2016年09月08日

手稲、藤寿司のランチは生寿司670円!!

国道5号線沿いのJRバス営業所の、ほぼ向かい側にあるお寿司屋さん『藤寿司』。
ランチがあるそうで、先日、甥っこが来たときに行ってみました。

160906藤寿司8556.jpg


■ 生寿司のランチは嬉しい770円

生ちらしが770円!お財布に優しいね。
生ずしにいたっては670円!!
しかも紙を貼り直ししているところをみると、以前はもっと安かったと想像できる!
北海道では『生ずし』というのが一般的ですが、本州では『握り寿司』ということの方が多いようですね。


店内はさすが年期が入っていますが、明るくて、所々に置いてある花の鉢植えが、お店の気配りを感じます。
昭和の中年世代にとっては、あずましい(落ち着く)店内です。



カウンターにイスが6〜7席。
小上がりには10人程が座れます。
私たちが12時半頃に行ったときには、カウンターに二人ほどお客さんがいました。


おカミさんが、『藤寿司』と書かれた大きな湯のみに入ったお茶を持ってきてくれました。
ずっしりとした湯のみ茶碗にたっぷり注がれたお煎茶をすすると、ハ〜・・・またまた あずましいです。



■ タコの頭もちゃんとお寿司になる

こちらが生寿司のランチ、お吸い物付き。
握りが8貫としんこ巻きが2つ。
卵の左にある白いものは、タコの頭です。
北海道で水揚げされる大きな水ダコは、本州に送られるのは殆どが足だそうですが、北海道ではタコの頭も普通に食べます。
味はもちろん同じだけど、足の中心にあるゼリー状のようなものはないです。

160906藤寿司8554.jpg



■ 生ちらしにはカニも入ってる

こちらは生ちらし。
にぎりよりも100円高い、それでも770円。
その差額の100円の違いはというと、ん!真ん中に入っているのはカニでないかい?
あとシメサバとイカゲゾも。
これで100円増しならいいんでないかい、次回来た時は生ちらしにしようっと。

160906藤寿司001.jpg


色んなお店は、それぞれ工夫をしているけれど、やはり、また行こうと思う決手はそこのお店の人だと思う。
私たちがお店を出るときに、手を動かしながらもこちら見て、笑顔で「ありがとうごさいました」と言ってくれた大将さんは、とても好感がもてました。


面白かったらポチっとね。
posted by ぽぷら at 22:17| Comment(4) | 美味しい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出前専門のお寿司屋さんがある中で?(いまならスーパーやコンビニでも売っていますよね )
生き残っていかないとならないのは大変だろうと思います 並大抵なことではないと
このお店は長い事経営しているんじゃないでしょうか 私 結婚21年ですけど 
この時からあった気がする(ってことはもっと前から 常連さんがきっと多いんでしょうね)
生寿司の中身?どっちも旬のブリも入っているような気がする 昨日スーパーでサンマのお刺身が売っていました ということでサンマも入っていたら言う事ナシ そしてエビのランクも上げてほしい トビッコより今はイクラが旬? 
勝手なこと言っています やりくり大変なのに そこを何とか・・・ 汗
Posted by すみれ at 2016年09月09日 09:23
リーズナブルで、いいですね〜。
〆鯖が大大大好きなので、私は生ちらしかな。
でも、トビッコの軍艦巻きも捨てがたい。
海苔と魚卵の組み合わせってどうして幸せなんでしょうねー。
Posted by もみじ at 2016年09月09日 09:38
すみれさんへ

そうそう、古いお寿司屋さんですよね。
なのに、今まで一度も入った事がなかったんです。
こんなにお手頃で握りたてのお寿司が食べられるんなら、もっとはやくから行けばよかったと思いました。

Posted by ぽぷら at 2016年09月09日 22:15
もみじさんへ

私もね、今度は生ちらしにしようと思いました。
立派なお寿司でも、お値段によっては喉を通りませんけど、このお値段だからこそ、幸せ気分が味わえるというものです。
Posted by ぽぷら at 2016年09月09日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。