2015年11月29日

飯寿司は北海道の冬の味

飯寿司(いずし)を仕込みました。
北海道の冬の味といえば、飯寿司はその代表格でしょう。
飯寿司を考えた昔の人は、ほんと、すんごいと思うわあ。
魚の保存と言えば、干すか凍らすくらいしか思いつかないのに、麹菌で漬け物にしちゃうんだから。



昔は、ハタハタがすんごくいっぱい獲れたので、子どもの頃、親はよく木箱で買っていました。
だから、飯寿司と言えばハタハタが多かったけれど、今ではハタハタの飯寿司は高級品。
いつのまにか、鮭の飯寿司も多く作られるようになって、最近では、ホッケ、ニシン、それから超高級で食べた事ないキンキの飯寿司もありますね。



飯寿司を作るのって、笹の葉っぱっを取ってくるとこから始めなきゃならないから、けっこう手間がかかります。
なのにさ、好きなものを作るときは、面倒とは感じないから不思議ですね。
今晩のおかずを考えるのも面倒なのにさ。



飯寿司を作るとき、私はいつも、材料を3つのグループに分けておきます。
細切りのキャベツ、大根、人参、ショウガ、輪切りのキュウリ、唐辛子を混ぜたもの+塩。
お酒でふやかした麹とご飯を混ぜたもの。
たっぷり酢をまぶした塩鮭の切り身です。



樽の底に敷いた笹の葉の上に、野菜、麹、魚をサンドするように重ねて材料を置いたら再び笹の葉を敷きます。
これを繰り返して、最後は笹の葉で終らせ、落としぶたをして重石を置く。
するとね、10日ほど過ぎる頃には、たくさん水が上がっています。
そしたら今度は落としフタをしたまま樽をひっくり返します。
私は同じ大きさの樽をもう1つ用意して、重ねてひっくり返します。
今度は樽のお尻が上になるので、再び重石を乗せて、2週間ほど。
そうすると水が切れて、お正月頃になると、美味しい飯寿司(いずし)ができているはず。



寒い季節はイヤだけど、こういう楽しみがあることだけは、ちょっといい。

151129飯寿司.jpg



= 北海道の人気ブログが満載 =
posted by ぽぷら at 22:45| Comment(4) | 美味しい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
笹の葉から本格的!
ぽぷらさんと重ねてしまう?会ったことはないけれど お母さんもきっと 
愛情があり手間をおしまない豆な人だったのでは
旦那さんもお子さんも幸せですね  こんな奥さんどこにもいねぇ〜ぞ! です

手間暇かけたものって なんであんなに おいしいのでしょうか?
ホッとするし ホッペが落ちちゃう 心に脳に体に 間違いなく良いはず

追伸 私も面倒くさがりです できたら冬の間だけでも 熊にヘンシンして冬眠したいです♪
はぁ〜こんなこと言ってると ぽぷらさんの知り合いのリス君に ハッパかけられそうですね?笑
Posted by すみれ at 2015年11月30日 10:14
うちはニシン漬けを仕込みました。<私じゃなく、ダンナが…
それから大根の粕漬けも。<これまたうちのダンナが
飯寿司、美味しいですよね。
大好きなんですが、
マンションでは作りにくいのが残念。<作るとしてもダンナ(笑)
Posted by もみじ at 2015年12月01日 10:03
すみれさんへ

うわわーそんなに褒めて頂いちゃうと、熊みたいに、穴があったら入りたいです。
自分が好きでないものは、本当に面倒くさく思ってしまうので・・・・・

私もリスにハッパかけられそう・・
Posted by ぽぷら at 2015年12月01日 11:47
ニシン漬けもいいですよね!!
私も作ろうかなと思っています。
頼りになるご主人様、ステキですね。
Posted by ぽぷら at 2015年12月01日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。