2016年10月11日

お米を取り出す『脱穀機』と『とうみ』

美味しい新米が出回り始めましたね。
我が家も、今朝は『ななつぼし』を炊きましたよ。
先日の『農業・農村フェスタ 』では、稲穂からお米だけを取り出す昔の道具が展示されていました。

161010kome-2011.png




■ 米を稲からはずす、足踏み脱穀機

あらこれ、知ってる。
確か、足ふみが付いていて、踏むと手元のドラムの部分が回るんだよね。
ドラムにはひっかかりがついているので、そこに稲穂が当たると、お米だけが外れて落ちるというわけです。
旦那さんに聞いたら、「脱穀機だべや」(足ふみ脱穀機)だそうです。

161010kome1999.png



■ 風を起こしてゴミや葉っぱを飛ばす『とうみ』

お米が稲穂から外れたら、次に使うのはこちら。
これはなんちゅうの?
「トミだべ」(とうみ)。


私が嫁に来たときは、まだ物置の隅にあったんですよ。
上から穀物を入れて、ハンドルをグルグル回すと、中に風が送られる仕組みになっています。
そうすると、軽いワラや葉っぱなんかが吹き飛ばされて、重たいお米だけが手前から落ちて来るという仕掛けです。
婆ちゃんたちは米農家じゃありませんでしたが、豆の選別に使っていたようです。

161010kome1998.png



昔の道具を見ていると、その仕掛けの面白しろさに、思わず ”なるほど〜!” と感心しちゃいます。
今の時代は、大きな機械で一度に、しかも大量にやってしまうから、お米になるまでの過程を見る事はまずないですね。


だからというわけではありませんが、私はそんな手間のことを、殆ど考えた事もありません。
道具が変わっても、行う作業の行程は、昔も今も変わらないはず。
新米を食べているときに、この白いご飯が自分のお箸の上にやってくるまでの道を、ちょっと考えてみるのもいいかもね。


面白かったらポチっとね。

人気ブログランキングへ


スポンサーPR


posted by ぽぷら at 00:11| Comment(5) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

血管年齢は10分でわかる検査

血管年齢を調べる検査を受けました。
PWV、ABI検査というそうです。


実は去年、57歳の時も検査をしたんですが、その時の血管年齢の結果は、無惨にも
『あなたの血管年齢は68歳です』ですと!
ガガ〜ン・・・・・



先生「ぽぷらさん、運動してますか?」
私「いえ、あまり・・・・」
先生「塩辛いものは食べていませんか?」
私、「塩辛とか好きで・・・」
先生「ん〜・・・・」
トホホ・・・・



さて、血管年齢を調べるには、2つの検査を同時に行います。

■PWV検査とは 血管の硬さを計る検査

PWV検査(脈波伝播速度)は、心臓の拍動(脈波)が動脈の中を流れる速度を計ります。
早いほど動脈硬化が進んで硬くなっているそうです。


例えば、私の動脈が土管だとする。
血液がカーブにさしかかっても、硬い土管の中を容赦なく突き進む血液の圧力で、しだいにヒビが入ってしまいます。


一方、動脈がゴムだとするでしょ。
したら血液の流れはどうなるしょう。
カーブにさしかかっても、ゴムは血液の圧を上手に吸収してボヨ〜ンと伸びてくれます。
血管が柔らかいので、血液はカーブも柔軟に曲がる事ができるわけです。


固い血管が流れるスピードに比べると、柔らかい血管の方は、あちこちにクッションされながら流れるので遅くなるる。
PWV検査は、同じ距離を流れた血液のスタートからゴールまでの早さを計測し、その時間差を利用したものです。
動脈硬化は進むほど血管の柔軟性がなくなるので、ゴールに到達するまでの時間が早いのです。



■ ABI検査とは血管の詰まり具合を計る検査

動脈硬化が進んでいない健康な血管だと、寝た状態で両腕と両足の血圧を測ると、足首のほうが少し高いそうです。
でも、動脈が狭窄や閉塞で狭くなっていると血圧は低下。
血圧の変化を調べると、血管の詰まりの程度がわかるそうです。



■ 検査は簡単!ほんの10分ほど。

ベッドに寝て、両手首と両足首にの4カ所に血圧計のベルト(カフ)をはめて、それから胸に1つ心電図を付けました。
プシュ〜〜〜血圧計のベルトが膨らむと、
あ、あ、あ、あ・・・ほどよい圧が気持ちいい・・・
プシュ〜・・・圧が引いて、これでおしまいです。
検査時間は10分くらいかな。


さて、先生に呼ばれて結果発表、その値は・・・・
『あなたの血管年齢は60歳です』

おお!8歳も若返った!
68歳を越えていたらどうしようと、ハラハラしてました。
それでもまだ老けているのにうれしいなあ。
先生「ま、歳相応の許容範囲になりましたね。運動したんですか?」
え、は、はい、ウォーキング(買い出しともいう)を少し・・・・


160905血管検査_1925.jpg



正直、何が原因かはわかりません。
年齢のせいか、以前よりも食べられなくなったって事があるかもね・・・。

PWV検査、ABI検査の費用は、1000円以下でしたよ。

面白かったらポチっとね。

人気ブログランキングへ


スポンサーPR


posted by ぽぷら at 19:10| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

携帯に札幌市の『避難準備情報』続々

夕方、台風7号が北海道に上陸しました。
手稲区(札幌)は、朝のうちから雨が降り出し、午後3時頃になると急にあたりが暗くなり、ザーっと大粒の雨が降り出しました。



夕食の支度をしていたちょうど5時ころ、携帯がピロロン!ピロロン!緊急速報です。
『厚別区・清田区、避難準備情報』として、その区内の細かな地域に注意を促すメールが届きました』
あら、あっちの方は雨がすごく降っているみたいだね。



それから20分くらいするとまたピロロン!ピロロン!
『避難準備情報』今度は厚別区の避難先の学校の名前が次々に表示されました。
『厚別区・・○○小学校、○○小学校・・・
清田区・・○○小学校、○○小学校・・・』
雨はだんだん激しさを増してきたようです。



