2016年09月27日

手話スピーチは顔と声で手元から視線を遠ざけよ

手話を習い始めた方たちに、まだまだ初心者の私を含め、数人でスピーチをする事になりました。
断れなかった自分に後悔してももう遅い・・・私って、ちょっと いいふりこきだからなあ。


文章を書いた紙を冷蔵庫に貼って、とにかく何度も練習するしかない。
お湯が沸くまで冷蔵庫とにらめっこ。
魚が焼けるまでもにらめっこ。
『みなさん、はじめまして。私は ぽぷら と申します・・・(シュシュシュのシュ)』
途中まではなんとか覚えているけれど、必ずどっかでつっかかっちゃう。


昨夜が本番。
出番のまえに、もう一度、先生に再確認してもらいます。
すると、
「あら?ここは違いますよ」
ええ!?
「”初めまして” の人さし指は曲げないの」
そ、そうだった!・・・・先生に教わっていたのに、いつのまにか自分で変えちゃってる。
ピンと伸ばした人差し指同士を近づけなくては。



「あら?ぽぷらさん、そこも違いますよ」
ええ!!
「そこもちょっと違うわあ」
ああ〜〜・・・・
なんてこった。土壇場で変更の連続です。
こうなったら視線を遠ざける為に、声と笑顔をこっちに向けさせ、手元を見せないように乗り切るしかない。


まもなく本番。
最初の出番の人はさすが上手ね。おしゃべりと手の動きがスムーズです。
笑顔なんかも作っちゃって余裕だわあ。
次に、私の出番がやってきました。
『みなさん、はじめまして・・・・』
ハッ!やっちゃった!・・・・さっき先生に指摘されたところを、いきなり痛恨のミス。頭まっしろ。
先生たちの鋭いまなざしがキラリンって光ったように見えました。
直すところはまだあるのに、思い出すどころじゃない。



気がついたら、終わっていたさ。
自分がどんなふうにやっていたかも、ほとんど覚えてない。

壇を降りると、先生が小さく ”がんばった!”と 合図(手話)を送ってくれたのが目に入りました。

汗が背中をツーっと流れたのがわかる。
それは、時々階段を登ったときのそれとはまったく違う。
そうそう、子どもの頃にやった学芸会(学習発表会)に登場したあとの汗に似ているのかもね。
そんなに、さわやかさはないけどさ。


面白かったらポチっとね。
posted by ぽぷら at 00:08| Comment(2) | わたくし事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドキドキ感 伝わってきましたお疲れさまです 緊張する事って あんましやりたかないほうですが でもイザ出陣って感じで挑むって 時々 大事な気がします(何歳になってもですよ・・ね)

パラリンピックも終わり この最中 教育テレビ「みんなで応援リオパラリンピック」という番組ハイライトが放送されていました 良く見ていたのですが この時 司会の方々が皆 手話でした
手話も人それぞれで 個性的なしぐさの方や 女性らしく流れるような表現力豊かな方など色々でした そこには皆さん やはりプラス笑顔になっていましたよ 
手話って両手なので 右脳左脳 両方使っているような気がします(閃きが多くなるみたいです)
Posted by すみれ at 2016年09月27日 13:40
すみれさんへ

 右脳左脳 両方・・・
そうか!!なるほどー!!ということは、めっちゃボケ防止になるかもしれないですね!!
なんか、そう言って下さるとメッチャ嬉しいです。
昨日はぐったりでしたが、元気が沸いてきました!
s裏が問うございます。
Posted by ぽぷら at 2016年09月27日 14:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。