだあ」なんて言いながらつかっています。二人でしばらくの間、海を眺めていました。
お風呂には手すりや、踏み台、あと、緊急のボタンはあちこちに付いているので、年配のご夫婦だけでも安心だなあと思いました。


13.3.31ノイシュロス006.jpg


13.3.31ノイシュロス007.jpg


13.3.31ノイシュロス008.jpg


ノイシュロス小樽3080.jpg



■ 気取らず臨機応変の対応で婆ちゃんも満足
さて、夕食は洋食のコースです。
白い大きなお皿に盛られて最初に登場したのは、スモークされたニシンとタラが登場しました。
しっとりしたニシンは、普段は味わえない上品な味だね。
でも、婆ちゃんは、いつまでたっても手を付けようとしませんでした。
慣れない味だからかな・・・・・
”婆ちゃん、食べないの?”


「だってまだ、ご飯がきてないべよ」
そ、そうだったのか!
”すいません、あの、ご飯出して頂けますか?”
『かしこまりました』ウェイトレスさんはニッコリしてから、婆ちゃんにだけ先にご飯を出してくれました。
これによって、最初のお料理もご飯も完食です。

13.3.31ノイシュロス009.jpg

13.3.31ノイシュロス小樽001.jpg


ノイシュロス小樽3104.jpg




■ 露天風呂付き個室はハンディのある人にも優しい

翌朝は、
「朝も風呂さ入らねば損だべ」とか言いながら、自分からさっさと服を脱ぎ始めたので、私も慌ててズボンの裾をめくりました。
こうして、あっという間の一泊2日。
婆ちゃんのように、車イスや、体に障害がある人にとって、露天風呂のあるバリアフリーの部屋があるっていいですね。
とくに婆ちゃんは、ストーマを付けてからというのも、あまり外にはでたがらなくなりました。
でも、ここだと他人の目をきにする事もないし、お風呂にすぐ入れて心地よかったんだべね。
介護する側にとっても、とてもありがたかったです。



ロビーにいたとき、車いすにすわった婆ちゃんが、ヒソヒソ声で私に声をかけました。
「母さん母さん」
”なになに?”
「ここは、神様にお参りすれって所なんだべ?」



”は?神様??”
「だってほれ、コレコレ」と傍のテーブルを指をさしました。
あ、ああ、これね。



アジアン風のテーブルクロスは蓮の花にも似たデザインです。
そこに飾られたアロマや化粧品も、怪しげに見えない事もありません。
”これはね、化粧品だよ”
「んだべ、やっぱしねえ〜」




13.3.31ノイシュロス005.jpg

13.3.31ノイシュロス004.jpg

13.3.31ノイシュロス003.jpg



< 関連記事 >

ホテル ノイシュロス小樽の時間はゆっくりと、こちょばく流れる
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391995712.html?1472782691

小樽の祝津に残る2つのお話し
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391995716.html?1472783596

ホテルノイシュロス小樽の窓から見えた野生のトド?!
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996055.html?1472788693

小樽にのニシンは孵化事業のたまものであった
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996056.html?1472789503

ホテルノイシュロス小樽は婆ちゃんに優しいバリアフリー
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996110.html?1472791792

おたる祝津花火大会 2013、天国からも見えますように
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996288.html?1472791966

ホテルノイシュロス小樽のランチ クレアを食べてきました
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/400449154.html?1472804252

ホテルノイシュロス小樽の予約 >>

面白かったらポチっとね。
posted by ぽぷら at 23:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 婆ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお!リッチなホテルの時間。
よかったですね〜。

絶景な夕日。すばらしいお料理。
婆ちゃんも 喜んでおられる様子。

いいな〜♪
Posted by ざくぁざ at 2013年04月02日 07:39
夕焼け?ですかね・・・
水面に見える 赤色?夕日の反射かな?・・・これも綺麗ですね

緊急のボタンがあちこちにあるのは いいなぁと思いました
どこで具合が悪くなるかわかりませんものね

素朴な?天然な考えをもった おばあちゃんかわいいです 笑
嬉しいことがあって おばあんちゃん春からも 元気モリモリに生活できそうですね ぽぷらさんも介助などお疲れ様でした
Posted by すみれ at 2013年04月02日 08:19
おばあちゃま良い気分転換になって良かったですね。これからはもっとバリアフリーの施設が多くなるといいですね。何年か前に車椅子の方のお手伝いをしたことがありまして、車椅子を押して駅の所を歩いたのですが、舗装に段差があったり、放置自転車があったりでとても大変でした。実際自分がその立場にたたないと見えない事って沢山ありますよね。うちのばぁちゃんも温泉に連れて行きたいです。
Posted by へろへろ at 2013年04月02日 14:29
ざくぁざ さんへ
ちょっと、リッチでした 汗汗・・・・
いままでだと、リーズナブルと言いますかお手頃価格の所を探しては行っていましたが、ある程度の条件があると、やはり、ここがいいかなという事になりました。
私の住んでいる手稲は、札幌でも端っこで、となりの小樽までは30分程度で行けるので、婆ちゃんにとっては良かったと思っています。お薦めです。

Posted by ぽぷら at 2013年04月03日 09:47
すみれさんへ
ありがとございます。
臨機応変に動いて下さるホテルの方には感謝したいです。
婆ちゃんも、私たちも、テーブルマナーにうとい事もあるのですが、いつも目を配って頂きました。
居心地のよいホテルで、私はとても気に入っています。
たまには、ちょっとリッチになって、自分へのご褒美にしたいなあと思ったホテルでした。
Posted by ぽぷら at 2013年04月03日 09:52
へろへろさんへ
本当におっしゃる通りですね。
私も、頭ではわかっていても、実際に車いすを扱ってみると、なかなか大変。
小さな段差でもイスは動かなかったり、度あを開けるときに手が伸びなかったりなど、色々大変なところがあるという事がわかりました。
Posted by ぽぷら at 2013年04月03日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。