ちょうど6時、またもピロロン!ピロロン!
『南区緊急速報。札幌市です、○○に土砂災害の避難準備情報を発令。避難の準備をお願いします。高齢の方など避難に時間のかかる方は2階以上の山側から離れた部屋に避難して下さい・・・・』
雨は南区まで広がっているようです。



それから立て続けに、6時1分、6時2分、6時4分、6時6分、6時7分、次々に開設される避難場所名の情報が、携帯からピロロン!ピロロン!と送られてきました。
テレビのニュースでも、いつもの5倍の水量という川や、道路にたまった水の中をしぶきをあげて走る車の映像などが映し出されました。


北海道に、台風がやってくるようになったなんて、いったいどうなっちゃってるのかしら。
もともと台風は、北海道に上陸する前に温帯低気圧に変わっちゃうっていうのが常識だったべさ。
学校でも、そう習ったんですよ。
それがここ数年、台風ったら、素人の北海道人をビクビクさせているんです。
地球は気の遠くなる時間をかけて変化してきたはずなのに、たったの数十年でこんなに変わってしまうなんて、地球は病気にかかってしまったのでしょうか。



次男は、大雨で電車も止まっていたもので、バスで帰宅しました。
「ねえねえ、緊急速報が携帯に入ってきたっしょ。バスの乗客たちの携帯も鳴ったんだよね」
「鳴った鳴った、もうお客さん達はザワザワだったよ」
やっぱしねえ、私と旦那さんしかいなかった家でも、あれだけ立て続けに鳴ったもんね。
試しにマナーモードにやってみたけど、効き目なかったわ。



まもなくして外を見たら、雨は上がっていました。
10時を少し回ったころ、再び携帯がピロロン!ピロロン!
『南区緊急速報。札幌市です。大雨が弱まり、土砂災害発生の危険性が少なくなったことから、市内すべての避難準備情報を22時5分解除しました。・・・・・』
ああよかった。
外は今、車の通る音もなく、シーンと静まりかえっています。

160814雨の窓.jpg




人気ブログランキングへ


PR・・
スポンサーPR


posted by ぽぷら at 23:27| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

自分だけのゴミだとなんだか不安

水曜日は雑紙の収集日。
パンパンに貯まったゴミ袋を持ってゴミステーションへ向かうも、あら?ゴミ出てない?
いつもなら、サークルの中にゴミ袋がいくつも置かれているのに、今日は1つもありません。
サークルに使っている板も網も、まったく手つかずのままです。



ヤバイ、日にちを間違えたか・・
雑紙の収集日は隔週の水曜日なので、私は以前にも間違えて持って帰ってきた事があります。
カレンダーを見たつもりだったんだけどな。
持ち帰らなくっちゃ、ちょっとバツが悪いね。



念のためゴミカレンダーを見てみました。
したっけさ、今日は1日でしょ・・・・あら、やっぱし。
雑紙だ・・・
でしょーでしょー、やっぱし雑紙の日でしょー。



もう一度袋を持ってゴミステーションに行って、袋を置いてきました。
今日はたまたま、雑紙を出す人が私が一番だったってことのようです。
でもさ、自分の出した袋だけがポツンとあると、やっぱしなんだか不安。
もう一度カレンダーを見たりなんかしちゃう。



しばらくして外の様子を見たら、あ、奇麗になってる。
私の出したゴミはゴミ収集車に運ばれて行ったあとのようでした。
バッテン印のシールも付けられず、ちゃんともっていってくれたんだね、あーいかったいかった。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:00| Comment(5) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

スーパーにサメ

西友のお魚コーナーで、またしてもすんごい魚が置いてありました。
サメです。
体長はオッポの先まで入れると1m20くらいはあるでしょうか。
水族館でしか見た事ないから、ましてや『さめ肌に一度触れてみて下さい』なんて初めての体験!



160525西友サメ.jpg



どれどれ・・・・おお、すんごいザラザラ、紙ヤスリに触っているみたいです。
口にはまだ、テグスの透明な糸が付いていました。
鋭い歯は、内側から何重にも生えていて、これにかじられたらもう、一巻の終わりだね。
お店のポップには『日高沖』と書いてありました。



北海道の海にもサメがいると思うと怖い。
小学生の頃、担任の先生が話してくれたサメの話を思い出します。
『サメはな、自分より大きな体の者は絶対襲わないんだ。だから漁師が海に潜るときは、昔はみんな ” ふんどし”をながーくヒラヒラさせて海に潜ったもんなんだ』
私は今でも、このお話が本当かどうかが、ずーっと気になっています。
最近の西友のお魚屋さんがちょっと面白い。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:17| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

連休の空気を読んで『極楽湯さっぽろ弥生店』

連休も、もうすぐ終わりですね。
我が家は旦那さんが畑をおこしてくれたので助かりました。
私も今日は下駄箱の可片付けをしました。
したっけさ、買った記憶のなくなったサンダルが出てきて、ラッキー!
時として、もの忘れが与えてくれるプチ幸せ感です。



さて、せっかくの連休だから、ちょっとはお出かけしてみたい。
でもきっと、どこもかしこもすんごく混んでいるにちがいないよね。
そこで旦那さんは 『行楽地が混雑しそうな時は、逆に街中に行った方がよい』と読みました。
ほんとかな〜
けっこう、同じ事考えている人多いんでないの?・・・・疑いの流し目マナコ。



ダメもとで行ってみっか。
札幌の中央区北三条にある『極楽湯さっぽろ弥生店』。
JR札幌駅からだと徒歩15分くらいで、まわりには道立美術館や植物園、ホテルなどが立ち並んでいます。



したっけさ、行ってみると駐車場にすんなり。

160507極楽湯004.jpg



お風呂も湯船に2・3人くらいづつ入っていたでしょうか。
しかも本日は、母の日の週というこもあって、湯船には欄の花が浮いています。
まるでお姫様になったような き・ぶ・ん。




