2016年10月09日

自分を捨てれば舞台にもたてる

色々ある文化サークルには、年に1度の発表会があるそうで、流れのまま、私は手話サークルの皆さんと舞台に立つ事になりました。
間もなく始まる『津軽海峡冬景色』のパフォーマンス。
小中学校を卒業以来、大勢の面前に出るなど考えもしなかったし、したくもなかったのに、なしてか昨日まで練習している自分がいます。



その内容はまず、ナレーションではじまる。
『ジャジヤジャジャ〜ンと曲のイントロが始まったら、昭和の恋に破れた女性が、寒さをこらえながら一人寂しそうに登場する。
それから、ほっかむりをして大きな荷物を背負った行商のおばさんたちが舞台に現れ、続いて、青函連絡船に乗るための乗客たち(私も)が登場し、寒さをこらえながら集まる。
そして、歌が始まると同時に『手話パフォーマンスを始める』というものです。
メンバーの殆どが私と同世代、多分、身内以外は来ないであろう発表会です。



昭和の女性の格好をするのは得意だもんね。
タンスの肥やしになっていたスカーフは、この日のためにあったようなもの。
婆ちゃんの着ていたコートを借りて、風呂敷包みを持てば、ほら、もういきなり昭和の女。
なんだか馴染んでるでないかい。こんなオバさん、いっぱいいたっけ。



行商役は、大きな段ボール箱を2つも背負っています。
風呂敷を胸もとでぎゅっと縛り、ちょっとツバをつくってかぶるほっかむりは、なんの違和感もありません。
『こんな大きな風呂敷、よくありましたね』と言ったら
「ああ、これ、布団縛ってた風呂敷よ」
おお!さすが!どおりで、しっかりした丈夫そうな風呂敷です。
大きなストールを『マチコ巻き』にした乗客役もハマってるね。




さて、いよいよ本番です。


ジャジヤジャジャ〜ン・・・・イントロが始まりました。
下手で控えていた ”恋に破れた女” が寂しそうに登場。
次、行商のおばさん・・・・・行商のおばさん・・・・おばさん??
行商のおばさんが、背負った荷物につっかえてる!
私を含め、着膨れした何人もが下手で控えていたため、行商のおばさんの大きな荷物が通路をはばみ、前に進めなくなっていたのでいた。



おお!並ぶ順番のミス!
そうしているうちにも、イントロは進み、もう歌が始まります。
行商のおばさんは、なんとかポン!と飛び出して、そのあとを私たちが追っかける。




♩ 上野発の夜行列車 降りた時から 青森駅は雪の中 ♩
いきなり飛び出した昭和の女たちは、並ぶ余裕もなく、すでに手を動かしながらバラバラに登場。

♩ 北へ帰る人の群れは 誰も無口で 海鳴りだけを聞いている ♩
切ない無口な歌だから、『登場するの失敗しちゃったね!』とか、そんな事は言ってはいけない。
みんな、寂しそうな表情で海鳴りを聞く。

♩ 私もひとり 連絡船に乗り こごえそうなカモメ見つめ泣いていました ♩
マジックで書かれた灯台の絵の方を向き、そこに、カモメがいるかのような雰囲気で悲しそうに、全員で見つめる。
なお、灯台の絵をつり下げるのに使っていたのは、我が事務所で写真の撮影時に使用しているスタンドだ。
こんな所で役にたっちゃった!

♩ ああ〜 津軽海峡 冬景色〜 ♩
下から雪の降る空を見上げる・・・・・




続いて2番。

♩ ごらんあれが竜飛岬 北のはずれと 見知らぬ人が指をさす♩
♩ 息で曇る窓のガラス 拭いてみたけど 遥かにかすみ 見えるだけ ♩
♩ さよならあなた 私は帰ります ♩
さようならと小さく手を振り、うつむいた顔で、思いを振り切るように北海道の方向を強く見つめる。
今頃になって気付いたんだけど、青函連絡船に乗って帰るって事は、主人公の女性は北海道の人だったんだね。

♩風の音が胸をゆする 泣けとばかりに ああ 津軽海峡冬景色♩
悲しい女心を表現してから指で雪を降らせる・・・・・




おわり、礼・・・・
ご覧頂き、ありがとうございました。

自分を捨てると、なしてかわからないけど、ふっきれるもんだ。



面白かったらポチっとね。
posted by ぽぷら at 20:41| Comment(2) | わたくし事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
発表会ぶじ終了?お疲れ様です 秋から冬にかけて 演歌はいいですね〜♪
配役はどうやって決めたのですか 美しい人?それなりの人?年齢?・・
写真担当は やっぱし旦那さんだったんでしょうね?
ほっかぶりした?ぽぷらさんが行商人役か〜〜〜?(ヒュールリー)
主役の女性は きっと絵になる華やかな人だったのでしょうね!! 謎
Posted by すみれ at 2016年10月10日 12:25
すみれさんへ

配役は、係の人の独断です。
っていうか、どっぷり昭和そだちのみんなですから、ぴったりのはまり役でしたよ。
旦那さんの見学はご遠慮させて頂きました。
見てないから、思う存分できたのかもね。
Posted by ぽぷら at 2016年10月11日 08:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。