2013年09月30日

フジテレビ『逃走中』は北海道開拓の村

フジテレビの『逃走中』という番組を見たら、なんだか見覚えのある背景。
あら、これは『北海道開拓の村』でしょや。




『逃走中』は、タレントさん達がエリア内をハンターにつかまらずに何人生き残れるかという物語じかけの番組。
『北海道開拓の村』の建物は重要文化財だし、道が管理しているから番組も管理している側も、気をつかったでしょうね。
番組の内容より、どんなふうに映るのかをマジマジみてしまいました。




建物の案内版はムシロで覆われていたし、建物の軒先や回りにも工夫がされていました。
なかなか雰囲気がでていました。




夏に行った時の、まだUPしていない写真がいっぱいあるので載せてみました。
もし、番組をご覧になった方がいたら
「テレビでここ見たかも〜」と思って頂ければ幸いです。



開拓の村2−002.jpg



開拓の村2−001-1402.jpg



開拓の村2−005.jpg



ここは、旧開拓使札幌本庁舎です。
開拓の村2−003.jpg



開拓の村2−004.jpg



開拓の村2−006.jpg



13.9.29開拓の村3−001.jpg



開拓の村2−007.jpg



開拓の村2−008.jpg



開拓の村2−009.jpg



開拓の村2−010.jpg



旧青山家漁家住宅
網元の住宅と、漁を手伝った沢山のやん衆と呼ばれる人たちが暮らす場所が一緒になっています。

開拓の村2−011.jpg



やん衆達は、大きな部屋の回りにある畳の上で寝て、中央のいろりあるスペースで食事をとりました。
開拓の村2−014.jpg




開拓の村2−012.jpg



ここは住居スペース。
開拓の村2−015.jpg



これを機会に、開拓の村に、どんどん人が来てくれるといいですね。

その他の写真は開拓の村のカテゴリで

北海度開拓の村HP

逃走中 サングラス 逃走中 ds


人気ブログランキングに挑戦中です!おもしろかったらポチっとね
人気ブログランキングへ




posted by ぽぷら at 00:01| Comment(4) | 北海道 開拓の村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

有島武郎の住んだ家・・開拓の村

北海道開拓の村には、北海道にゆかりの深い作家の有島武郎が住んでいた家も保存されています。
数々の有名作品を読まれた方も多いのではないでしょうか。



13.8開拓の村 有島邸01.jpg

ちょっとお宅を、訪ねてみましょう。
2回の窓が洋風でおしゃれですね。






表札が付いています
こんにちは、おじゃまします。

13.8開拓の村 有島邸02.jpg



あら、障子の穴がきれいに継ぎ当てされていますね。

13.8開拓の村 有島邸06.jpg




13.8開拓の村 有島邸03.jpg




正面は台所、茶の間は右ですね。

13.8開拓の村 有島邸04.jpg








床の間の障子の透かしがおしゃれ。
それから、障子のふすまが懐かしいんでないかい。
私の小さかった頃の家にも、まったく同じような、ガラスの入った障子のふすまがありました。



13.8開拓の村 有島邸05.jpg

その向こうには縁側もありますね。
北海道の家は当時、本州と同じ造りの家だったので、縁側のある家が多くありました。
でもね、しばれる北海道の冬には不向きだったんです。
ハンパじゃないっしょ。戸の間から雪が吹き込むんだから。これ、経験者は語るよ、ほんと。
しだいに、北海道には北海道の、寒冷地仕様の住宅が立てられるようになって、このあと縁側のある家は次第に少なくなっていきます。



13.8開拓の村 有島邸07.jpg
どうも、おじゃまいたしました。




さて作家として有名な有島武郎ですが、北海道にとって、とくにニセコ町にとっては『父親から引き継いだニセコの農場を、土地共有という形で小作人に無償で解放した、『農地解放』をした人物』として、とても有名です。




それでニセコにはね、羊蹄山が奇麗に見える小高い丘に、『有島武郎記念館』が立てられています。
確か以前に『有島武郎記念館』を写した写真があったはず〜〜〜〜〜ガサゴソガサゴソ。
おお、あったあった!なに2005年の10月!!
そんな前だったとは・・・・
でも、せっかく見つけたのでupしよ。
羊蹄山のこんな紅葉が見られるのも、もう少しですね。


13.9.4-05ニセコ有島記念館03.jpg




13.9.4-05ニセコ有島記念館04.jpg




13.9.4-05ニセコ有島記念館02.jpg




13.9.4-05ニセコ有島記念館01.jpg


• 有島記念館‐
• 住所/北海道虻田郡ニセコ町字有島57番地
• 電話番号/0136-44-3245




カインの末裔 生まれ出づる悩み 或る女


人気ブログランキングに挑戦中です!おもしろかったらポチっとね。
人気ブログランキングへ




posted by ぽぷら at 22:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 北海道 開拓の村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

『北海道 開拓の村』の旧近藤医院

北海道古平町で、明治35年から昭和33年(1958)まで使われていた旧近藤医院。



13.6.3開拓の村医院01.jpg



昔の建物は、デザインに凝っていて、おもむきがありますね。
13.5.26開拓の村6.1-6.jpg



こんなアーチ型の受付ありました。
13.5.26開拓の村018.jpg



子供の頃にあった個人病院はこんなだったかも。
この雰囲気だけで怖かったもね。
13.5.26開拓の村6.1-2.jpg




それにしてもさ、体の中がこんなアバウトでいいんかい・・・・

13.5.26開拓の村6.1-3.jpg



なんかちょっと恐ろしくリアルです。
13.5.26開拓の村023.jpg



13.5.26開拓の村021.jpg


あ、懐かしいシルエット発見。
13.5.26開拓の村017.jpg



これは中に水を入れておいて、トイレから出たあとに手を洗うものです。
下のぼっこ(棒)を揚げるとタンクの水が落ちて来る仕組みです。
13.5.26開拓の村6.1-1.jpg