お父さんの読み、すんごいね!
『んだべ〜』



お風呂上がりにはレストランへ。
そこも、こんなにゆったり、あずましい(居心地がよい)。
お蕎麦は『十割そば』だそうです。
まずは食券を買ってから。
もりそばは380円。げんこつより大きな『かき揚げ』は、エビやらアスパラなどが入ってサクサク380円。

160507極楽湯001.jpg



160507極楽湯003.jpg



160507極楽湯002.jpg



160507極楽湯005.jpg



ミニ天丼とセットでも、嬉しい650円です。

160507極楽湯006.jpg



160507極楽湯008.jpg



お湯に関する『極楽湯 豆知識』というのがありました。(抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

極楽湯さっぽろ弥生店の温泉の泉質は『ナトリウム − 塩化物泉(高張性弱アルカリ性温泉)であり、筋肉痛や慢性消化器病・慢性皮膚病・冷え性や疲労回復に効果があるという事が環境省に定めた『鉱泉分析法指針』に従って表示されています。
ナトリウム − 塩化物泉は札幌市内では一般的な泉質で湯冷めしにくく殺菌作用があるとされるいわゆる食塩泉ですが、札幌市内でも珍しい高張性は・・・(略)・・・浸透圧が高い温泉有効成分が体に浸透しやすく、老廃物が排出されやすい・・・・(温泉は露天風呂のみ)・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

160507極楽湯007.jpg



おかげで、ゆったりお風呂に入る事ができました。
連休の空気を読んだお父さん、お見それいたしました。
『んだべ〜・・』



= 北海道の人気ブログランキングに挑戦中 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:13| Comment(4) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

ギョウジャニンニク収穫したけど、くさっ!

「もしもし、これからアイヌネギ(ギョウジャニンニク)取りにいくね」
友人の景子から電話がありました。
そうだった、ギョウジャニンニクをあげるって言ってたんだっけ。
さっそく、うらの畑に行って収穫です。
根っこのついたものも少し収穫。うまく根付けば、来年から景子の家の畑でもギョウジャニンニクが収穫できるかも。

160425アイヌネギ002.jpg



ギョウジャニンニクの見た目は、ニンニクと言っても球根はなくヒモ状の根っこです。
それに、ネギと言っても筒形になってるわけでもありません。
葉の広がったニラのような感じでしょうか。
どちらにしても、沢山食べたらすんごく匂ちゃう。それがハンパな臭さじゃございません。



畑で摘んだギョウジャニンニクを袋に入れながら、ちょっと自分の指の匂いをかいでみる・・・・くさっ!
北海道人は、ジンギスカンと一緒に焼いたり、醤油漬けにしたり、おひたしにして食べたりしますが、ギョウジャニンニク入りソーセージなんてのも売られていて、これがなかなか美味しいので、お土産にはおすすめですよ。

160425アイヌネギ001.jpg

ところでこのギョウジャニンニクは、春の山菜。
葉っぱのよく似たイヌサフランとよく間違われるそうで、こっちは猛毒!
食べると死んじゃう事もあるので気をつけよう。



■ ギョウジャニンニクとイヌサフランの違い。
1)ギョウジャニンニクはイヌサフランのような球根ではなく、根っこである。
2)臭い!
ギョウジャニンニクは、その切り口をそっと鼻に近づけるだけで匂いがする。
怪しい・・・と思ったら、まず、匂いをかいでみよう。



袋に詰め終わったころに景子が娘さん家族と車でやってきました。
” みんなお揃いだね。はい、これギョウジャニンニク ”
これからみんなで出かけるまえに、我が家に寄ったらしいのです。



ギョウジャニンニクの入った袋を差し出すと景子はさっそく中を覗き込み、
「おおーサンキューサンユー」
車に乗せて、「したらね〜」とドアをパタンと閉めました。
バイバ〜イ。
車は動き出したけど、中から聞こえてきました。
「うわ、くっさ〜!!!」クッサー・・・

160425アイヌネギ003.jpg



= 北海道の人気ブログランキングに挑戦中 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:22| Comment(4) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

雪が溶けたらゴミが顔をだすのも春だべさ

朝、ゴミを出しに行ったら、グワ〜〜・・・と頭の上から聞き覚えのある鳴き声が。
あ、カモだ!
カモはスーっと公園の池の方に降りて行きました。



ゴミステーションにゴミをギュギュっと押し込み!網をかぶせてから、そのまま公園に池に行ってみました。
やっぱり、つがいのカモが池にいる。
ああ、今年は来てくれたんだ。

160407かも002.jpg



以前、この池には毎年カモたちが来て、氷が張る冬までのあいだを過ごしていました。
でも今では住宅も人も増え、カモたちは公園でのんびり過ごす事ができなくなってしまったようです。
数年まえから、姿を見せなくなっていました。
せっかくやって来たこのカモは、雪の下から現れたこのゴミを避けながら泳いでいます。
池はさながら、ゴミの捨て場のよう。
この様子を見た方は、うぇ〜っと思うべね。恥ずかしい話です。


160407かも001.jpg



冬の間、雪で覆われた真っ白な世界は美しいけれど、それは、雪が降るたびにゴミを隠し続けてきたに過ぎないのです。
だからこのとおり、どこからか飛んで来たゴミが、こんなに散らばっています。
札幌は、今が1年で一番、ゴミが舞い上がっている時期なのです。



でもこれか5月にかけては、札幌市でも地域でも、一斉に清掃活動が始まります。
道路にまいた砂の回収はすでに始まっていますね。公園の清掃も始まるのかな。
どうか冬がくるまで、ずっとカモたちがこの池にいて、目を楽しませてくれますように。





= 北海道の人気ブログランキングに挑戦中 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:00| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

列車は今でも汽車と呼んでいる?

