2013年09月08日

天国からも見える おたる祝津花火大会2013

昨夜は、『 おたる祝津花火大会 (2013)』がありました。
会場は小樽水族館の駐車場。 夕焼けが赤く染まり始めた頃にはもうすでに人でいっぱいです。




花火を見るのに 『祝津パノラマ展望台』は絶好の場所だね。
傍にいたカップルも、楽しそうに語り合っています。




「うわあ、水族館見えてるう。みてみて、何か歩いてきてる、ほらほら、キャ〜〜!!飛び込んだ!! ねえねえ、あれって何??」
「ああ、あれはアシカだよ」
「アシカ! カワイ〜〜〜〜!」




13.9.7祝津花火02.jpg



13.9.7祝津花火.jpg



13.9.7祝津花火03.jpg



13.9.7祝津花火04.jpg



あれはトドだべさ。




13.9.7祝津花火07.jpg



夜の7時を過ぎたころ、いよいよ花火が打ち上げられました。
でも、花火は連続して上げるのではく、次の花火のまえに、進行役のおじさんがメッセージを読み上げています。
『お爺ちゃんがいなくなって1年ですね。寂しいけれど、僕たちは、みんなで助け合って生きていきます。お爺ちゃんも天国から見守って下さい』
メッセージが終わると、空高く花火が打ち上げられました。

13.9.7祝津花火4.jpg




『おまえがいなくなっても、父さん、母さんは、一日だって忘れたことはないよ。いづれ私たちもそっちに行くから、それまで見守って下さい』

13.9.7祝津花火6.jpg




『あなたが天国に行ってから1年が過ぎました。お誕生日を祝ってあげられなくてごめんね。今度、生まれ変わってくる時も、私たちの子どもに生まれてきてね』

13.9.7祝津花火08.jpg




この花火は、亡くなった方達への供養なんですね。
夜空に広がる光を見ていると、花火は地上から天国に送る花束のようです。
じんわりウルウル見上げた花火大会もフィナーレになりました。
最後は一段と大きな花火が夜空を照らして、祝津の季節は変わろうとしています。

13.9.7祝津花火5.jpg



< 関連記事 >

ホテル ノイシュロス小樽の時間はゆっくりと、こちょばく流れる
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391995712.html?1472782691

小樽の祝津に残る2つのお話し
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391995716.html?1472783596

ホテルノイシュロス小樽の窓から見えた野生のトド?!
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996055.html?1472788693

小樽にのニシンは孵化事業のたまものであった
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996056.html?1472789503

ホテルノイシュロス小樽は婆ちゃんに優しいバリアフリー
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996110.html?1472791792

おたる祝津花火大会 2013、天国からも見えますように
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996288.html?1472791966

ホテルノイシュロス小樽のランチ クレアを食べてきました
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/400449154.html?1472804252

ホテルノイシュロス小樽の予約 >>

面白かったらポチっとね。
posted by ぽぷら at 20:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵ですね。亡くなった方も空の上から見ていることでしゅう。今年はゲリラ豪雨で東京の隅田川や長野の諏訪湖の花火大会が中止になってしまいましたね。私も子供の頃や大人になってからは甥っ子や姪っ子達をつれて鎌倉の海の花火大会にいきました。水中花火がすてきでした。
Posted by へろへろ at 2013年09月08日 22:21
今年も花火 見ないで終わってしまったので・・・
うれしかったです ぽぷらさんありがとう
こちらの花火大会は こういった企画になっているのですね
いままで知らなかったです 
たくさんの愛しい人が それぞれ亡くなっていることになりますね
花火の音とメッセージを聞いて 天国から見下ろしているのかも?
十五夜さんやお彼岸も近くなって なんとも意味深い気がします

夕焼けの写真 とっても綺麗です 
Posted by すみれ at 2013年09月09日 10:52
へろへろさんへ

水中花火、きれでしょうね。
テレビでは、広い幅で花火がまるで水の流れのように光っていますもね。
今年は本当に急な雨で大変でした。
来年の夏こそ、ゆっくり見上げてみたいですね。
Posted by ぽぷら at 2013年09月10日 23:39
すみれさんへ

昨年だったか、内地に行ったときが夏で、たまたま花火を見たんです。
そのときに、同じように故人を忍んだアナウンスが流れていたのを思い出しました。
こんなふうな花火を見るのは、北海道で初めてでした。
連続で上がる大きな花火大会とは違うけれど、ひとつひとつに、しんみりしながら見る事ができました。
Posted by ぽぷら at 2013年09月10日 23:43
あれはトドのジャンピングでしょうね。ポプラさんではないですよね!
Posted by チョイ悪爺ぃや at 2013年09月11日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。