2016年09月21日

大倉山ジャンプ台のスタート地点上からの景色

札幌の中心部からもよく見える大倉山のジャンプ場、ラージヒル(90m級ジャンプ台)。
駐車場からは、この長ーいエスカレーターを登ります。

160921大倉山-08831.jpg


160921大倉山-08836.jpg



160921大倉山-08837.jpg



大きなジャンプ台を初めて見るお客様は、ほ〜!!って驚いてくれますが、私も何度見ても、すごいわあと驚いちゃう。
ジャンプの選手はあんなに遠くから一気にシュバー!!っとここまで飛んでくるんだからすんごいね。
今はスポーツだけど、もともとのジャンプは、囚人に飛ばせた事から始まったんですって。

160921大倉山-08842.jpg



大倉山シャンツェは、昭和6年に、大倉喜七郎男爵という方が、総工事費5万円余を投じて作ったジャンプ台だそうです。
じきに、「山」という字がついて大倉山シャンツェになったとか。



さっそくリフトに乗ってジャンプ台の上まで行ってみましょうね。
リフトの料金は往復500円です。
でも、このときは、2017年アジア札幌大会開催記念という事でソフトクリーム50円引き券が付いていました!

160921大倉山-08846.jpg


160921大倉山-08847.jpg


160921大倉山-08849.jpg


まもなく頂上の展望台です。

160921大倉山-08854.jpg



ジャンプ台のスタート地点上の展望台で、さっきの50円割引券を使ってソフトクリームを買いました。

160921大倉山-08857.jpg


160921大倉山-08859.jpg



スタートから着地するまでの標高差は133メートル。
滑走路の最大斜度は35度。
速さは時速90キロ以上。


この大倉山のジャンプ台から飛び出すと、まるで街に飛んでいきそうな感覚になるとかで、選手の皆さんにはとても好評だそうです。



そうは言ってもムリなので、帰りのリフトで、気分だけ味わいましょう。

160921大倉山-08861.jpg

シュ〜〜〜〜〜・・・・ジャンプ!!

160921大倉山-08863.jpg

面白かったらポチっとね。

人気ブログランキングへ


スポンサーPR




posted by ぽぷら at 23:23| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

定山渓温泉、かっぱの伝説の仕掛人

定山渓温泉では、あちこちで、めんこいカッパの姿を目にしますね。

160912かっぱ8722.jpg


160912かっぱ15年の.jpg



■ 定山渓温泉のカッパの伝説

定山渓温泉には『かっぱの伝説』があります。
明治の頃、道路工事の作業員をしていた青年が川で魚を穫っていたところ、急に川底に沈んでしまったんだと。
目撃した人が慌てて青年を助けようとしましたが、川は深く、助ける事ができませんでした。
それ以来、青年の姿は何処にも見えなくなってしまいました。



ところが青年が川に沈んだ一周忌の晩、父親の夢枕に青年が現れ、こう言ったのです。
「自分はカッパの妻と子どもと幸せに暮らしているよ」
青年は美男子だったので、”きっとカッパに好かれてしまったのだろう” という事になりました。



■ カッパを探してみる

定山渓温泉を散歩してみると、あちこちに めんこいカッパと出会う事ができます。

160912かっぱ8684.jpg


160912かっぱ08703.jpg


160912かっぱ08704.jpg


160912かっぱ8709.jpg


160912かっぱ08717.jpg


160912かっぱ08724.jpg


160912かっぱ08742.jpg


160912かっぱ08743.jpg


160912かっぱ08751.jpg



■ カッパ伝説の仕掛人

ところで、このカッパの物語には、仕掛人がいます。
札幌出身の画家、おおば比呂司さんです。
おおば比呂司さんと言えば、有名なのが、ほんぼのとして、ちょっと色っぽいカッパのイラスト。
定山渓温泉を盛り上げるよいアイディアはないものかと依頼され、1965年(昭和40年)に考えたのだそうです。


ところで、当時は若かった青年は、今でもカッパ淵で暮らしているのでしょうか。
いえいえ、いくら温泉が流れる川といえどもあれからすでに50年だもの、高齢になった青年が真冬の北海道で暮らすのは容易じゃないはず。
きっとね、定山渓温泉の名誉顧問とかで、きっと何処かのホテルのスイートルームでのんびりと過ごしているんだよ。

160912かっぱ08721.jpg


面白かったらポチっとね。

人気ブログランキングへ


スポンサーPR


posted by ぽぷら at 00:50| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

白糸の滝は定山渓温泉の散歩コース

札幌の奥座敷と言えば定山渓温泉。何度も行っているけれど、近くにある白糸の滝へは初めて行きました。
考えてみると、定山渓に来る途中のトンネルや、ホテルの名前にも『白糸』って名前がついているところがあるもね。



■ 白糸の滝へは温泉から歩いて行ける

白糸の滝へは、途中から道が下り坂になって行きます。
という事は、当然 帰りは登りだけど、足腰を少し鍛えるつもりでちょっと頑張れば大丈夫。
ビューホテルからだと、歩いて10分くらいで行けますヨ。

160911白糸の滝地図.jpg



■ 北海道で一番古い発電所がある

道を下った別れ道には『白糸の滝』っていう看板がありました。
右奥に見える白い建物の方です。


160911定山渓8602.jpg


この建物は、定山渓発電所。
看板には『1909年(明治42年)に建設された、出力1,570kwの水力発電所で、全道に現存する最も古い発電所』との案内が書かれていました。
当時の発電所の写真があるよ、すごいね!


当時としては普通の建物だったのでしょうが、今見てみると、な〜んてシャレてるんでしょ。
もしこの建物が今でも使われていたら、きっと有形文化財で観光名所になってたんでないかい。
現在は、左に見える普通の白い建物が定山渓発電所です。

160911定山渓8603.jpg


160911定山渓白糸の滝8603.jpg



■ 白糸の滝、到着

さて、すぐ右にある橋に『白糸の滝』と書かれた看板がありました。

160911定山渓白糸の滝8604.jpg


橋の中央までやってくると、おお、白糸の滝!

160911定山渓白糸の滝8605.jpg


こじんまりしていて、なかなかいいね。
この橋から見える景色がいいのは、もしかして滝がきれいに見えるようにわざわざ作ってくれたのかもね。
落差は10mだそうです。
手前のえん堤が、いかにもコンクリート製って感じでちょびっと惜しい・・・・。

160911定山渓白糸の滝8606.jpg


定山渓温泉に行ったら、足を伸ばして行ってみるのもいいですよ。
紅葉になったら、きっと絵はがきみたいな写真が撮れるんじゃないかなと思います。
秋は温泉の季節だもね。

面白かったらポチっとね。

人気ブログランキングへ


スポンサーPR


posted by ぽぷら at 18:07| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

北海道マラソン2016追跡できる応援ナビ

■ 北海道マラソン2016は、今年で30周年、朝9:00スタート

北海道マラソン2016、長男は今年も北海道マラソンを走る為に帰省しました。
一昨年は、時間切れで収容バスに乗せられ、昨年はそのバスに追われながらのギリギリ完走。
苦しくて、もう止めようかと思っていたら、沿道から 
『今止めたら一生後悔するぞ〜!』って声援が聞こえたんですって。



北海道マラソンは札幌大通公園を9:00スタートです。
始めは南に向かい、豊平川を渡ってから、今度は再び大通り公園のテレビ塔を横切ります。
北海道大学を通って、手稲区の新川沿いをまっすぐひたすら走り、森林公園が折り返しの地点。
ここなら、我が家から自転車をこいで行けば30分程で行けるので、今年も見に行くことにしました。



新川沿いのコースに付いた頃はもう、すごい数のランナーが通過しているところ。
なんせ、参加人数が17,000人(定員)だそうです。
道路いっぱいに、ずー・・・・・っとランナーが通過していきます。

160828北海道マラソン005.jpg



160828北海道マラソン007.jpg




■ ランナーの現在地が分かる『応援ナビ』システム

この団体の中で長男を見つけるのは大変。
でも大丈夫、今年の北海道マラソンはね、選手一人一人がGPSチップを装着した、『応援ナビ』という強い見方のシステムを導入したんです。
これを使うと、自宅のパソコンからはもちろん、タブレットやスマホでも、ランナーのゼッケン番号(名前でもよい)さえ入力すれば、走っている現在地がわかちゃうという仕組みです。
もう前回のように、果てしなく続くランナーの集団を、ずーっと目をこらして探す必要もありません。