私も含め、北海道民の年配の方たちの多くは、列車の事を『汽車』と呼んだりします。
例えば、『札幌まで何で行くの?』『汽車で』『ああ、そう』てな具合です。
本来なら『汽車』とは蒸気機関車の事をいうのでしょうが、ディーゼルも電化も、線路を走る鉄道はみーんな『汽車』って言っちゃう。



『電車』とか『JR』とか言う人もいるね。
手稲に住んでいると、『電車』だと札幌の中心を回っている『路面電車』を想像しちゃうし、『JR』だと列車もあるけどバスもあるから、どーもしっくりこない。



「そういえば列車って、列になって複数台繋がって走るから列車って言うんじゃないの?
一両編成のは列車なのか?」と次男が言いました。
え・・・・
今まで考えた事もなかったけど、しょーもないようで気になる疑問。
たしかに、一両編成なのに、列車はおかしい??



じゃあなんて言うの?
一両車両???
そういえば、新十津川駅まで行ったときの車両は一両編成で、『ワンマン』って書いてあったよ。
って事はワンマン車両??? 

2014-10-06-090 新十津川駅.jpg
2014.10撮影


こんな時はヤフー知恵袋!
『列車」を運行単位として考えれば1両でも運行単位なので列車』
「1両編成の列車」
「単行」とも呼ぶ。



だそうです!!
って事は、一両でも列車であった。
なるほど、1つ、疑問がとけていかったいかった。



それにしても最初の疑問。

『列車』のことを、今でも『汽車』と呼んでいる人は、どれくらいいるんでしょう。
『電車』や『jR』と呼んでいる人は少数派?
また新たな疑問がわいてきちゃっいました。

終着 新十津川駅で出迎えてくれた小さな駅長さんの記事



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 00:23| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

手稲山に新雪で平地は雪解け

今朝の手稲山は、粉砂糖をまぶしたようにまっ白になりました。
鉄塔もケーキに差した飾りみたいです。

160305手稲山001.JPG



左にはスキー場のリフトが見えますね。
手稲駅からスキー場行きのパスが出ているんですけど、最近は外国の人たちも多くって、手稲もちょっと国際的になりました。

160305手稲山002.jpg



こちらは、我が家の畑の向こうに見える増毛連邦、北方向です。

160305増毛連邦.jpg



でも平地では背中がポカポカするくらいの暖かさで、昨日降った雪も一気にとけて、シャーベット状になりました。

160305雪解け.jpg



松の木の上にも、春が来たみたい。

160305雪解け.JPG



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:15| Comment(4) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

何でもへばりつきたい春の雪

吹雪だった札幌。
夜になってようやく、風も雪も おさまたみたいです。
数日暖かい日が続いたので、春になるかなーと思ったいたら、”まだでしたピヨ〜ン ” と、季節の神様はじらしてくれちゃいます。



歩道は昨日の雪とも合わさってザックザク。
国道の向こうは地吹雪で霞んでいます。

160301吹雪001.jpg



それに、湿った雪は、なににでも張り付くのが得意みたいで、
横断歩道の押しボタンも、

160301吹雪002.jpg



道路わきの砂箱も、

160301吹雪004.jpg



幼稚園の塀なんかはメレンゲみたいで、けっこう芸術的。

160301吹雪003.jpg



吹雪のすごさも、芸術的な美しさも、よーくわかりましたので、今回の吹雪が冬のフィナーレでありますように、よろしく お願い申し上げたいです。



もう、冬、飽きたもんね。



” どうすっかな〜〜(季節の神)”


= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:49| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

コアップガラナも北海道新幹線

東京―新函館北斗間を最速4時間2分で結ぶ北海道新幹線。
3月26日、いよいよ開業ということで、街にはポスターはもちろん、『祝!北海道新幹線!』の横断幕も登場しています。



新幹線の切符が販売された26日のニュースを見ますと、
時計がピッピッピッピー!と10時になった瞬間、窓口の職員さんたちが端末のボタンを一斉連打!!ベシベシベシ!!
1番列車の切符は、東京発はおおよそ30秒、新函館北斗発にいたってはなんと25秒で完売したそうです。



今日は、実家の母の所へ行ったのですが、
「飲むかい?」と北海道限定のコアップガラナを出してくれました。
ありゃ、ガラナのラベルにも新幹線が登場しているわ。

160228ガラナ02.jpg


160228ガラナ01.jpg



私が子どもの頃ですから、それなりに昔、北海道ではガラナはコーラよりも人気でした。
聞く所によると、コーラが北海道に上陸する前にすでにガラナは北海道で販売されていました。
その味が北海道民に深く受け入れられた為に、コーラは出遅れてしまったそうです。
そんなガラナが北海道新幹線をモチーフにしたラベルも付けているんだから、まさに ” なまら北海道だべさ! ” って感じね。



北海道に来たら、あんたもガラナ、飲んでみればいいっしょ。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:09| Comment(4) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

融雪槽に使うのは灯油か体脂肪か

昨夜から今朝にかけて、15cmくらい雪が積もりました。
今朝はぐーんとシバれたから、降った雪はサラサラの粉雪です。
重いベタ雪よりはまだましか・・・

160224雪かき001.jpg



玄関横にある融雪槽のフタをガバっと開けて、スイッチオン!
ジャジャジャ・・・・循環式の水が噴水みたいに飛び出してくる。
次に点火ボタンをポチ!
今度は融雪槽の中にあるボイラーがゴーっと音をたてて燃えだしました。
ボイラーは、大きな煙突のような鉄板の中に入っているので、雪がかぶさっても大丈夫です。
ほれ、どんどん雪を投げ入れよ。

160224雪かき002.jpg



雪を遠くまで運んだり、雪の山に放り投げたりしなくてもいいから、私やみなさんのような か弱い女性にはとても楽です。
ただ、ボイラーの燃料は灯油なので、そんなにしょっちゅうは使えません。
灯油がいたましい(もったいない)ので、少しくらいの雪の時は、もっぱら体の脂肪を発熱させて、わっさわっさと雪かきをしています。
ところがこの脂肪、熱効率が悪くってさ、なかなか熱になりにくいという特製があるんだもね。
しかも、すぐ休みたがるし、食べたがる。
そこいくと、融雪槽は灯油は使うけど、仕事もしっかりこなしてくれる。



今シーズンは、あと何回雪かきが残っているかわからないけど、雪かきしている皆さん、頑張りましょう!
春は、待てば待つほど、その嬉しさも倍増していくものだもね。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 18:13| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

ロータリー除雪車とトラックのデュエット

夕方、外からガガガーと、大きな音がします。
除雪してる!


