2016年09月22日

『ものもらい』北海道弁では『めっぱ』

なんだか 2,3日前から、左目がゴロゴロして いずかったんです。
やっぱし・・・めっぱができちゃったみたいだ。



■ めっぱ は いずい 

『いずかった=いずい』というのは、なんかこう痛いような かゆいような もどかしいような・・・そんな感覚の時に言う北海道弁です。


『めっぱ』というのは、『ものもらい』の事。
北海道でも若者たちは使わないかもしれないね。
ものもらいができたときって、うづくような痛がゆいようなヘンな違和感、なんか気になるう〜〜〜ってなるっしょ。
それそれ、その感覚が『いずい』です。


鏡を見てみると、ははーん、上のまぶたがちょびっと膨れて赤くなってる。美人が台無し。
なんだか目ヤニも・・・・あ・・・かゆい・・・




■ ものもらい の原因

『めっぱ』とか『ものもらい』とか言われているものは、イボのようになる『麦粒腫(ばくりゅうしゅ)』と細菌による『霰粒腫(さんりゅうしゅ)』という病気の総称だそうで、多くは後者の麦粒腫(ばくりゅうしゅ)だそうです。


汚れた手で目をこすった覚えがなくても、体力や抵抗力が弱くなった時に、常在菌(黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌)が、悪さし始めて ものもらいを作っちゃうそうです。
睡眠不足やストレスも、抵抗力を落としてしまうので、結局は『ものもらい』の原因です。




■ バカは井戸に落としていた?

旦那さんが子どもの頃、祖母から聞いた話しだそうだけど、祖母が子どもの頃は、ものもらいができると、井戸に言って「バカ落ちれ〜!」って叫んで治していたんですって。
明治、大正という時代は、気合いで治していた時代だったんですね。


ああ・・・めっぱ・・・いずい・・


私の めっぱ の原因は、年齢による体力低下と夜更かしのし過ぎかもね。
井戸はないけど、気合でなんとか治しちゃるわ。


面白かったらポチっとね。
posted by ぽぷら at 20:29| Comment(6) | 北海道の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はメッパなりやすいほうです 眼科へ行けばいいのですが行かず 市販の目薬と気合で治す?と思いドラッグストアーへ行き薬剤師さんに話をすると やはり免疫低下や寝不足など言っておりました またホコリなども?・・・
畑作業をしていると何か目とか痒くなってきませんか 無防備に?くしゅくしゅしちゃってます それもありなのかも知れませんし?はたまた目が大きいのもあるのかも ゴミが入りやすい??謎

井戸に バカ落ちれ・・・叫んでみると良かったんですね(おばあちゃん説?都市伝説かぁ?)
っていうか 一種のストレス解消も出来たってことっすね〜豊かな暮らし見え隠れしてる? 笑
Posted by すみれ at 2016年09月23日 10:58
とーほくに住んでいた頃、「いずい」が通じましたよ。
初めての土地でも共通の方言や習慣があるだけで
ちょっとうれしくなるんでないかい。
Posted by もみじ at 2016年09月23日 13:55
夫君の故郷の辺りでは
『めばちこ』って言ってたそうです。
いずいっていう言葉、何かその感じにぴったりしますね〜
お大事に。
Posted by テト母 at 2016年09月23日 14:17
すみれさんへ

やはり、免疫低下や寝不足は影響あるんですね。
昔は目が大きかったんだけど、最近はたるんでおりまして、ちっちゃい目になってしまいましたよ。
それに加えて めっぱができて、なおさら小ちゃくなってしまいました。
今日は早く寝て、さっさと治さなくっちゃ!
Posted by ぽぷら at 2016年09月23日 20:21
もみじさんへ

そうですか!「いずい」通じたんですね!
同じ方言が使えると、なんだか仲間意識がわいてきちゃいますよね!
Posted by ぽぷら at 2016年09月23日 20:23
テト母さんへ

『めばちこ』って聞いた事ありますよ!
標準語ではしっくりこないような表現でも、方言では現す事ができる、そんな言葉って北海道に限らずありますね。
新潟出身の人が、『メロンの食べごろで塾してきた』とき、『メロンが よんでる』って言うんだよって聞いてから、すんごくぴったり!と思って、私も使うようになりました。
Posted by ぽぷら at 2016年09月23日 20:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。