旦那さんからiPadを借りて、自転車に乗せてきたもんね。
さっそくゼッケン番号を入力すると、ほーら、長男の現在地が表示されました。
地図の上をチョンチョンと赤い丸ポチが動いてこっちに向かってきます。

160828北海道マラソン001.jpg




■ 北海道マラソンの、タイムを競うばかりでない楽しみ方

北海道マラソンは、記録も大切だけど、楽しみながら走っているランナーも大勢いました。
動物のかぶり物をしたり、アニメキャラのコスプレをしたランナーもいました。
亀仙人にそっくりな人もいたね、あと、路上のゴミを拾いながら、ゴミ袋を3つも持ったランナーもいました。
『しぬ〜〜〜!』とか言って、ニコッリと応援団に手を振っていた男性や、沿道の人にハイタっチしながら走ってるお爺ちゃんランナーもいたっけ。
みんな、マラソンを楽しんでいるんですね。

160828北海道マラソン004.jpg




■ 応援ナビを見るコツは、ちょっと先を予想して考えること

しばらくすると、おお、きたきた!
まるでロープのように細く長く見えるランナーの集団と一緒に、『応援ナビ』の赤い丸ポチが、こっちにやってきました。
長男は今、2つむこうの信号あたりを走っているようです。

あ、次の信号越えた!あともう少し、
ポツ・・・ポツ・・・・赤い丸ポチが近づいてきました。
そろそろカメラを用意しようとしたそのとき、赤い丸ポチが、ヒョイと私の現在地の前に飛びました。
え”〜!?今、目の前?!どこだどこだ・・・・


ワーーーーーーー・・・・・ランナーの集団通過・・・・・


160828北海道マラソン003.jpg


目をぱちくりするも・・・・・発見できず・・・


慌てているあいだにも、赤ポチは、ランナーの集団とともに、ポツ・・ポツ・・・と遠ざかっていきました。


オヨヨ・・・・・



応援ナビが教えてくれてるにもかかわらず、応援できなかったナビ・・・・
何度見直しても、丸ポチはむなしく遠さかっていくばかり。
仕方ないね、この先が折り返しだから、戻ってきたときに、また探してみようっと。




■ 途中で脱落しても、バスが拾ってくれる

さて、いくら楽しく走れるとは言っても、コースは一般道なので、交通規制を解除しなくちゃいけません。
指定時間内に決められた地点まで到達していないと、収容車に乗ります。
待機していたバスが動き出しました。
残念でしょうけど、すんごい頑張りましたよね。

160828北海道マラソン006.jpg



北海道マラソンは、今年で30周年を向かえたそうです。
台風が3つも上陸した北海道だったけど、17,000人のランナーと、それを支える多くのボランティアの人たちのパワーがすごかったみたい。
絶好のマラソン日和になって、良かったですね。
北海道マラソン2016公式サイトでは、完走者全員のゴールの映像も見る事ができます。ランナーにとっては嬉しいですね。



長男が折り返して走っているのを見届けたので、私は再び自転車をこいで帰宅。
『応援ナビ』をパソコンで見ていた旦那さんと一緒に、完走を見届けました。
お疲れさまでした。



北海道マラソン2016公式サイト
http://hokkaido-marathon.com/2016/





人気ブログランキングへ


スポンサーPR


posted by ぽぷら at 20:52| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

札幌の中央分離帯にはリンゴ並木がある

広い道路の中央分離帯に、突如現れるリンゴ並木。
「あ、リンゴなってる!そろそろ赤くなってきてるね」
この通りは何度通っても興奮しちゃいます。



■ 車がビュンビュン行き交う道路の中央分離帯にリンゴがなっている

札幌市の豊平区役所から国道36号までの環状線。
その中央分離帯に、豊平区のシンボルとして約1.1キロメートルにわたってリンゴの木が植えられたのは昭和49年のことだそうです。
明治の頃は、このあたりにリンゴ農家がたくさんあったんですって。

160820りんご並木01.jpg




■ 豊平区のリンゴ並木には14品種のリンゴが植わさって(植えられて)いる

豊平区のページによると、植えられているリンゴの種類は『あかね』や『レッドゴールド』、『つがる』『きたかみ』など、14品種77本。
種類は色々、この木は・・・おお『旭』! 私にとっては懐かしいリンゴ!

160820りんご並木あさひ08447.jpg




■ りんごの『旭』は、昔懐かしい味

もう50年も前の話だけどね、もみ殻と一緒の木箱に入った『旭』は、大好きなおやつでした。
最近のリンゴに比べると、ちょっと小ぶりで、酸味があって、袖でこすってバリっとかじったもね。
最初はうまくかじれなくて、皮が歯に挟まっちゃうんだけど、そのうち上手にカパっとかじれるようになりました。
今はね、ムリムリ。
そんな事したら歯にしみるしみる、それに固くてアゴが外れちゃうかも・・・うわ、ツバがでる〜〜



■ 『旭』現在では幻のリンゴ?

今では甘くて上品な味がする品種のリンゴが多く出回り、素朴で酸味のある『旭』がお店に並ぶ事は少なくなりました。
なので『幻のリンゴ』なんて言われているとも聞きました。




どんな作物にも手間はかかるけどリンゴも同じ。
立派に育ちそうな実だけを残す作業(摘果(てきか))や、保護のために袋をかぶせる作業、大きくなると袋を外し、日光にあたるように余分な葉を落とす作業など、沢山の手間がかかるそうです。
でも、ここで育ったリンゴは老人ホームなどに贈られ、とっても喜ばれているそうですよ。

160820りんご並木03.jpg




■ リンゴ並木の癒し効果

街の中の大きな道路は、それでなくても渋滞したりイラついたりする。
そんな時、たわわに実るリンゴの木を見たら、誰もがみんな 『あら〜〜〜^^』って気持ちがほんわかしちゃうよね。

160820りんご並木02.jpg




♩リンゴはなんにも言わないけれど、りーんーごの気持ちは よく わかる・・・♩
リンゴは、この並木を通る車の人たちにも、リンゴのお世話をする人たちにも、そして、リンゴを贈られる人たちにも、小さな幸せを届けたいと思っているのかもしれません。



それじゃあ車を止めて、小さな幸せを1つ・・・・
なんて、そりゃダメだべさ。




人気ブログランキングへ


スポンサーPR


posted by ぽぷら at 21:00| Comment(4) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

平岸霊園の合同納骨塚の新しい墓のありかた

先日、母たちとお墓参りに出かけたときのことです。


実家の墓地は、あの『千の風になって』を思わせる、自然に囲まれた高台にあります。
広い空、遠くに見える町並み。
雲に乗ればいつでも家に帰れそうな、そんな空を見上げては、さぞ父と兄はここでゆったり過ごしているんだろう・・・なんて思ったりします。

160820ミス前墓地01.jpg



次に行った平岸霊園の合同納骨塚には、姉夫婦が眠っています。
外に設置されている『納骨塚』と掘られた大きな墓石には、次々とお参りに来る人がやってきてはお花を添え合掌していきます。



私たちが参りをしていると、後ろに、私と同年代とおぼしきご夫婦が立っているのに気づきました。
きっと、私たちが終わるのを待っているのだろうと思い、 ”どうぞ、お待たせした” と声をかけると、奥様が手を横にふって、
「いえいえ、いいんです。実は私たち、親の『墓じまい』をしてきたんですが、ここ(平岸霊園の合同納骨塚)に入れようかと二人で相談して見にきたところでして」と言いました。
そうでしたか。
私たちはご夫婦と少し言葉を交わしたあと、その場を離れました。



昔とは違い、子どもの数が減ったうえに、先祖のお墓から離れて暮らす事が多い時代です。
ややもすれば、夫婦は両方の親のお墓もみなくちゃいけなくなるし、一方では、今だに『家制度』の考え方に縛られ、困惑している女性もいるかもしれません。
歳をとらないご先祖様に対して、生きている方はというと、だんだんと足腰が弱るのだから、遠くへのお墓参りは難しくなりますね。
『先祖代々』と刻まれた文字が、現代に生きる子ども達にとっては、ややもすれば苦しい足かせにもなるです。