160218除雪002.jpg



ロータリー車が、車道と歩道の間の雪をかき込んで、長いノズルから雪をザザザザーーーっと吐き出しています。
ノズルは時々首を振って潜水艦の潜望鏡みたい。
並走しているトラックの荷台の、それもちゃんと奥の方から積んでいます。



トラックの荷台いっぱいに雪が積まさると、飛び出していた雪はピタっと止まる。
トラックは、よっしゃ、したら行くぜ!って感じで、ブオーンと走り去りました。
おや、あのノズル短くなったよ、と思ったらまた伸びた。
そうか、高さも調節できるのか。


160218除雪001.jpg



そうしている間にも、次のトラックがピッタっと寄り添いました。
ザザザザーーーー
上手!職人ワザ!
これでまた、春が少し近くなったかな。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:42| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

ママさんダンプの道に新しいルートはできるのか

札幌は、雪祭りが終わるのを待っていたかのように、気温が上がりました。
暖かいのは一時的らしいのですが、夜になっても気温は8度、雪解けが一気に進みました。
昨日は道路わきの雪もすんごく溶けて、我が家の前の車道は排水が追いつかず、10メートル以上も大きな水たまりになってしまいました。



通る車は、一旦はスピードを落とすものの、バシャバシャ〜〜!・・・っと水を跳ね上げ、水たまりを大きく揺らして走り去ります。
ほらまた来た、バシャバシャ〜〜!
おお!この車はスピードを落とさないから水しぶきがすんごいよ、大きな鳥が羽根を広げたみたいに豪快に水を飛ばしてる。
アマゾンの探検隊みたいだ。
これじゃ通行人も、水に浸かって走る車も大変そうなので、土木事業所に状況を知らせる事にしました。



30分くらいしてから、ガガガ・・・・ブルトーザーの音が聞こえてきました。
排水溝の上の雪をどかしに来てくれたようです。
ガガガ・・・・音が聞こえていたのはたったの15分くらいだったでしょうか。
あっと言う間に終わっちゃうんだね。



しばらくしてから外に出てみると、今までそこにあった大きな池も、歩道の雪も跡形もなく消えています。
さーすがー、やっぱり文明のリキは違うねえ。



ところがです。
我が家の横の雪投げルートに巨大な雪山が出現。エベレストか・・・(ショックで大げさになった)
もちろん、ダンプは敷地内に押したわけではなく、歩道のわきに雪を高く積んだだけのことです。
けれど、そこは、私がママさんダンプに雪を乗せて運ぶのに、何度も往復して作った道のあったところなんです。
文明のリキには勝てず、あっというまに消されてしまいました。



えーい、なんちゅうことしてくれた!
このルートは、せっせと雪をならして作ったんだぞ、それをガガガで埋めちゃってさ。
もうこうなったら何でもいいから早く、雪 溶けてくれい!

あ、春になってくれたら嬉しいと思いますのに・・・




= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:32| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

子どもの雪倒れは私がやったら行き倒れ

夜道の土手に、大きな雪のくぼみがありました。
おや、楽しいねえ・・・・




雪国の子どもたちなら誰でも一度は、雪の中に飛び込んで遊んだ思い出があります。
立ったまま、あーれー・・っと容赦なく雪に埋まる。
うつ伏せにバフっと埋まったときは、顔中が雪だらけになるけどなーんもでした。時々は鼻の穴にも入ったもね。
仰向けにバフっと倒れてみた時は、急に目の前に青い空が広がって、ゆっくり進む雲の様子を、しばし眺めていたものです。

160204雪道001.jpg




このくぼみは、仰向けに倒れたんだね。
てっぺんには頭の形。真ん中のくぼみは、もしかしてリュックのくぼみ?
両サイドの2つのくぼみは、両手に力を入れて起き上がったときに、深く掘らさったんだね。
友達との楽しい会話が聞こえてきそうです。

160204雪道002.jpg




羨ましい・・・・
この隣にバフっと倒れてみようかな。
仲良しさんが手をつないでいるように見えるかも。
それに、この星空を見上げる事もできそうです。
幸い、回りに人影はない様子・・・・キョロキョロ




あーむりむり、”私は大人” というブレーキが、ついすまし顔を作ってしまいます。
それにこの歳だもの、ややもすれば行き倒れに見えなくもない。
さらば友よ、君の手はつないであげられないのだよ。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:30| Comment(4) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

雪に埋もれても函館まで267キロ

信号待ち。
横にあるのは雪像か?
そう思っちゃうほど、立派に削られた雪の固まりです。

160129道路の雪001.jpg


160129道路の雪002.jpg



どうしてこんなふうになるかというと、まずね、歩道側には民家があるので、雪かきした雪を、この歩道と国道の間に積んでいったんだべね。
さらに国道側からも、雪が降る度に除雪車(ラッセル車)が雪を押しのけていくでしょ。
お互いどんどんと雪を積んでいくので、いつしか人の背よりも高くなっちゃったというわけです。



そのあとに、先日、我が家の前の道路でもやっていたように、 今度は避ける除雪ではなく、トラックで雪を運んでしまう『排雪作業』が行われました。
でも、ここで問題が!
『国道5号 函館まで267Km』と表示されている標識がある。
このままガガガっとやっちゃうわけにはいかないので、あっちからガガガ、そっちからガガガ、横断歩道もあるから、こっちも少しガガガ・・・とやって、白いロールケーキのような形が残ったってわけです。



それにしてもこの標識、首から上だけでも出ていていかったね。
なんだかちょっと気の毒ね。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:01| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

排雪はロータリー車とダンプの名コンビ

真夜中になって、家の前の歩道の排雪作業が始まりました。
ロータリー車がゆっくりと走りながら雪を砕いていきます。
同時にノズルを自由自在に動かして、雪をザザザーっと出す。
ノズルから出た雪は並走しているダンプが荷台で受け止めて、荷台がいっぱいになると、後ろで待機しているダンプと交代します。

