2016年09月27日

苫小牧の樽前ガローは溶岩が作った苔の世界

苫小牧から白老を通る国道36号線。
「この辺に、『樽前ガロー』があるぞ」
”なになに?ガローって何?”
「昔、溶岩が流れた跡でな、両側が崖みたいになっているんだわ。苔の同門ってあったべや、あんな感じ。寄ってみっか?確かこのへんに看板が・・・・」
あったあった!


160925たる前ガロー6405.jpg 脇道から少し山に入った所に樽前ガローがありました。
川の両側が切り立った岩盤になっています。



■ 樽前山から流れた火砕流と水の流れがガローを作った。

看板の説明によると、『樽前山1667年噴火の火砕流の堆積物を浸食して形成したガロー(岩が絶壁になっていところ)と呼ばれるゴルジュ地形(狭く垂直に近い岩壁が迫った地形)が続いている地域』と書かれています。
樽前山が噴火して火砕流の流れた跡を川の水がしだいに削り取ってしまったのでこんなふうになりました・・ということかな。

160926樽前ガロー_6456.jpg




■ 60種類以上の苔が、緑の世界を作りあげている

橋の上から見下ろすと、ガローの幅いっぱいに水が流れていて、その両端の岩には苔がびっしり付いていて 全体が緑色に覆われています。
まるで違う世界に来たみたい。

160926樽前ガロー6413.jpg


160926樽前ガロー6423.jpg



掲示板には60種類以上のコケが付いていると書いてありました。
沢山の種類があるんですね。
苔にとってそんなに居心地がいいのは、うっすらと差す日の光と湿度が守ってくれているからでしょうか。

160926樽前ガロー6416.jpg


160926樽前ガロー6438.jpg


160926樽前ガロー6441.jpg



川沿いにはずっと道が続いています。
向こうの方に人影が見えたので行ってみると、木の切り株の間を降りる踏み分け道、と言っても、崖を降りるって感じの道がありました。
木陰の向こうに、切り立った狭い岩盤のすき間を流れる川が見えたので、きっとここがビューポイントって所かも。
行ってみようかどうしようか。
でもな、一歩間違えれば転がりそうだから、私はこのへんでいい事にしよ。

160926樽前ガロー_6447.jpg



このあたりは、昔から熊が住んでいて、熊出没注意と書かれた看板もあります。
ガローに魅せられてどんどん先に進んじゃうと、熊のエサになってしまうかもしれないので注意して下さいね。


160926樽前ガロー_6453.jpg



ここから支笏湖に向かって行くと、やはり同じような地形の『苔の同門』という場所があります。
ここは水が流れていないので、私は40年も前に(古!!)ずーっと歩いた事があります。
現在は、入り口が崩落し、残念ながら入れませんが、2008年に入り口まで行ったときの写真がありますので、別なページにUPしておきました。ご覧頂ければ幸いです。
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/442300892.html

面白かったらポチっとね。
posted by ぽぷら at 18:06| Comment(2) | 北海道の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実家の近場なのに名前も知っていたのに いつもスルーでした今更ながら色々と勉強になりました 
木の屋根にキノコがいっぱい 苔も優しいクッションになっているように見えてきます
年月を重ねて自然にこんな風になったんでしょうね?自然ってほんと偉大で美しいです
せせらぎの音が聞えてきそうな 画像も多かったです
Posted by すみれ at 2016年09月28日 09:38
すみれさんへ

時間を見つけて寄ってみるのもいいですね
紅葉の時期はとても美しいと思います。
空気を吸うと、心の中が洗濯されているみたいです。
私には、葉っぱときのこの匂いがしましたよ。
Posted by ぽぷら at 2016年09月29日 09:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。