父と兄が眠るお墓には、この先いつまで行けるのだろうかと、漠然と抱いていた不安が頭をよぎりました。
古い墓地に行くと、誰からも忘れ去られたような、荒れたお墓を目にする事がありますね。
ご先祖様を大切にする日本人が、あえてお墓を見捨てるようなことはしないはず。
そこには、それぞれの致し方ない事情があるからなんだと思います。



『墓じまい』『合同墓地』(合同納骨塚)の考え方は、今 生きている人たちができる、ご先祖様を大切にする1つの方法かもしれません。
平岸霊園は、札幌に住んでさえいれば、地下鉄の駅から10分も歩けばご先祖様に会えます。
あのご夫妻は、たぶん、この合同納骨塚にご両親を納骨されるでしょう。



ご両親も、子どもの傍にくるんだもの、きっと喜んでくれると思いますよ。
私がご両親だったら、ぜんぜんオッケー。 だって、子どもや孫にめんどうな心配はかけたくないもんね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『平岸霊園の札幌市合同納骨塚』
利用できるのは焼骨を持っている人が札幌市民であることです。
永代使用料は、平成28年現在、1体につき、9,100円。


詳細は札幌市の市営墓地
http://www.city.sapporo.jp/hokenjo/f3seikatu/boen/0_boen_top.html

または、平岸霊園合同納骨塚の案内
http://www.city.sapporo.jp/hokenjo/f3seikatu/boen/documents/goannai.pdf

160820ミス前墓地02.jpg




人気ブログランキングへ


スポンサーPR


posted by ぽぷら at 21:43| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

公園のカタクリの花、時計台へお嫁入り

公園のカタクリ保護区域に小さな看板が置かれていました。

160428-160428-公園の看2.jpg



内容は、『石狩管内の在来種を使って時計台に花壇を作っているので、この公園のカタクリも提供して頂いた』 という内容のものでした。
ということはつまり、時計台の花壇に、ここのカタクリが使われるってことね。
へ〜、ここのカタクリの花も有名になったみたい。



カタクリの群生を守るために、清掃や笹刈りなど、随分と手間ひまかけて、お世話をしているようでした。
中でも大変なのは、ウルシを取る事。
ウルシに触るとかぶれちゃうもね。
私なんか数年前に、まぶたがボッコし、おでこがボコボコ、首から胸にかけてはまっかっかの、両腕にも水泡ができて、そりゃそりゃ大変になった事があります。
今でも時々ボッコししてるっしょって?・・・・・それはむくんでるんです!



なので、ウルシを除去する時は、触っても大丈夫な方にお願いしているそうです。
おかげでこの場所は、カタクリにとって居心地のよい場所となったようです。
もし、この公園が、何の特徴もなかったら、今頃 草ボーボーで笹だらけになっていたかも。
田舎から都会に行ったカタクリたちは、車はビュンビュン、人ごみザワザワの中で、みんな戸惑っているかもしれませんね。



日本三大ガッカリ名所の1つ時計台。
ビルに囲まれた小さな敷地に、ひっそりとある姿が、ちょっと期待はずれなのかもしれないけれど、街の雑音を通り抜ける鐘の音を聞くたびに、やっぱし時計台はこにあってよかったと私なんかは思います。
旅立ったカタクリたちよ、ガッカリ名所の汚名を返上すべく、大志をいだいて咲いて下さいね。

160428-カタクリ.jpg



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:22| Comment(6) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

真っ黒い雪は雪捨て場の雪

町を離れると、突如こんな光景が現れます。
山のようだけど山じゃない。
黒いけど、雪なんです。

160421雪山001.jpg



ここは札幌市の雪捨て場。
冬の間、トラックでどんどん運ばれた所で、まだ溶けきらずに残っているわけです。
雪捨て場は、札幌市内に何カ所もあるのですが、ここは私の住んでいる手稲からは比較的に近い場所なので、もしかしたらウチの前の道路の雪も、この中に埋まっているかもね。

160421雪山002.jpg



春の暖かさで随分溶けたようだけど、なんせ大きな山になっているもんだから、なかなか溶けない。
高さも、まだ3m以上はあるようです。
降ったばかりの雪は真っ白だけどね、春になると、土やホコリで、外側は真っ黒になっちゃいます。


160421雪山003.jpg



この雪を、ただ溶かしちゃうなんてもったいない。
なんとか利用できないか・・・という事で、すでに、雪の再利用をしている所もあります。



それにはまず雪を貯める大きな貯雪庫を作って、冬に除雪した雪をどんどん入れておきます。
そして、貯雪庫内の冷えた空気を、夏の冷房として使うわけです。
しかもね、溶けた水は、花壇や水洗トイレの水としても使うそうです。
ウチにもそんな設備が欲しい!
でも、大きな貯雪庫のスペースが必要になるので、今のところは特別な建物だけのようです。



だからこの雪山は、何もされないまま、溶けてしまう運命です。
でも・・・できることならこの山の端っこに、長〜〜いホースを密かに差し込み、家まで繋げて、タダで涼しい生活を送りたいと、考えたりもしています。



= 北海道の人気ブログランキングに挑戦中 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:39| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

札幌の砂、お役目の後もリサイクル

冬のあいだ、道路の滑り止めに使われた砂が回収されています。
この光景を見るたびに、道路は重たいコートを脱いだようで、気持ちがよいです。
大きなブラシを付けた道路の清掃車も通るけれど、人の手で回収する作業も大変な労力ですね。

160411砂02.jpg



坂道や滑りやすい路面の傍には、袋詰めの砂が入っている専用のポストが設置されていて、冬道が滑りやすいときは、誰でも自由にその砂をまきます。
その他にも、市の専用車がまいていく場合もあります。



砂と言ってもね、海の砂じゃなく石を細かく砕いたもので、これが雪をかんで滑り止めになってくれるんです。

14.4.24 sunabako.jpg



でもね、雪が溶けてもこのまま放っておくと、今度は砂の上に足を取られたり、自転車のタイヤなんかが乗っかると逆に滑って危なくなってしまいます。
それに、大雨が降ったりしたら、配水管を詰まらせる原因にもなるので、毎年毎年、この時期になると、砂の回収が行われるんです。



時と場合で、役にも立つ時もあれば、そうでなくなる時もある。
使い分けをして、長所の部分で頑張る事が大切なんだね。
回収されたこの砂は、アスファルトの下に敷く材料になったりなど、ちゃんとリサイクルされているそうです。

160411砂01.jpg



= 北海道の人気ブログランキングに挑戦中 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:00| Comment(4) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

さっぽろ雪祭り、ここまで出来上がっています

『さっぽろ雪祭り2016』は、今まさに製作中。
今年は2月5日(金)〜 11日まで行われます。



会場は3つ。札幌中心部の大通り公園の1丁目〜12丁目と、そこから近い『すすきの会場』は主に氷の彫刻。
少し離れた『つどーむ会場』は、滑り台など、遊んで楽しい会場です。
今日は街に出たついでに、製作中の雪像の見て歩きました。



160131雪祭り010.jpg



こちらは、一般の人たちが作る雪像ですね。
皆さん、思い思いの雪像を作っています。

160131雪祭り01.jpg



おおー!お相撲さんだね。すんごく上手!!

160131雪祭り09.jpg



これはきっと肖像ね。 写真を貼付けて考えてるみたい。
その髪型、その写真のシルエット。
もしや、ジョンレノンじゃない??