160127歩道除雪01.jpg


160127歩道除雪02.jpg



排雪作業が終ったあとは、こんなに広かったんだーって思うくらいに奇麗。
やっぱし機械はすごいわね。



札幌の1月の最低気温はマイナス6度とか7度とかにもなるので、この寒空に外に立ってる警備のおじさんは寒いだろうな。
きっと、体中のポケットにカイロを付けているのかもしれないね。



冬は峠を越したとはいえ、まだまだ作業は続きそう。
今日もどこかしらで道路の除雪や排雪が行われています。
おじさんも、がんばって下さいね。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:50| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道民が予想もつかなかった南国の大雪被害

今回の大雪。西日本では水道管凍結による破裂が起きて、多くの所で断水しているとのニュースを見ました。
北海道のような寒い地方の水道管が地下深くに埋めてあるのに比べ、暖かい地方では、凍るなんて事は想定していないので、浅く埋められているそうです。
それで、水道管が凍ってしまったんですね。



北海道には家の中にも、水道管が凍らないようにするための工夫があります。
水道管が地下から家の中に繋がっている部分に元栓(もとせん)というものが付いています。
本州の家にはあるのかな。
元栓を閉じて蛇口を開けておき、水道管を空の状態にしておく事で、家の中の水道管が凍るのを防ぎます。
『水落し』って言ってます。
普段は家の中の元栓を閉めることはないけれど、何日も家を留守にする時には『水落し』をします。
あと、外の水道もね。
それでも、水落としをしなかったばかりに、水道が凍っちゃったって事はたまに聞くけどね。



北海道は広いから、場所によって随分と気温が違います。
寒さがやわらぐまで、毎晩 水落しをしている所もあるのではないでしょうか。



南と北で、水道管の埋められている深さが違うとは、今までまったく知らなかった。
という事は逆に、もし北海道がものすごい暑さになったなら、道民には予想もできない事が起こるかもしれないですね。
南国の雪は、私が考えていた以上に、大変な事だったんですね。




= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 00:03| Comment(8) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

雪道になると、こんなしぐさが現れる

今朝も雪が積もりました。
そんな住宅街の歩道は、歩道専用の除雪車が入ったあとでも、幅はあまり広くありません。
車道と歩道の間に、分厚い雪の壁ができるからです。



むこうの方から、女性が歩いてきました。バッグは向かって右側に下げているね。
私は左に下げているから、彼女は右に、私は左に少しずつ寄って歩きます。
そうすると、すれ違う時にバッグ同士がぶつからず、スムーズです。
彼女も、少し手前から私のかっこうを見て、どちらに寄ったらよいのかを考えてくれていたようです。



次は、大きな袋を下げた女性が歩いてきました。
袋は向かって左手に持っているけど、バッグは右に下げています。
でも私とすれ違うときだけ、袋も右に持ち替えて、ぶつからないようにしてくれました。



今度は、中学生の男子たち三人組。
なにやら話しながら楽しそうです。
ひとかたまりになって歩くと楽しいもんね。
でも、私とすれ違うときだけ、自然と一列になりました。
「地球外生物から見たら、地球人だって宇宙人だ・・・」とか、体勢とを変えながらも会話が途切れないのがさすがだね。



夏の間はあまり考えないけれど、道幅が狭くなると、みんな自然と、そんなしぐさが現れます。
そんなときは、わずかだけれど、お互いの気持ちがちょっと通じたように感じちゃう。
すれちがったあとに人間同士は振り向いたりしないけど、お互いのカバンが ” どうもね!” なんて、ピースしてたら楽しいね。




= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:48| Comment(6) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

ガラスに現れる妖精たちの落書き

風除室のガラスについた、氷の結晶。
窓霜(まどしも)という言葉があるそうです。
場所によって色んな形がありますよ。



これは、流れ星系・・・

160120-霜003.jpg

160120-霜002.jpg

160120-霜004.jpg



こちらは樹氷系・・・

160120-霜005.jpg


160120-霜006.jpg



ガラスを通してみると、木々が上手に描かれています。

160120-霜001.jpg



どの絵も芸術てき・・・・。
真冬のうーんとシバれた朝にだけ現れる、冬の妖精の落書きだね。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:00| Comment(6) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

ママさんダンプにほんろうされるママさんダンプ

今回、日本列島を襲った冬の嵐は、九州にまで及んだそうですね。
北海道にもあちこちで吹雪の警報がだされ、本来なら雪の少ないはず道東は今、猛吹雪だそうです。
札幌は昨日からの降雪量は30センチくらいでしょうか。今回の大雪の地域から見ればまだまだ少ない方です。

160119雪001.jpg


160119雪003.jpg



とはいえ、その雪の多さを見ただけでポッキリ心が折れちゃいそう。
雪を運ぶママさんダンプには、少しでも沢山の雪を乗せて運べば投げる回数が減るので、できるだけ乗せちゃおうと思っちゃう。
気持ちを切り替え、最初はエクササイズ気分でホイホイ投げる・・・・ホイ!
ホイ!! ホイ!
けれどそのうち、雪の重さにほんろうされてくる。
ヨロヨロ・・・ヨロヨロ・・・・
欲張って大きな雪の固まりを運ぼうとしている熟女のママさんダンプは、すでに見かけだけのみが立派なダンプ。

160119雪002.jpg



あと10回投げれば(捨てれば)先が見えるかな・・・・ホイ!
まだまだだね、あと10回・・・・・ホイ!
まだ残っているわ、それじゃおまけにあと10回・・・・ホイ!
サービスしちゃうわと、あと10回・・・ホイ!.
ヨロヨロ・・・・



ほんろう熟女ダンプは家に戻ると、汗で湿った背中をストーブにあぶりました。
ジワワ〜〜〜ン・・・・ああ、じんわりしみるわあ〜〜〜〜
普段、甘やかされてる体中の筋肉が、どっしりと重たくのしかかってきます。



