2016年10月01日

札幌にデロリアンが過去からタイムスリップ?

札幌の道庁赤レンガ前で行われたのが、北海道の農産物の販売や体験などができる催し『2016農業・農村フェスタ In 赤れんが 』。
そこに、アメリカのSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場した車、「デロリアン」が、展示されるというので、お店を見るのは後回しにして見に行っちゃいました。

161001akarennga1947.png



■ デロリアンは1985年に作られたタイムマシン

デロリアンは車に見えるけれど、実はドク博士が作ったタイムマシンで、140kmを超えるスピードになるとタイムトラベルできるんです。
1985年、主人公のマーティーがデロリアンに乗って30年前に戻り、そこで若き日のドクと正しい未来を作り直すというSFストーリーです。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は大ヒットして、その後シリーズ化されました。


おお!これがあのデロリアン!
なんだかワクワクしちゃって子どもみたい。
と思ったら、若い人から年配まで、みんな はっちゃき で写真撮ってました。
しかも整理券を持っていると、実際に運転席に乗れるんだと。

161001delorean1953.png



そういえば、映画の中で、こんな装置あったように思うわ。

161001delorean0248.png


161001delorean1958.png


ここは、行き先の時代をインプットするパネルね。
プッシュ電話機に似ているボタンがいい感じ。

161001delorean0251.png


161001delorean1959.png



■ デロリアン 未来のエネルギーはゴミ

物語では、最初に設計されたデロリアンはプルトニウムをエネルギーにしている設定で、30年前の時代では手に入らないために、雷のエネルギーを使いました。
でも、このデロリアンは、一度、未来に行って来たあとのストーリーで登場する車なので、ゴミでもエネルギーになっちゃうって設定です。
後部についている白い装置がそれ。中にバナナの皮とか入れちゃえばオッケーなんですって。

161001delorean.png


161001delorean1970.png


IMG_0249.png


■ 2日は、札幌北区役所に現れるらしい

今日は展示のみでしたが、明日は北区役所に登場して、走行もするそうです。
新聞記事によると、そのエネルギーは古着から作った バイオエタノール 燃料だとか。
バナナの皮ひとつで満タンになるほどのエネルギーを作れる未来は、いったいどれくらい先にやってくるのでしょうか。


展示されたデロリアンの回りには、小さな子どもたちも目を輝かせていっぱい集まっていました。
そんな様子を見ていると、なんだか、そう遠くでもなさそうな気がしてきます。
確かドク博士はこう言っていましたよね。
未来はキミたちが作るんだ。



面白かったらポチっとね。
posted by ぽぷら at 21:50| Comment(4) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい懐かしいです!
思わず、ポチッと押しちゃいました!
Posted by あきら at 2016年10月01日 22:22
輸送費にお金すごくかかってそう?と 主婦目線で見てしまいました(税金ですかね?) 汗
遊び心いっぱいの道庁イベント風景だったのですね?・・きっと地元の食も売っていたのでは!
Posted by すみれ at 2016年10月02日 08:44
あきらさんへ

訪問ありがとうございまっす!
私も懐かしくて、つい夢中になってしまいました。
素敵なブログ拝見しましたよ。私もポチっとさせて頂きました!
Posted by ぽぷら at 2016年10月02日 18:16
すみれさんへ

さすがの主婦目線、私は全く考えなかった!
確かに、すごそうですね。
イベントは農業・農村フェスタってくらいなので、農産物の販売や、体験も行われていました。
Posted by ぽぷら at 2016年10月02日 18:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。