160131雪祭り02.jpg




160131雪祭り05.jpg




ドラゴンボールの大雪像も製作中。

160131雪祭り011.jpg




これは、HBC国際親善広場に設けられる大雪像 『マカオ 聖ポール天主堂跡』でございます。
資料によりますと、横23メートル、高さ25.5メートル。

一番上の人物はキリスト像、その下は、聖母マリア像。
さらにその下にも、4人の聖人の像が作られているそうです。

160131雪祭り03.jpg


160131雪祭り04.jpg

それにしても、雪の彫刻が細かい!
それに、白いマリアさまが美しい
今はロープが張ってあるので近くまでは見に行けないけれど、近くに寄って見たら、きっともっときれいだべね。



おお!あの人、進撃の巨人ににらまれてる!
今にも食べられそう!!
けっこう怖いよ、あの目つき。

160131雪祭り07.jpg


160131雪祭り08.jpg




今日の夕方4時ころの気温は、-5・3度と表示されていました。
風もなく、北海道人の私には、穏やかに感じました。

160131雪祭り06.jpg




でも、日が落ちて夜になるとキーンと冷え込みます。
さらに、風が吹いていると一気に体感温度が低くなって、道民の私も鼻水が出来ちゃうくらい寒さを感じてしまいます。
道外から雪祭りに来られる場合は、がっちり まかなって(身支度して)きて下さいね。
服装は、暑かったら脱げるような重ね着がいいです。
あとからラーメンなんか食べたらもう暑くなって脱がずにいられなくなっちゃいます。



マフラーやスカーフなどで、首の回りの保温も忘れずに。
帽子は保温効果と転倒したときにヘルメットの役目を果たしてくれます。
カイロあるといいかもね。先日、スーパーに行ったら、靴の中用のカイロも売ってました。





服装ばかりではなく、地面も凍っているので気をつけて。
得に、横断歩道との境めは要注意!
白線も滑ります。
鼻水が出ちゃうから、ティッシュはすぐ取り出せる所が便利です。




雪像作りは最後の追い込み。
寒い中、大変ですが、頑張って下さい。



2016 さっぽろ雪祭り公式サイト
http://www.snowfes.com/place/odori/index.html



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:51| Comment(6) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

広ーい雪原の向こうに見えるのは手稲山

広ーい雪野原。
歩いた人は誰もいなさそう。

160110手稲山.jpg



でもここは札幌、手稲区の端っこです。
石狩平野の上にできた札幌は、今では殆ど町になってしまったけれど、ここにはまだ、広く見渡せる所が残っています。
遠くまで見えるっていいね。
手稲山の下に見える白いスジはスキー場です。



今は白一色だけれど、ここは牧草地。
昨年の6月には、こーんな牧草ロールが転がっていたんですよ。

160126 牧草ロール150618の.jpg

160126 牧草ロール150618の2.jpg


= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:45| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

札幌の雪は、比べてみるとこれだけ少ない

札幌雪祭りの準備が始まったそうです。
大雪像の骨組が組まれて、これからどんど雪を運び入れます。
でも今年は雪が少ないっしょ、雪祭りの雪を集めるほうは大変だべね。



例年と、どのくらい雪が少ないか比べるものはないかしらと思って、手稲神社の境内を撮った写真を見てみる事にしました。

まずこちら、一昨年の平成26年(2014)のお正月の写真です。

回りは雪かきした雪でいっぱいですね。
参道も、踏みしめられた雪道になっています。

14.1.6teinejinnjya.jpg




次に、こちらは昨年平成27年(2015)のお正月の写真です。
やはり、歩道の横には避けた雪がありますね。

15.1.9teinejinnjya2.jpg


15.1.9teinejinnjya001.jpg




そして、今年のお正月。

おお、なんと広い境内!
雪かきのスコップを刺したくても刺せる雪がない!
参道にも雪はなく、地面が見えていますね。

160109手稲神社5日.jpg



もう何年も前の事ですが、やはり雪が少なくて、札幌雪祭りの雪を集めるのが大変だった年がありました。 その時は、祭り後半ともなると、雪像の溶けた部分の修復が間に合わずに骨組みが現れちゃってたことがありました。



雪像は、気温が高いと溶けちゃうし、雪が少ないと集められないし、ちょうど良いあんばいっていうのは難しいですね。
私は雪かきしないで楽だけどさ。




= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。


スポンサーPR
posted by ぽぷら at 10:23| Comment(4) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

真冬の札幌は、しばれて野菜も凍っちゃう?

札幌は、一旦降った雪も消えて、昨日まで積雪はゼロでした。
でもちゃんと、一夜にして・・・・・ドカッ!


151218雪002.jpg



それにしても、湿っていて重たい雪です。
例年だと、もっと寒くて雪はさらさらと軽いんだけどね。
やっぱり、北海道も暖かくなっているんだなあって感じます。



埼玉の友達が、札幌宛に野菜を送ろうと思って宅配便をお願いしたそうです。
そしたら宅配便のおじさんが、
「今時期の札幌に送るんなら、冷蔵で送ったほうがいいですよ」って言ったそうです。




友達は「 今なら冷蔵じゃなくっても大丈夫じゃないでしょうか?」って言ったら、
「いやいや、札幌でしょ?普通便で送ったら、野菜は凍ってしまいますよ。冷蔵庫の方が外の気温より暖かいですからね」
と言ったそうです。



私は、このおじさんスゴイ!北海道の事をかなり知ってるツウだぞ・・と思いました。
もしかしたら北海道の生まれかもしれない。
確かに、真冬の一番しばれる頃は、札幌でも日中でも外が氷点下になる事がけっこうあります。
自分が子どものころ、すんごくしばれた朝は、牛乳が凍って、白いところと透明っぽいところが分離しちゃっていた事もありました。



それでね、友達が私に「ぽぷらちゃん、札幌はすんごく寒いんでしょ、やっぱり凍っちゃうの?」って聞くんです。
” そうだねえ、少なくても、今の札幌じゃあ、野菜が凍って届くって事はないと思うよ” と答えました。
流通の仕組みも、家の作りそのものも変わったし、加えて温暖化だしね。



宅配のおじさんが知っている冬の札幌って、どの時代の事なんだろう。
もしかしたら、石炭ストーブを使っていた時代かな。
牛乳が凍って分離しちゃう事を知っている世代かも。
うす氷のはった、しゃっこい漬け物を、バリバリかじった世代だったら懐かしい。
宅配便のおじさんの、話しを少し、聞いてみたくなりました。

151218雪001.jpg

= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:12| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

札幌ドカ雪、11月に40センチ

札幌で11月に積雪が40センチを超えるのは、62年ぶりとのことだそうです。
かろうじて私は初体験。
湿った雪の雪かきは、重くていくらなんでもキツすぎる。
終わる頃にはくたびれちゃって、スマホで言うなら電池の残量が殆どない赤メモリ状態。
アゴが出ちゃうわまったく。



1時間くらい、コーヒーを飲み飲み、ボーっと充電。
したら銀行に行ってきます。
歩道はザクザクで、足が取られて歩きづらいです。
枝道のを走る車は、まるでポンコツ自動車みたいにガタガタお尻を振って進んでいました。



151125雪008.jpg


151125雪004.jpg



こんなに降っておいて、週末にはまた暖かくなるそうだから、この雪はぜーんぶ溶けてしまうのかもしれないですね。
使った体力がムダに悲しい・・・・・
いえいえきっと、神様が、日頃の運動不足を案じてのことでしょう。
きっとそうです、そうに違いございません!
そう思えばこのドカ雪に、感謝する気持ちが湧いてくる?・・・・・いやムリムリ。




= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:29| Comment(6) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

戸惑いのドカ雪

朝になったら外は真っ白でした。
湿った雪で、道路はベチャベチャ。通る車がジャジャーっとシャーベットになった雪を跳ね上げています。



街へ出かけるので慌ててブーツを出しました。
髪も濡れちゃいそうだから、傘もさして出かけましょう。
水がしたたるベチャベチャのおババになったら、リアルに山姥になっちゃうもね。

151124雪001.jpg



ところがです、しばらく歩くと、靴の中がちょっと冷たい。
あちゃ、この靴、しみてきてる?
土踏まずの部分の靴下が濡れているみたいです。
横断歩道に踏み出す所は、車の避けたベチャベチャ雪が固まっていていやだなあ。
あらら、靴の中の冷たい部分が拡大してきたみたい。



まずは札幌テレビ塔の東側にある、神社の前を通る。
七五三というより初詣が似合いそうな景色です。
北海道神宮??ここにも北海道神宮があるのか???と思ったら、頓宮(とんぐう)って書いてあります。
あとで調べてみたら、頓宮(とんぐう)とは「仮りの宮」という意味で、いわば北海道神宮の出張所。
北海道神宮までは遠いという人のために、ここでもお参りできるように建てられた神社だそうです。

