2016年10月05日

がんばる!登別温泉の鬼達

登別温泉街は、鬼が仕切っている。


昔の温泉場といえば、湯治の場合は別として、多くは男性優先の娯楽場所であった。
登別温泉も、50 年ほど前に来たときには、ストリップ劇場の大きな看板が夜になるとまあチカチカと眩しかった。
あまりの迫力に、幼い私は目のやり場に困るどころか、「ストリップってなに?」と読みやすい文字だもんだから素直に親に聞いちゃったもんだ。


しかし時代の流れとともに、いつしかその看板はなくなり、今ではどこのホテルでも、『レディース特典!』のような、女性に嬉しいプランが色々登場している。


昔の男性たちの娯楽といえば単純だったが、今や温泉に来る半数の客は感受性の様々な女性たちである。
しかも彼女達は家の財布を握っている。
見た目、雰囲気、ホテルの居心地、彼女たちは、それぞれの価値観を複雑に絡み合わせて、温泉地の心地よさを感じるのだ。
鬼達は女心の難しさを痛感しながら、おもてなしのあり方に試行錯誤している。



さらにここにきて、外国人観光客の増加。
鬼達が、さらなぬおもてなしのため、はっちゃきで登別温泉を盛り上げている事は言うまでもない。



毎日、鬼の親分みずからが温泉街を見回りに出かける。


例えばこちら、閻魔堂(えんまどう)。
決まった時間になるとからくりが動いて、そこにいる人を驚かせる。
鬼の親分は、閻魔堂の担当の鬼に聞いてみる。



”どうかな、観光客は来てるかな?”
「ははー、今日も子どもを二人泣かせてやりました」
”ばっかもん!喜ばせなあかん!ここは温泉地じゃ!母親たちが困るだろ”
「ははー<(_ _)>」

160926noboribetu6478.png


160926noboribetu-16478.png



”おい、みやげ物屋。どうだ売れあんばいは?”
土産物店の人間も、実は鬼の化身である。
「はい親分、今日も外国人と思われる団体がいっぱい買って行きやした」
”そうかそうか、けっぱれや”
「ありがたきお言葉・・・」

160926noboribetu.png


160926noboribetu6504.png




”誰だ!こんなところにこん棒を忘れていったヤツは、あとで説教せないかんな”

160926noboribetu6500.png




”湯かけ鬼像よ、今日の人出は多いか?”
「ぼちぼちでござります」

160926noboribetu6484.png


160926noboribetu6486.png



”ほんとか?ちゃんと数えているのか?おい、お前達、湯かけ鬼像がちゃんと仕事しているか見はっておれ”
「へい、親分。おまかせくだせい」

160926noboribetu6495.png




”お前達はいつも仲がいいのお。しっかり客を喜ばすのじゃ”
「はい、お任せ下さいませ」

160926noboribetu6498.png




”おい、合格祈願鬼、今日の賽銭はどんなあんばいじゃ”
「それがなかなか・・」
”お前は鬼の中で一番頭がいいんだべさ、もっと若いもんが来るように知恵を絞らんか!”
「ははー<(_ _)>」」

160926noboribetu6489.png




”もっと温泉客を増やさないといかんな。バスの便数が増えたらいいんじゃが・・・”

160926noboribetu6505.png




間欠泉の様子も見にいかねば。
”おい小僧、どうじゃ客のあんばいは”
「はい親分、つい先ほどまで、団体様に大反響でございました」

160926noboribetu6508.png


160926noboribetu6511.png


”そうかそうか。間欠泉もドッドッドッドと、鬼太鼓のいい音をだしておる。この調子でちゃんと、おもてなしをするのじゃ”


160926noboribetu6513.png


160926noboribetu6521.png




「ははー。親分、そういえば外国の団体さまたち、親分の祠の方へ歩いていきやした。もしかしたら、かっこいい親分と、記念の写真を撮りたいのかもしれませぬ。なんせ、ここでもパッシャパッシャと、こん棒のように長い棒つきのカメラで写真を撮りまくっておりましたし」
”なぬ!それは先回りをねば、しっかり仕事せーよ”
「ははー」




160926noboribetu6526.png


160926noboribetu6530.png

『ワーオ、コノオニ、メッチャ カワイイ〜!シャシントッテトッテ!』
”・ ・ ・ ”

160926noboribetu6532.png

面白かったらポチっとね。
posted by ぽぷら at 23:37| Comment(4) | 富良野・美瑛・道央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
定山渓はカッパですし 登別は鬼か?・・・
改めてあれこれ見渡すと 鬼って短足が多いのかなぁ〜と感じました 
下駄履いてカモフラージュしてたのもいましたヨ(シークレットブーツ的な?・・)
鬼は鬼で・・・年中 裸で大変そうですネ 登別温泉をいつも見守ってくれてありがとう!
これからの季節 それぞれ風邪ひかないでほしいです♪
Posted by すみれ at 2016年10月06日 09:12
いいなあ、温泉。
ご主人といろいろな所へ行っているのですね。
久しぶりに定山渓あたりに行きたくなりました。
Posted by あきら at 2016年10月06日 14:54
すみれさんへ

なるほど&#12316;!足、短いですね。それで親近感があったのか。
今朝はとっても寒くて、ストーブを入れました。
風邪引かないようにしましょうね。
Posted by ぽぷら at 2016年10月07日 23:53
あきらさんへ

寒くなると温泉がいいですね。
仕事柄、地方に行った時などは、その聞く先々で、あちこち寄ってもらいます。
旦那さんは、けっこう、大変だと思いますヨ。
Posted by ぽぷら at 2016年10月07日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。