そうは言っても、この冬を水泳で例えるなら、もう折り返しのターンをキックあたり。
毎日少しづつ、夜が早く明けてくるのが嬉しい季節になってきました。
朝、カーテンのすき間から差し込む日の光が嬉しい・・カーテンを開ける・・・・・雪がどっさり・・・・ガク・・・・・



ここで一句
冬の朝、差し込む朝日の占いは 嬉しかったり、がっくりきたり。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:35| Comment(3) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

雪路は反射神経だけじゃ歩けない

冬の横断歩道は、気持ちを集中させて歩かないと、ほんと、危ないです。
車の熱で解けた雪が再び凍って、アスファルトの上を透明な氷で覆ってしまうからです。
さらに、白ペンキの表面はツルツルしているので、そこが氷に覆われると殆ど見えません。
もし転ぼうもんなら、骨の1本くらいは折れちゃう覚悟ね。
毛糸の帽子は私の場合、イザという時のヘルメットの変わりです。



何より、横断歩道はドライバーさんの目の前でしょ。
そこでのスッテンコロリンはさすがに避けたい。
だから慎重に慌てず、小またのすり足作戦です。
今日も無事に渡りきりました。



あーやれやれ。
歩道に上がって肩の力が抜けた瞬間、左足のかかとが、ツルーッ!
おお〜っ!
反射的に両手がグルっと1回転!
左足は大きく一歩前方へ引っ張られたけど、とっさに、バランスをとったので、転ぶのは なんとかまぬがれました。



危なかった・・・・
私の反射神経は、まだまだ捨てたもんじゃないわね、ほっほっほ。
それにしても、いったい私を滑らした場所は何処じゃ!?
振り返えると、さっき降った雪が、凍った路面をうっすらと隠していたようでした。



道路が雪で覆われてしまえば、どこに危険が潜んでいるのかわかりません。
もっと注意して歩かなくっちゃ。
だってさ、さっき転ばなかったのは、本当は条件反射じゃなくって、”まぐれ” みたいなもんだもの。
やっぱり、毛糸の帽子は必需品。
明日からはしっかりと、ヘルメット的にかぶって歩こうっと。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:21| Comment(4) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

一番寒いときだけ現れる美しいもの

しばれるね〜!
ここ数日、札幌に降る雪はサラサラの粉雪です。
ちょっと風が吹いただけで、ふわわわ・・っと舞い上がります。
風は楽しそう、雪玉を転がして遊んでいます。

100114雪.jpg



夜になって、札幌はますます冷え込み、”上田眼科”の看板にはなんとマイナス6度の表示が・・ひえ〜〜寒い。

160115温度計.jpg



1分でも早く家に戻りたいとサッササッサと足取りが早くなります。
けれど、道すがらの土手の雪が宝石のように光るので、そこだけは、ちょっとゆっくり歩いてしまいます。
雪の結晶が羽根のように重なっているので、街頭の灯りで、その1枚1枚が反射しているんですね。

160116雪.jpg



1年で、今が一番しばれる北海道。
内陸の朱鞠内(しゅまりない)では、マイナス20度以上になっているとか。
それだけ寒くなると、空気までが宝石のようにキラキラ光ったり、木の枝に水晶のような氷が付いたりという美しい現象が現れます。
神様は、厳しい環境であればあるほどに、美しい自然の神秘を見られるようにしたのかな。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:06| Comment(6) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

まだ引きずっているお正月の味

暮れに ”大特価!1500円!” て山積みになって売られていた数の子が、先日スーパーに行ったらなんと、1000円と書かれた赤い爆発シールを貼られちゃって、ショーケースの隅っこに、ひっそり3箱だげ置かれていました。



他に、かまぼこにも、『30%引き』の爆発シールが貼られて山積みです。
金太郎アメのように、切ると松竹梅の姿が現れる板かまぼこ。
安いけど、もう手はでません。
いつもなら、割引爆弾シールを見ると突進しちゃうんだけどね。



我家の冷蔵庫にも、まだ手つかずのナルトやお餅が入っています。
他に、お供えのお餅もあるもんね。
これらも食べなくちゃいけません。



でもナルトよ、お餅よ、君たちの事が食べたくなるまで、少しの間、時間を下さいませ。
だって今は、カレーやラーメンが美味しいんだもん。


= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:52| Comment(4) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

立体パズルは有料のゴミ袋

10年以上も使い込んだホットプレート。
上の面はこすれていて焼いた肉がくっついちゃうし、コードを本体に差し込む部分もガタガタしちゃって、いつのまにか外れている時があります。
仕方ない、もうご苦労さんだね、投げよう!(捨てよう) それから、もう使わなくなった古いお鍋や、欠けたお皿やお茶碗も、一緒にゴミに出す事にしようっと。



札幌市は、燃えないゴミは有料で、市が指定のゴミ袋を買って、その中に入れて出す事になっています。
流しの下の奥にしまっておいた古くて大きなお鍋は、育ち盛りの子どもたちにカレーがたっぷりと作れたので、とても重宝しました。
何年も段ボールに入れっぱなしだった水筒も出て来ました。
あら、息子の名前が幼い文字で書いてある。いつのじゃ!
どこも壊れていないので、いたましくて(もったいなくて)しまっておいたんですね。
もういいかげん、おさらばしないと。



一番大きな40ℓ用のゴミの袋ならラクラク入るだろうけど、次に小さくて安い20ℓ用のゴミ袋に上手に詰めれば入るのではと思いました。
っていうか、入って欲しい、なんとか入れたい、入れるぞ!
最初にホットプレートを入れ、次に、お鍋の中に欠けたお皿やお茶碗を沢山詰めてから袋に入れる。
そして、すき間に水筒を入れ・・・・
オーマイガ! お鍋が1つは入りません。
再び取り出し、こっちを入れて、あっちを入れて、このすき間にお皿を入れて・・・・やや、今度は水筒とザルが飛び出した。



なんとかして20ℓ用のゴミ袋の中にすき間なく、体積いっぱいに詰め込みたい!
まるで立体パズルのように、縦横ナナメ、お鍋とザルの組み合わせ・・・・
そしてついに、やった!
20ℓ用のゴミ袋いっぱい!
あちこち飛び出してはいるものの、ちゃんと袋の取っ手の部分はギリギリ先っちょで縛れたもん!
こんな小さな事だけど、達成感を感じてしまう自分がいる。