151124雪002.jpg

151124雪003.jpg



うわあ、雪がくっついてる。
あんた誰・・・

151124雪009.jpg



さて1つ目の用事を済ませたので、ここからは地下通路を通って行きましょう。
こういう天気の時は地下は歩きやすくて助かりますね。

151124雪004.jpg



再び地上に上がって道庁赤れんがの前を通過。
雪囲いの職員さんも大変そう、急がなくっちゃいけないもね。

151124雪006.jpg



道庁の前の池もすんごい状態です。
カモが雪の積もった水面を進んでいます。胸でガガガっと押しながらまるで流氷観測船みたい。
足、冷たいっしょ。
実はさ、私も冷たいのよ。

151124雪007.jpg


151124雪008.jpg



二つ目の用事を済ませて帰宅した頃にはもう、靴の中はビッチャビチャ。
靴下を脱がなきゃ上がれない状態です。
新しい靴を買わなくっちゃいけないみたいだね。



いきなりドカっときた雪に、狛犬も雪囲いのおじさんも、カモも私も、みんな戸惑っているみたい。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:15| Comment(4) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

定山渓ホテルのお得なプランに泊まったよ

90歳に届く母と姉と私たち夫婦で定山渓温泉の定山渓ホテルに一泊してきました。
『平日限定 お部屋指定無しでオトクに定山渓 和洋中韓バキング!』ってプランです。


定山渓ホテルの温泉は、とにかく広ーいお風呂が自慢。
どんなプランか、レポートいたしま〜す。


151105定山渓ホテル01.jpg




館内はすでにクリスマスの雰囲気です。

151105定山渓ホテル03.jpg


151105定山渓ホテル02.jpg




広いエレベーターホールには、北海道の野生の生き物たちの剥製が置かれていました。
ヒグマやエゾシカ、ゴマフアザラシ、そしてイノシシ・・・イノシシ??
イノシシはきっとお客さんだね。


151105定山渓ホテル08.jpg


151105定山渓ホテル23.jpg




部屋までの廊下がけっこう長い、ほとんど行き止まりくらい。
私たちの部屋は、ちょっと古いタイプの部屋です。

151105定山渓ホテル04.jpg




でも、8帖に縁側があって、入り口の踊り場も広く、あずましい(ゆったり)かったですよ。
それにトイレはウォシュレットだから快適!
お風呂はついていないけど、いらないもんね。

151105定山渓ホテル09.jpg




あ、川側の部屋だね。
川のせせらぎを聞きながら過ごせるなんて、いいんでないかい。

151105定山渓ホテル17.jpg


151105定山渓ホテル18.jpg




お土産物屋さんは1階、あと、コンビニのようなお店が1階の奥にあります。
このお店がけっこう重宝で、お酒やおつまみ、化粧品、栄養ドリンクなどが置かれていました。

151105定山渓ホテル06.jpg


151105定山渓ホテル05.jpg


151105定山渓ホテル07.jpg




さて、温泉のお楽しみ!夕食でございます。

151105定山渓ホテル13.jpg


151105定山渓ホテル10.jpg


151105定山渓ホテル11.jpg


ん!このステーキは柔らかい!
沢山のお肉を焼いているから大変でしょうに、ちゃんといいあんばいのミディアムです。
ほらねほらね。
あと、エビ天のエビがプリプリしていて、お世辞ぬきに美味しかった。

151105定山渓ホテル12.jpg




エレベーターの中に、椅子が置いてありました。
母のような高齢者にとってはありがたい心づかいだなあと思いました。

151105定山渓ホテル15.jpg




いよいよお待ちかね、温泉に入ろう。
定山渓ホテルの温泉は、800坪もあるという広いお風呂です。
でも、もう1つのお風呂は、その半分以下という広さ(それでも広いんだけど)なので、2時間45分で左右のお風呂が男女入れ替わります。
お風呂に入る時は、時間をよく確かめて入りましょう。




大浴場の広さはハンパじゃないよ。
大きなお風呂が5個くらい?その他に滑り台やプールもあります。
人がけっこういても、混んでる感じがしないですね。
定山渓のほかのホテルにも泊まったことあるけど、お風呂では、このホテルの大浴場が一番好きだわ〜。

151105定山渓ホテル16.jpg



お部屋の案内雑誌の中に、大学の先生がおっしゃったという新聞記事のコピーが入っていました。
それによると、
『温泉は生ものなので、地下からわき出して空気に触れたとたんに酸化が始まる。だから、お湯を循環させているお風呂は酸化したお湯に浸かることになる。かけ流しのお風呂こそが本当の意味での温泉と言えるのではないか』というのです。
なるほど!わかりやすい。
お風呂上がりの汗をふきふき、川のせせらぎを聞きながら過ごす時間は、とってもいいね。

151105定山渓ホテル14.jpg




朝食です。
ここにきたらぜひパンを食べてみて下さい。
私、びっくりしたも、美味しくて。ウソでないって。
パンが置かれているテーブルの向こうにはオーブンがあって、その距離2メートルくらい。
オーブンから直接でテーブルみたいなもんだもね。 あんまり美味しいかったから、おかわりしに行ったら、別の女性のお客さんも、
「売ってくれないんですか!」って聞いていました。
レストランの男性は
「え、ええ、申し訳ございません」って言ってたけれど、私も、余ったパンがあったらわけてもらいたいって思ったくらいでした。


151105定山渓ホテル19.jpg




定山渓ホテルはチェックアウトが11時だからゆっくりでいいね。
最後は会計を済ませます。二人一部屋づつの利用でも、1名あたり6500円でした。





ここで先日買った『札幌市プレミアム旅行券』の登場!!
宿泊料金のほかに、レストランで飲んだアルコール類の料金もまとめてこの券で支払うことができます。
バッグから サ!!
「これで、お願いします」
「かしこまりました。あのお客様、この券にはお名前がございませんが・・」
「はあ??」
券には1枚1枚、名前と住所を記入せねばならなかったのであった。
1000円券と5000円券合わせて18枚。
旦那さんに手伝ってもらいながらやっと書いて出したのでございました。


レポートおわり。


151105定山渓ホテル20.jpg


151105定山渓ホテル22.jpg




最後までご覧頂きありがとうございました。
ホテルに滞在中、びっくりしたお婆ちゃんを二人も見ました。
よろしければ明日また、聞いて下さいませ。


楽天から定山渓温泉 定山渓ホテルのプランをさがす。

じゃらんから定山渓ホテルのプランを探す。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 00:01| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

北大イチョウ並木2015見頃は今週いっぱい?

今日は暖かな一日でした。
北大のイチョウ並木を見に行こうっと。


151103北大イチョウ004.jpg




毎年のことながら美しいです!


151103北大イチョウ007.jpg


151103北大イチョウ009.jpg




イチョウの木を見上げている人の表情は、みんな幸せそう。
この景色を見ると、心がほんわかしてくるもね。
そういう私も、ほんわかしながら口もほんわか開いていたように思います。




151103北大イチョウ011.jpg


151103北大イチョウ005.jpg


151103北大イチョウ013.jpg


151103北大イチョウ002.jpg


北大構内の北13条通りの所にあるイチョウ並木は、約380メートルにわたって70本のイチョウが植わさって(植えられて)いるそうです。
植えられたのは1939年というから、堂々の貫禄ですね。




151103北大イチョウ010.jpg


151103北大イチョウ008.jpg



銀杏がわんさかなってて、もう押し合いへし合い!
風が吹くとポタッと落ちるもんで、小さな子が
「なんか落ちた!!」と見上げていました。首、折れそ。


151103北大イチョウ012.jpg


151103北大イチョウ003.jpg


151103北大イチョウ006.jpg



銀杏は触るとかぶれてしまうことがあるそうなので、敏感肌の方はお気を付け下さいね。
北大銀杏並木の見頃は今週いっぱいかなーと思います。
札幌駅北口から、まっすぐ歩いて15分くらいです。




帰宅したらすでに、本日10000歩達成!!
奇麗な景色を見ながらだと、歩くのもらくちんだね。



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 20:31| Comment(6) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

遠い道のりのプレミアムつき札幌旅行券

『ようこそさっぽろ 札幌旅行券』っていうプレミアム付き旅行券は、なんと8,000円で10,000円分使えるお得なチケット!!
使えるのは札幌市の宿泊施設や観光施設なのね・・・・ってことは、定山渓温泉に行くのにはぴったしでしょや!
旦那さんは先月から休みナシで働いてくれているし、落ち着いたら温泉にでも行きたいわあと思っていたところでした。



なになに、この販売方法は二つか。
■ ローソンチケットのチケット販売サイト「ローチケ.com」から購入。会員登録が必要。
■ ハガキ応募による販売(終了)
ハガキによる購入なら簡単にできるけど、「ローチケ.com」となると、熟女な私にはちょっと尻込みしちゃう方法です。
だけど2割安と聞いちゃあ、ややこしそうなパソコン操作なんか、なーんもさ!