おお、昔懐かしいお便所。恥ずかしいので小さめに。
でも、さすが病院。床がタイルになっています。
懐かしいから大きく見たいなあと思われる方はポチっ
13.6.3開拓の村医院03.jpg



廊下には排水溝が設備。どういう状況の時にその威力を発揮するのかなあ。
13.5.26開拓の村019.jpg



13.6.3開拓の村医院02.jpg



ガラスには模様が。
13.6.3開拓の村医院06.jpg



13.6.3開拓の村医院07.jpg



13.5.26開拓の村6.1-5.jpg



2階は先生の資料室になっていたそうです。
13.6.3開拓の村医院05.jpg



13.6.3開拓の村医院04.jpg

私事で恐縮だけど、昭和30年代ころ、手稲町に中村医院という町医者さんがいました。
熱をだすとガラスの大きな注射器を銀色のケースからカチャカチャいって取り出すの。
その太さったらハンパじゃない。子供だったからよけいに大きく見えたんだべね。
おかげでちゃんと大きくなって、お嫁に来てから、一度だけお会いしたのが最後でした。

人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ!
人気ブログランキングへ

北海道の旬の味!


posted by ぽぷら at 10:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 開拓の村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

『北海道開拓の村』の小樽新聞社

北海道開拓の村に展示されている小樽新聞社です。


13.5.26開拓の村8.jpg



13.5.26開拓の村F027た.jpg


13.5.26開拓の村F小樽新聞.jpg

13.5.26開拓の村010.jpg


デジタルになるまえの新聞は『 活版印刷 』。
文字が掘られたハンコを並べて文章を組み立て、インクを付けて印刷する方式です。
これを一個一個 棚から取り出しては並べて集めて文字を配置(植字)していたなんて、すごいんでないかい!


13.5.26開拓の村F01.jpg



13.5.26開拓の村09T.jpg


毎日、このすごワザがここで行われていたのですね。
そうか、ハンコなので逆さま文字ですね。



多く使う文字は、一番取り出しやすい位置に置いて、次に多く使う文字はその回りに。
あまり使わない文字は、遠くの方に置くなど、文字の置き場所には工夫がされていたそうです。
英語の文字はたった26文字なのに日本語はいったい何文字なんだろう。




「若い頃に、コレやってる知り合いがいたわ」と旦那さんが言いました。
そ、そうか。そう昔の事でもなかったんだもね。
「バイク便ってのもあったな」
バイク便?
「急いで届けなきゃなんないものはバイクを使ったほうが車より早いべさ。渋滞にも強いべ。ハトだって飛んでたぞ。現場写真のフィルムをハトに持たせて飛ばすのよ。したら新聞社に飛んでくべ」
え、そうだった?
「お前と結婚した時にはまだ飛んでたべや」
という事は30数年前・・・・・
ま、まあそうでしたか。



13.5.26小樽新聞.jpg



『 活版印刷 』は世界三大発明の一つだそうです。
それまでの印刷といえば、時代劇の『かわらばん』 でおなじみの木彫りでした。
手元がくるって掘り過ぎちゃって ”やべ〜!” という事がこれでなくなり、さらに、沢山の印刷ができるようになった事で、庶民も書物というものを読む事ができるようになりました。



北海道開拓の村ホームページには
『小樽新聞社は明治27年(1894)に創立された。函館毎日新聞、北海タイムスとともに道内の代表的新聞の一つであった。』
とありました。



そうそう、『北海タイムス』は、道民にとってはまだ記憶に新しいかもしれません。
いつだったか、時代に取り残されてたこの看板を見つけて、思わず撮った写真がありました。
データには『2010年2月16日火曜日 』とありました。


北海タイムス.jpg



北海道開拓の村
人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ!
人気ブログランキングへ



だべさ通信3
posted by ぽぷら at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 開拓の村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

開拓の村なのに懐かしいべさ

『北海道開拓の村は』野外博物館。
北海道の開拓時代からの建物が、移築、再現されて、広〜い敷地になんと52棟が展示されています。



由緒ある建物もいいですが、私はやっぱり木造民家がいいなあと思います。
だってさ、そこにあるもんが、どんなもんだがわかっちゃうんだなこれが。使ってたも。
それってなんだか嬉しいような悲しいような・・・



それにしても次男よ、あんたまだ20代なのに
『ここは あずましいなあ(気持ちが和らぐ)』って、言うかい。



ボランティアガイドさんの案内で歩きましたが、全部見るのには時間がたりませんでした。
説明が楽しくて、あんまり写真も撮れなかったし。
しかし次男よ、でかしたよ、あんたいっぱい写真撮ってたもね。
しかもお父さんまでもが!

とりあえず、本日はインデックスに。



13.5.26開拓の村2.jpg
昭和21年まで使われていた札幌駅


13.5.27開拓の村-インデックス01.jpg



13.5.27開拓の村-インデックス02.jpg



13.5.27開拓の村-インデックス03.jpg



13.5.27開拓の村-インデックス04.jpg



村内には病院、理容院、写真館、交番、郵便局、有島武郎の家ets・・・などがあります。

北海道開拓の村
人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ!
人気ブログランキングへ



だべさ通信3
posted by ぽぷら at 22:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 開拓の村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする