2016年09月29日

苫小牧ぷらっとみなと市場のホッキカレー

苫小牧の海の駅 『ぷらっとみなと市場』。
一歩入れば、穫れたての魚や野菜がわんさかある。
すりこぎ棒みたいな大きな山わさびに、脱走を試みる毛ガニなど、市場は歩いてみるだけで楽しいね。


160925苫小牧ホッキカレー08872.jpg


160925hokkikare--08874.png


160925苫小牧ホッキカレー08877.jpg


160925hikkikare-08882.png


160925苫小牧ホッキカレー08879.jpg


■ 苫小牧はホッキ貝の水揚げが日本一

苫小牧と言えばホッキ貝の水揚げ日本一!
ホッキ貝はげんこつみたいにふっくらした2枚貝で、漢字で書くと『北寄貝』。
字のとおり、東北から北海道にかけて獲れる、北の海の貝です。


特に、苫小牧のホッキ貝はおっきいの。
それは、資源保護のために、9センチメートル以上のものだけを水揚げするというルールがあるからだそうです。
そんな徹底した管理が、苫小牧のホッキをさらに有名にしたんだね。


15.3.20thumbnail2.jpg
(2015年撮影)

15.3.20tthumbnail12.jpg
(2015年撮影)




■ 長生きのホッキ貝

ホッキ貝は30年も生きるそうで、長生きの人間に例えて ”お婆さんのような貝” という事で、本当の名前は ウバガイ ” 姥貝(うばがい)” と言うそうです。
しかも、”バカ貝科の中のウバ貝”。 
”バカ貝科”って、いい加減だけど、ちゃんとした科目なんですって。
でも食べたらホント美味しいんですよ。




■ ぷらっとみなと市場のホッキカレー

奥の食堂街で、お昼ご飯はホッキカレー。
このホッキとカレーのコラボがまた合うんだわ。

160925苫小牧ホッキカレー08887.jpg


160925hokkikare-08888.png


このお店のホッキカレーは、入っているホッキの数によって値段が違うようです。
ホッキが1つ入りなら870円、2個入りなら1180円。
ホッキのカツとセットになっている豪華版もあるね。
口に入れると、とても柔らかい。
ダシがよく出て、風味が口の中いっぱいに広がりました。


160925苫小牧ホッキカレー08895.jpg



この『ぷらっとみなと市場』の向かい側には、ホッキカレーで超有名なマルトマ食堂があります。
そちらのすんごいホッキカレーの様子はこちらです。
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391995825.html

面白かったらポチっとね。
posted by ぽぷら at 21:42| Comment(2) | 北海道の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
店内には 北の漁場の歌が流れてそうですね〜♪ 法被着て鉢巻きした おじさんがいそうな気が
資源保護の話は知らなかったです
実家の浜辺に普通にコロンと?いたりして・・・よくみる光景でした 普通に持って帰り料理している家も多いかも(多分?大きさ関係なく) 汗
ホッキって 茹で方難しい気がします すぐ固くなっちゃったりして?加減が難しい???
プロの技 色からしておいしそうですね 

やっぱ目線は 正直 毛ガニに行きます 汗
Posted by すみれ at 2016年09月30日 10:33
すみれさんへ

浜辺に普通にコロンなんて羨ましい〜!
そういえば昔の事だけど、石狩の浜にも台風のあとなんかに、浜辺に打ち上げられていた事を思い出しました。
ホッキをカレーに入れるとすぐ硬くなってしまうので、最後に入れるみたいですよ。
Posted by ぽぷら at 2016年09月30日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。