えーとまず、インターネットの「ローチケ.com」のサイトで会員になって、『ようこそさっぽろ 札幌旅行券』の購入画面までこぎつけました。
なになに2択から選ぶのね。
旅行券をローソンの店舗で受け取る、又は配送で受け取る。
私は店舗での受け取りにしたので、そこに表れた番号を忘れないように印刷する。



ローソンに行ったらロッピー(LOppi) という機械に番号を入力する。
ロッピーってってどれ?お店の中を2週しちゃった。
目立つ赤い色の機械なのにやっと見つけた。こ、これか!!



操作はお店の人に助けてもらう覚悟でポチポチやってみる。ヤッタできた!半分偶然!
すると、レシートみたいな券が発行されました。
あとはその券をレジに持って行けばいいんだね。



「あの、旅行券下さい」
さっきは必死でポチポチ操作してたけど、レジではちょっと ”慣れっこよ” みたいな顔していたかも。
それにしても、この旅行券が手に入るまでは、けっこうな道のりでした。
旅行券だからね。

151020旅行券01.jpg

札幌旅行券はインターネットでは、まだ買えるようです。>>

北海道プレミアム旅行券はこちら>>




= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:45| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌のバスから地下鉄に乗り継ぐ方法

JRバスから地下鉄へ乗り継いで行かなくっちゃいけない用事ができました。
バス停で待つこと数分、あ、バスが来た。
バスは私の前に滑り込むと、ドアがシュパーっと開きました。
(アナウンス)『整理券をお取り下さい。地下鉄宮の沢駅行きです』
整理券は忘れずに取ったぞ。車内をキョロキョロ。
一番後ろのシートが空いてるわ。



いくつかのバス停を通ったあとに、次は終点、地下鉄宮の沢駅です。
(アナウンス)『地下鉄に乗り継ぎの方は、運賃に120円を加算した料金を料金箱に入れてから乗り継ぎ券をお取り下さい。なお、運賃は運賃表をご覧下さい』
な、なになに?
アナウンス長過ぎ。
120円を加算って言った??
乗り継ぎ券ってどこから出てくるの?
とりあえず運賃はいくらかな・・・・っと・・ええ!! なんと、私の目はもはや、後ろの席からでは先頭に表示されている料金表がぼやけているのであった。
プチあせる。
それに120円をプラスした料金・・・えーっといくらいくら?・・・・さ、さんびゃく・・・330円!



あらま、小銭がない!って事は千円冊を両替か・??ややこしい・・・・・
一番最後に降りましょう。それから運転手さんに、
「両替の1000円札はどこに入れるんですか?」とか 「乗り継ぎ券はどのボタンですか?」
とか聞きまくり。
優しい運転手さん、手渡しで乗り継ぎ券をくれて、ありがとうございました。



■ 運賃に120円をプラスした料金をバスの料金箱に入れる
■ 『乗り継ぎ券』をもらう。
■ 『乗り継ぎ券』で、そのまま地下鉄の改札を通る。

151019乗り継ぎ券001.jpg



地下鉄に乗車。
地下鉄西18丁目駅で下車。
改札を通ろうとしたその瞬間、ハっと気付いて方向転換!
改札機の手前にある『精算機』で乗り越し料金を支払わなければならなかったのだ(乗り継ぎ券だけでは1駅まで)。
危なかった、これを忘れて改札を通ると、♩ピンポンピンポーンと音がしてゲートが閉じてしまうところだった。



『精算機』に券を入れると、50円の表示が。
■ 精算機で切符を清算する。
こうして改札は無事クリアしたぜ。


151019乗り継ぎ券002.jpg

151019乗り継ぎ券003.jpg



帰り道、地下鉄駅からバスに乗り継ぐ場合は、乗り継ぎ用券売機で、あらかじめ『バス+地下鉄+清算額』料金の券を買う。
地下鉄を出たらそのままバスに乗る事ができるから楽勝さ。おーほっほっほ・・
えーと、それで『バスへの乗り継ぎ用券売機』ってどれじゃ??・・・こっちか?・・あっちか??・・。



色々と考えながら公共交通に乗るのは頭の体操になるかもしれないけれど、なんだかドギマギじちゃって、回りの方にも迷惑かけちゃいそうです。
やっぱし、バスや地下鉄の運賃が簡単に払える『スイカ』(Suika)っちゅうのカードを使ってみようかな。



https://www.jreast.co.jp/suICa/use/chrg/





= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 00:22| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

新日本三大夜景になった札幌藻岩山

札幌の夜景が、新しい日本の三大夜景のNO2に選ばれました!!ヤッタ!!
藻岩山から見た夜景は、そりゃそりゃもう美しいのでございます。
私が見たのは・・・・・・えーと・・・・10年以上前の事か! 古いっしょ!
でもそのときでさえ、奇麗な夜景に感動したんだから、きっと現在では、その光りの数たるや一段と増えているのでしょうね。


151015道新001.jpg



■ 藻岩山展望台からの夜景がはなぜにこんなに美しいのか。

■ 高さがちょうどいいから立体的!
藻岩山の標高は531m。
近すぎず、遠すぎず、建物のシルエットや豊平川の様子など、札幌の街が目の前にしかも立体的な広がります。


■ 近いから、クリアに見える!!
札幌市内の景色が近いので、車のライトがゆっくり動いているさまも見えて、まるでジオラマ。
いつまで見ていても飽きない面白さがあります。


■ 冬になると、街の灯りが雪に反射して、宝石箱のような夜になる。
冬は空気がきれいです。
とくに、雪が降ったあとは、空気中のチリなどが雪に洗われるので、空気は限りなく透明。
そのうえ、あたり一面雪で真っ白の札幌は、灯りが雪に反射して、その輝きはまるで宝石。




新しくなった藻岩山展望台に行くには、中腹までは『ロプウェイ』か『藻岩山観光自動車道』を、そこから山頂までは『もーりすカー』を利用します。
『ロプウェイ』+『もーりすカー』 だと、合わせて往復1,700円(1人)、札幌市民1,000円。
もしくは、藻岩山観光自動車道(一般乗用車1台660円)+ もーりすカー600円(1人)。
もうちょびっと安くして!したら何度でも行っちゃうんだけどな。
藻岩山へは、標高531mの高さにちなんで、毎年5月31日になると色々な特典がついてお得。この日を利用するのもいいかもね。
札幌藻岩山展望台のhpはこちら >>


個人的ではございまするが、藻岩山展望台には当事務所の撮影による案内パネルが設置されています。

<関連記事 >

アイヌの人達を病気から守った藻岩山
http://dabesatuusin4.seesaa.net/category/22374015-1.html

新しくなった藻岩山展望台の案内パネルに、当社の写真が使われています。
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391996180.html

藻岩山の謎だった白い塔
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391994920.html

空から見た藻岩山は優しい恐竜に見える
http://dabesatuusin4.seesaa.net/article/391995466.html?1472881854

もいわ山ロープウェイ料金・・他 詳細
http://moiwa.sapporo-dc.co.jp/guide/business_hour.html




面白かったらポチっとね。

人気ブログランキングへ



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:04| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

札幌のル・トロワにはどんぐりも入ってる

9月12日、札幌大通りのテレビ塔向かいに、新たな商業施設が誕生しました。
見上げたビルの上には、大きなサイコロのような蛍光看板が掲げられています。
「なにあれ、丸3って書いてある、へんなの」
旦那さんは、「あれはな、レ・トワロ? レトルト? ルトアニア?わかんないけど、ここのマークよ」と言いました。



それは、『ル・トロワ(Le trois)』。
『キレイ、ステキ、オイシイの3つの幸せを集めた』がコンセプトで、美容関連のお店や雑貨店、スイーツから和食までのお店が集まった商業施設です。



そのル・トロワの1階に入ったのが、『どんぐり』という人気のパン屋さん。
こんな便利な所で買えるなんて嬉しいね、買っていくか。
『どんぐり』は、そりゃそりゃもう大変なお客さんで混雑しています。
他の人にも教えてあげたいな。

150930-パン屋どんぐり001.jpg


150930-パン屋どんぐり002.jpg



いくつか買ってお店を出たあとに、ふり返ってそのビルの名前を確認してみる。
えーと、なんてところだっけ?
「(Le trois) レトロイズ?」
ああ、私にも、まったくもって覚えられない&読めない名前。


150930-パン屋どんぐり003.jpg



誰かに教えるとき、たぶん名前は思い出せないと思われます。
そうなったら、もう熟女トークするしかほかはない。
”大通りのテレビ塔あるっしょ、ほれ丸井さんあるとこ、そこそこ、その向かい。ポワロだかトワロだかってビルだけど、ま行ってみればわかるって、3番っておっきな看板が屋上に立ってるから。『どんぐり』は1階だからわかるって”
熟女同士の会話が長い原因の一つは、このように、遠回しになっちゃうからなのであった。


キレイのランドマーク「Le trois ル・トロワ」
http://www.le-trois.jp/




= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:41| Comment(4) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

札幌プレミアム商品券の在庫のお店を検

札幌のプレミアム商品券を買いました。
1,100円の券が10枚セットで1万円。
という事は、1,000円のお得!



平成28年1月31日まで、札幌市内の登録したお店(約7,400店舗)で使えるそうで、郵便局やセイコーマート、それに指定の商店街、札幌商工会議所で販売しているそうです。



もうとっくに売れちゃっているだろうなあと思っていたら、プレミアム商品券の残っているお店がネットで検索でるんですね!
このページから検索すると便利!
https://area31.smp.ne.jp/area/table/4269/9A0fg7/M?detect=%94%BB%92%E8&S=ldthr2mfkgn
すると、なんと、近所のセイコーマートにもまだ残っていたお店がありました!行ってこよ!!



札幌市民でなければならないので、買うときは市内居住を確認できるものが必要です。
自分宛に届いた郵便物でもいいそうですよ。

150827プレミアム商品券.jpg


= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:03| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

桃が出ましたよ・・高坂果樹園さん

実家の母と姉様と一緒に、今日は朝からお墓参りに出かけてきました。
あっちのお墓とこっちのお墓に行くんだけれど、そのまえに、途中で立ち寄る果樹園でのお買い物がまた、楽しみだもね。



南区にある高坂果樹園さんにお店の前に着くと、桃のあまーい香りがそこいらへんに漂っていました。
ん〜〜〜〜思わずスーハースーハー深呼吸。
『おいしいよ〜』って書いてある!こりゃ美味しいに違いないね。


150811高坂果樹園001.jpg


150811高坂果樹園003.jpg


150811高坂果樹園002.jpg


さて、甘い香りに癒されたあとは、気合いを入れていきましょう。
墓地までの道すがらの電柱に、熊出没注意の看板が!
なんだか出そうな雰囲気だもね。
観光土産ではなく、本物の『熊出没注意』でございます。

一人ではこの道は歩けそうもない、ムリムリ。

150811高坂果樹園006.jpg


今日は平日にもかかわらず、札幌の大きな道路はとても込み合っていました。
羊ヶ丘通りなんか、信号が青になっても進まなくって3回待ち。イラっときちゃうけど仕方ないか。
お盆にかけてはもっと混雑するかもしれませんから、イライラっときたら街をちょっと抜け出して、果樹園で甘い香りに癒されてみてもいいかもね。


高坂果樹園さんの住所と地図。

150811高坂果樹園005.jpg


150811高坂果樹園004.jpg



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:45| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

さっぽろライラックまつり2015始まるよ

『札幌の木』ライラックの花が咲き始めました。
ちょうど目の高さに咲いてくれるのがいいね。

150513ライラック01.jpg



そこで木になる気になるのが、毎年楽しい催し盛りだくさんの 『さっぽろライラックまつり』。
2015年の今年は、大通り会場が5月20〜31日。
下川会場が5月30〜31日に予定されています。



ライラックまつりのサイトより勝手におすすめする = 耳より情報 =
◎その1・・・北海道産ワインの食べ合わせ味覚体験ができる!(大通り7丁目)
まずは美味しいワインで気分もライラックまつりにしちゃう。


◎その2 ・・・ ライラックの苗木がタダで貰える!(大通り6丁目)
ライラックの苗木、1500本が無料で配られます。


◎その3・・・ 野菜や花苗の販売があります。(大通り6丁目)
ライラックまつりで夕飯の食材も揃えられちゃう。


◎その4・・・北海道食材による外国料理のお店がでる。
家族に美味しい料理を味わってもらうための勉強として、ここでランチを楽しむ、あいや勉強する。(大通り6丁目)


◎その5・・・似顔絵を書いてくれる。(大通り5丁目)
以前、似顔絵を書いてもらったことがあります。(そのときは100円)
実際よりも、ちょびっと美人に書いてくれるところがいい。
5月23日(土)・24日(日) 11:00〜16:00


◎その6・・・お宝無料鑑定&アンティークマーケット(大通り5丁目)
我が家にお宝があるという方必見!鑑定団に応募しなくてもタダで鑑定してもらえるチャンスですゾ!!
5月20(水)〜22日(金) 10:00〜16:00
5月23日(土)・24日(日) 11:00〜16:00


◎その6・・・麦わら細工体験コーナー
道産小麦「春よ恋」の麦で、装飾品づくり体験ができる!(大通り5丁目)
以前、工作体験をした事があります。
丁寧に教えてくれるので、ぶきっちょの私でも安心でした。



ライラック香る季節、足を運んでみてはいかがでしょう。
さっぽろライラックまつりのサイトはこちら
http://lilac.sapporo-fes.com/

150513ライラック02.jpg



ライラックの花言葉
白…年若き無邪気さ青春の喜び
紫…恋愛のはじめての喜び。



人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:22| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

白い恋人パークのプチ幸せの贈り物

お菓子の『白い恋人』を作っている工場を兼ねた『白い恋人パーク』は、ここ手稲(札幌)からは車で10分ほど。
昨日は連休でやってきた内地(本州)のおばちゃんを、『白い恋人パーク』での買い物にご案内しました。



ところがさすが、観光バスがずら〜り&連休真っ最中という事もあって、ショッピングゾーンは高密度の大賑わい。
「おばちゃん、白い恋人はこっちの棚だよ。レジは・・・・あ、こっちこっち、 ”最後尾”の看板もってるおじさんとこだ・・・・」
列に並ぶのも一苦労。
買い物を済ませたあとは、一端外にでる事にしました。

150504白い恋人パーク004.jpg


150504白い恋人パーク001.jpg


150504白い恋人パーク002.jpg


150504白い恋人パーク003.jpg






時刻はちょうど夕方5時に。
パーク内に音楽が鳴り始めたかと思うと、あちこちからシャボン玉が飛び出してきました。
時計塔や、建物の壁に仕掛けられた人形も動きだしたもんで、 75歳のおばちゃんは、
「うわあ〜〜〜きれい〜〜写真撮って〜」と、プチはしゃいじゃう。
パーク内の人たちも、みんな楽しそうな顔をしているね。

たーっくさんのシャボン玉はパーク内を漂い始めました。
それを見ていると、不思議と幸せな気持ちになっちゃう自分もいる。
漂うシャボン玉が、ほっぺたにあたってプチュッとはじけました。
と思ったらおでこにもプチュッ!
キャワキャ!!キスされちゃったみたいでないかい!


