2014年05月15日

悲しい『おいらん』伝説がある豊平川

札幌南区にある『もなみ公園』は、広くて整備されたきれいな公園です。 横を流れる豊平川は、雪解け水で大きな流れになっていました。


14.5.9おいらんぶち004.jpg


14.5.9おいらんぶち001.jpg




土手を降りた所に『おいらんぶち(花魁淵)の由来』と書かれた看板があります。
ここには、悲しいおいらんの伝説の事が書かれています。

14.5.9おいらんぶち002.jpg




『それは明治28年、すすき野の呉服店の若旦那が上京したさい、吉原遊郭のおいらんを身請けして連れて帰りました。 けれど3ヶ月もすると、おいらんは東京に帰りたいと言いだしたので、若旦那は奥座敷に閉じ込めてしまいます。
そんなある日、おいらんは座敷牢を破って逃げ出し、数日後、この岸壁のある河原で水死体がみつかりました。
川辺には、高下駄と蛇の目傘が置いてあったという事です』




このお話が事実かどうかは、わかりません。他にも説があるようなので。
でも明治時代に、すすき野には沢山の遊郭があったそうだから、悲しい運命をたどった多くの女性がいた事は事実でしょう。




すすき野からここまでは、距離にすると6〜7キロくらいかな。
必死にここまでたどり着いた時の気持ってどんなだろう。
きっと、身も心もボロボロよね。 ここに立って いると、どうにもならない時代に生きた 女性の悲しい気持が、ちょっと、伝わってくるようでした。

14.5.9おいらんぶち003.jpg

posted by ぽぷら at 21:58| Comment(6) | 北海道の伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花魁はそんな謂れが有るとは、知らなかったなー。ここは若い時、花見をしたところかなー。そういえば、昨年春、熊が出没したところでもあるね。熊も、花に浮かれて出てくるとは、困ったベアー。
Posted by チョイ悪爺ぃや at 2014年05月16日 08:19
なんか、悲しいお話が郷愁を誘いますね。
花魁さん、一人でもお話ができる人がいたら
よかったのにね。

熊が出没する所↑でもあるんですか。
花魁さん、ほんとにこわかったでしょうね〜。
Posted by ざくぁざ at 2014年05月16日 12:29
道内の色んな場所の伝説をぽぷらさんから教えて頂いて、ありがとうございます。豊平川にそんな伝説があったなんて知りませんでした。まだまだ私は勉強不足ですね。
札幌ライラック祭りが始まりましたね。この前亡くなった渡辺淳一さんのリラ冷えの街、昔読みました。
Posted by へろへろ at 2014年05月16日 14:58
チョイ悪爺ぃやさんへ

熊が!!そうだったんですか!!
うわあ、そうとは知らずに1人で、けっこう奥まで歩きました。ぞぞぞ〜〜。
Posted by ぽぷら at 2014年05月16日 21:25
ざくぁざ さんへ

昔はきっと、うっそうとしていたでしょうから、怖かったでしょうね。チョイ悪爺ぃやさんのお話によると、去年は熊が出たそうで、それを聞いて、私もゾゾ〜〜としました。
Posted by ぽぷら at 2014年05月16日 21:27
へろへろさんへ

勉強不足だなんて、そんな事はありませんよ。
私なんか、札幌に住んでいてわからない事が多すぎです。
なので逆に、今頃になって知る楽しさが沢山あって楽しいです。
Posted by ぽぷら at 2014年05月16日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。