ガーーーーー
しばらくして、ゴミ収集車の音が聞こえました。
窓から外を見ると、職員さんたちがゴミステーションに置かれた燃えないゴミの黄色い袋を、手早くボンガボンガと収集車の圧縮口に放り込んでいます。
あ、あの袋、ウチのだ・・・・・・



さっきまで、お鍋なんかと格闘していた黄色い袋も、ポンと投げ入れられました。
その大きな口は、あっという間に、私の思い出を飲み込んでしまいました。




= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:55| Comment(4) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

漬けた飯寿司の塩が多すぎちゃったときの対処法

北海道の冬の名物『飯寿司(いずし)』
”自家製の飯寿司の塩の量が多くて、しよっぱくなっちゃった” という話を聞きました。
手間とお金をかけて、せっかく漬けた飯寿司だから、できれば、ちょうどよい塩分に戻したいですよね。



実は、この冬に作った我が家の飯寿司も、最初はしょっぱかったんです。
生の鮭を使ったので、余分に塩を入れちゃったんですね。
でも、なんとか塩分を抑える事ができたので、その方法をお話します。



それは、新たに飯寿司用にカットした野菜(酢を少しまぶしておく)を飯寿司の樽の中に混ぜるだけ。
我が家は、鮭と野菜などを3段に漬けたので、その中に、なるべく均等になるように入れました。
あとは重石を乗せて、もう数日待ってから樽をひっくり返して重石を乗せて汁をしぼりました。



さてさて、今度はどうかな・・・・・
おお!!いいんでないかい!!
あとから加えた野菜がいいあんばいに塩を吸ってくれたようで、ちょうどいい塩加減になっていました。
樽の野菜は増えちゃったけど、それはそれで美味しかったですよ。
”飯寿司、しょっぱくなっちゃった〜!”っという方、ご参考になれば幸いです。
めげずにファイト!

160107いずし.jpg

我が家の飯寿司の作り方



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:00| Comment(4) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

札幌いきなり真冬日で、とうとうドカ雪

いきなりドカっと雪が降りました!



今日の札幌の最高気温は−4度!
昔なら、 ややもすれば水道管が凍っちゃう温度です。
二日前まで、積雪は殆どなかったのにね。
なんでも、観測史上一番遅い真冬日なんだそうです。




面倒な雪かきだけど、なんとか運動&ダイエットと考えないことには、ただの無駄な時間になってしまうのが悔しい。
なので時々、お相撲さんのような大股歩きでママさんダンプの雪を押してみたり、インターバル速歩開始!とか思って、雪を乗せた雪かきスコップをサササっと持って運んでみたりする。
よしよし、エネルギーが燃焼している!と自分を褒めてもみる。



けれど30分続けても、振り返れば、まだまだ がっぱし雪が残っているっしょ。
そのころになると、
” なーにが運動じゃ、なーにがダイエットじゃ ” 
と、フツフツと怒りが湧いてくるのでございました。



そしてさらに30分。
時々、足がもつれてきたりしちゃってさ、ああもう雪なんか、いらないったらいらないよ!って思っちゃう。
私、マンションに住む・・・・
と、今度は弱音で投げやりのパターン。



あら、この寒いのにもかかわらず、雪遊びをしている家族がいます。
そうか、雪は楽しい遊び道具だもね。
自分も子どもたちと楽しく遊んでいた頃がありました。
その頃は、寒さなんか、なーんもさ。
楽しかった思い出だけが蘇ってきます。
仕方ない、雪は、ちょびとだったら降ってもいい事にしてやるか。

151226雪.jpg



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:21| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

今朝はしばれて霜柱

今朝はもうギンギンに寒かったです!
畑の所々の土も凍ってる。

151122霜001.jpg



おや、氷の柱が土のツブツブを持ち上げてる、霜柱!
これぞシモバシラカッパドキア
どーりで寒かったはずです。

151122霜002.jpg



それにしても、霜柱ができているその横に、小さなが花が咲いていました。
マイナスの気温でも、しおれることなく花を咲かせる雑草って、本当にすんごいわあ。

151122霜003.jpg



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:08| Comment(2) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

ミョウガは土からいきなり花が咲く

畑にわっさわっさと伸びたのはミョウガです。
私は今まで、婆ちゃんが育てていたミョウガが実っているところを、一度も見た事がありませんでした。
特別好きというわけでもなかったので、婆ちゃんが畑から取ってきたミョウガを見ても、あまり関心なかったしね。

150822みょうが001.jpg



今年はすんごく増えるわ伸びるわ、しかも、茎と葉っぱばっかし。
どう見ても花が咲きそうな気配もないし、実が出来そうな気配もありません。
以前、婆ちゃんに聞いた時は、土から生えると言っていたけれど、それはどういうことなのか、首をかしげていました。



ところが昨日、ミョウガの根元に、なにやら白いものを発見!
かき分けてみると、ミョウガ!!
それはまぎれもなく、土から生えたミョウガの花でした。
しかも、ぜんぜん目立たない森のような茎の間から。
ふつう花はというのは、茎があって葉っぱがあって、太陽に届けとばかりに咲くもんでしょ。
なのにミョウガはいきなり土から咲いちゃうのか。
不思議だ・・・



調べてみますと、ミョウガは一度植えると毎年収穫できて、日陰を好み、手入れはせずともどんどん増える丈夫な野菜だそうです。
花が咲くまえの、つぼみを収穫すればいいんですね。
ミョウガをもいだ瞬間に、あの独特の香りが漂いました。
なになに、酢の物の他に、天ぷらや炒め物も美味しい・・・か。
ミョウガは10月くらいまで収穫する事ができる・・・・
10月! 嬉しいような・・困っちゃうような・・・・


150822みょうが002.jpg


150822みょうが003.jpg


150822みょうが004.jpg


= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:47| Comment(10) | 暮らしの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。