150504白い恋人パーク005.jpg


150504白い恋人パーク006.jpg


150504白い恋人パーク007.jpg


150504白い恋人パーク008.jpg


虹色のシャボン玉たちは、みんなに見上げられながら、時計塔の上に昇って行きました。
誰かに小さな幸せを届けるのがシャボン玉の仕事かもしれないね。 ほらまた、あそこの女の子も笑いました。 笑顔を見たシャボン玉は、すーっと空に登ってプチっと消えてしまいましたとさ。



人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:38| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

札幌雪祭り、夜の雪像を見せる大作戦

「飛行機の切符がとれたから、孫(青年)と雪祭りにいくわね。夜の雪像が見たいのよ」
内地の叔母から、そんな連絡が入りました。
ところが色々話しを聞いていると、どう考えてもJR札幌駅到着は夜の9時30分頃になるのです。
大通り公園の雪像のライトアップは夜の10時でおしまい。
しかも予定は1泊2日、そりゃいくらなんでもキツ過ぎる。
その事を伝えてると、「いいのよ、雰囲気だけでも見られれば、どうせ次の日は、昼間の雪像をゆっくり見れるから」という返事が返ってきました。
かくして、ライトアップされた雪像を叔母に一目だけでも見せるぞ大作戦が始まったのでありました。



旦那さんと私は、叔母たちを少しでも早く発見するために、空港から到着する列車のホームで待つ事にしました。

15.2.7土浦雪祭03.jpg

9時27分到着・・・列車のドアが開くと同時に人の大波!
わわわ、見えない・・・見えない・・・・・
目をこらしているうちに、人の波はどんどん階段に吸い込まれていきます。
ホームの人影がまばらになった頃、見覚えのある姿と青年が、回りをキョロキョロしています。
おばさ〜〜〜〜ん!
タイムリミットまであと30分。

15.2.7土浦雪祭り01.jpg






”ご無沙汰しております〜”挨拶もほどほどに、80歳の叔母の脇をかかえ、手すりをつたって階段を降り、改札までゆっくり急ぎで進みます。
大通り会場まではここから地下鉄で一駅だけど、叔母の体力を考えタクシーに乗る事にしました。
そこで叔母が言いました。
「トイレない?私、トイレ近くって。」
と、トイレか! そうだよね、レディにとってトイレは必須。
タクシーに乗るまえにお手洗いを済ませなきゃ。
”こっちですよ”
こういう時のトイレまでの道のりって遠く感じちゃう。
イチニ、イチニ、と歩いてようやっと、トイレ到着!
ところが女子トイレは、外の通路まで並んでいます。
ああ、時間切れだわ。
タイムリミットまであと20分。



すると叔母は、組んでいた私の腕をスッと外して男性トイレへと入って行くじゃありませんか!
え、え〜・・・・・・!!
待つ事5分。
「お爺さんが生きてた頃は、一緒に行った旅行先で時々こうしてたの。要領いいでしょ。さ、行きましょうか」
お、お〜・・・・・・・
時計を見ると、タイムリミットまであと15分であった。



駅前のタクシー乗り場には、さすがズラリとタクシーが待っていました。
”大通り会場のできるだけ近くまでお願いします!”
タクシーの運転手さんは、慣れたハンドルさばきで、駅前通りを一直線に走り出しました。
ところが急ぐ時に限って信号が黄色になっちゃう。
しかも、スクランブル交差点は、あっちが青になったら次はそっちが青になって、その次にこっちが青になる。
意地悪としか思えない信号は、次の交差点でもまたまた黄色。
そして大通りの灯りが見えてきた頃。
「交通規制なもので、ここでいいですか?」と運転手さんは言いました。
タイムリミットまであと7分。



15.2.7土浦雪祭02.jpg

さあ、ここからは歩きますよ。
叔母の腕をしっかり抱えているので、どっちがが滑って転べば両方道連れ。
ほ、ほら、見えてきましたよ、次の信号さえ渡れば会場です。
さすがに叔母も、フーフーと息をきらしています。
そ、そっか。私ったらいつのまにか、早歩きで叔母を引っ張っていました。
タイムリミットまでもうわかんない。



15.2.7土浦雪祭04.jpg

15.2.7土浦雪祭05.jpg

信号を渡り、人ごみをかき分け、おお〜、スターウォーズの雪像到着!!
「やっぱり夜はライトがあたっているから違うわねえ」そうですね・・・・・
”皆様・・・これにて本日のライトアップは終了でございます・・・・・”
パッ!・・・・・・・・・



「間に合ってよかったわ。孫にも見せる事ができたし」



そのあとは、夜の11時までやっているという『すすきの会場』を見学してから遅い夕食。
二日目は、お孫さんとゆっくり雪祭りを見てからまっすぐ空港へ戻るということで、私たちはホテルでお別れしました。
お疲れさまでした。

15.2.7土浦雪祭06.jpg

15.2.7土浦雪祭07.jpg

15.2.7土浦雪祭08.jpg



人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:39| Comment(9) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

石屋製菓は雪だるまがいっぱい

お菓子『白い恋人』の石屋製菓。
毎年 冬になると、建物の壁いっぱいに雪だるまが並びます。
今年もいっぱいいるんでないかい。


15.1.31石屋製菓001.jpg


15.1.31石屋製菓002.jpg


15.1.31石屋製菓003.jpg


15.1.31石屋製菓004.jpg



人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 20:46| Comment(8) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

この横断歩道は白と赤茶色

国道5号線を西区から手稲方面に入ったあたりに、白と赤茶色の横断歩道があります。
なんでもこの横断歩道は、雪が降った道路でも目立つかどうかを試験的に行っているんだとか。



確かに白だけのシマシマだと雪に隠れて目立たないけど、赤茶色が入るとグンと目立ちますね。
これで効果があれば、これからどんどんと増えるかも。



でも目立つのはいいけれど、横断歩道のあの白い部分がすんごく滑りませんか?
私はなるべく白を避けて歩くようにしているけれど、赤茶色の部分も滑るんだったら困るな。
そのあたりも研究も、どうぞよろしくお願いいたします。


15.1.27横断歩道.jpg


人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:30| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

道路の雪、てんこもり

札幌の中心部。
両側に、雪が山のように積まれています。


15.1.24中央区001.jpg



夏の間は2車線を確保されている道路も、真冬は1車線になるから、それだけで渋滞になります。
実は札幌の道路が広いのは、冬の雪の置き場所を確保する為でもあるそうです。
でもね、もうすぐ札幌ゆき祭りが始まるっしょ。
だからこのあたりも、もうすぐ一斉に排雪作業が入ると思います。



鴨々川も凍ってる。

15.1.24中央区002.jpg



帰りはちょっと西区の実家へ寄ってみました。
西区でも山の方で雪が多い所です。
広い道路は除雪されてはいるものの、両側の雪は層になって崖っぷちみたいです。

15.1.24ふくい002.jpg



したっけさ、住宅地に入ったとたん、すれ違いもできないくらいの狭さになってる!
いくらなんでも多いんでないかい。


15.1.24ふくい001.jpg


早く排雪、入ってほしいね。
<札幌市西区福井>



人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 00:34| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

定山渓温泉から定山渓ダムへ寄り道が楽しい

『 昔の写真で出ていますシリーズ 』
過去に写した写真を整理していたら、このままお蔵入りするのが いたましく(もったいないく)なってきました。
ブログの話題にもなっちゃうし、一石二鳥!!
それで、カムバックしてみる事にしました。



札幌市南区にある定山渓ダム。
このダムは、重力式コンクリートダムという種類のダムで、日本で一番多い種類のダムだそうです。
両側の岩盤の強度があまりないので、とにかくコンクリートをいっぱい使って厚みを作って水をせき止める方式です。
つまり、ツッペ(栓)方式だね。


05 定山渓ダム001.jpg


05 定山渓ダム002.jpg



黒部ダムのように、美しい曲線で厚みがあまりないダムもありますよね。
黒部ダムはアーチ式といって、両側の岩盤がしっかりしているので、アーチ型に作って水圧を岩盤に分散させるダムです。
天井の角に手足を壁におしつけてはりついている忍者いるっしょ、あの方式ね。



公園のようにきれいに整備されていて、資料館もありました。
ダムの中にも入れて、けっこうおもしいです。
定山渓温泉に出かけた時に、ちょっと寄り道もいいですね。



05 定山渓ダム003.jpg


05 定山渓ダム004.jpg


05 定山渓ダム005.jpg


昔は、定山渓温泉にも汽車が走っていたそうです。
05 定山渓ダム006.jpg
<2005.5月撮影>



人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:45| Comment(2) | 札幌の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。