2013年07月18日

公園から夜空

昨日はなんとか、旦那さんの足を引っ張らずに仕事を終える事ができました。



事件が起きず、いかったよ〜。
いっつも何かをやらかす私としては、正直ホっとしました。



最近は、そこにあるものが見えていなかったり、簡単な事が覚えられなかったりと、歳を感じて気持ちが折れちゃう事もしばしばよ。



帰宅した時、夜空がいい色で、家に入るまえに写真を撮ってもらいました。


どう?星見える?

13.7.17夜空.jpg
<< 手稲の空・・・旦那さん撮影 >>



懐かしい・・ニニロッソ 夜空のトランペット
人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ!
人気ブログランキングへ
posted by ぽぷら at 10:53| Comment(10) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

雨の日のハスカップ

雨も好きです。
今が伸び盛りの植物たちも、水滴が嬉しいみたいです。



裏の畑のハスカップ。実が膨らみ始めました。

13.6.22.ハスカップ01.jpg





13.6.22.ハスカップ03.jpg





13.6.22.ハスカップ02.jpg





アイヌネギ(行者ニンニク)の花

13.6.22.アイヌネギ01.jpg





13.6.22.アイヌネギ02.jpg





キュウリの支えのぼっこ(棒)

13.6.22.竹竿.jpg





キュウリの花

13.6.22.キキュウリ.jpg                                                                                                           

人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ!
人気ブログランキングへ




だべさ通信3
posted by ぽぷら at 00:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

空から見る黄金山・青山ダム・人のいない集落

札幌から北に向かうと、標高739.1メートルの黄金山(こがねやま)が見えてきます。
なんとなく盛り上がった山々の中に、黄金山は目立って突き出ているからよくわかりますね。



13.12浜益黄金山.jpg



角度を変えるときれいな三角にも見えるので、別名「浜益富士」です。
それにしてもさ、いかにも、”ここに金がありますよ〜”っていう名前ですよね。
なんでも、江戸時代にはこの付近で金が採掘されていたと伝えられているそうです。



アイヌの人たちにとっても、とても重要な山だそうで、”アイヌ文化に関連する名勝 ”として指定さています。
黄金山の向こうは海、左の緑の中に小さく茶色ぽく見えるところが浜益というところです。
写真は北海道の内陸側から日本海方向を写したもので、撮影日は先週の金曜日(6月7日)、旦那さんの撮影です。
まだまだ山には雪が残っていますね。


13.6.12黄金山.jpg





さて、ヘリは田んぼの上を飛行中。

13.6当別 空撮たんぼ.jpg



ここは当別という地域です。

この大きなダムは青山ダム。


13.6.12当別ダム.jpg


ここは青山地区という所です。
ここは当別ダムの底に沈む事はありませんでしたが、ダムの建設区域内になったことから、地区に住む人たちは、住み慣れた土地を離れる事になりました。

13.6.12青山中央小学校jpg



空から見る限りは、青山中央小学校の建物だけが残っていますね。

13.6.12青山小学校02.jpg




人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ!
人気ブログランキングへ

北海道の旬の味!


posted by ぽぷら at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

手稲山の雪も消えるべさ

今日の札幌の日の出は3時58分、日の入りは19時10分。
日が長くなりましたね〜。



手稲山の雪も、残りわずかになりました。


13..6.9手稲山01.jpg



13..6.9手稲山02.jpg




人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ!
人気ブログランキングへ

北海道の旬の味!


posted by ぽぷら at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

丘のまち美瑛でジェットコースター

皆様、大変お疲れさまでございました。
札幌から高速を使わずに約3時間弱、バスはこれから皆さんお待ちかね、丘のまち、美瑛へと入ってまいります。



文字から致しましても美しく、北海道の雄大さを感じさせる,ここ美瑛。
『美瑛』とはアイヌ語で『ピエイ』、その意味は『油ぎった川、濁った川』という意味なのだそうでございます。
”ええ!なんだか違うしょや!”と驚かれるのも無理はございません。



実はその昔、この土地にやってきた開拓者が『ピエイ』を、濁点をつけて『ビエイ』と誤って読み、 『美しく明朗で王者の如し”との意味を込め、『美瑛』にしよう”
と命名したそうでございます。
当時の人たちの強い志に、『ま、勘違いでもいいよね』と思わず許してしまうほど、本当に美しい丘の町、美瑛でございます。

12.7.16美瑛01.jpg

ごらん下さいませ。四角く区切られた畑には、じゃがいも、麦、ソバなどの農作物が、それぞれの種類、それぞれの伸び具合によって色とりどり。
春は土の茶色がまじり、夏にはジャガイモの花の紫や、ソバの花の白が、そして秋には小麦が金色のジュータンを敷き詰めるのでございます。
まさに、キルトの世界、パッチワークの風景そのものでございますね。



左をご覧下さいませ。ただいま見えてまいりましたのは、マイルドセブンの丘でございます。
マイルドセブンのパッケージに起用されましてから、連日ファンがどっと押し寄せ、記念撮影をされているので、並んで立っている防風林達も、ちょっと緊張しているようでございます。

12.7.16美瑛03.jpg

さて、先ほども申しましたように、ここ美瑛は丘の町、さえぎるものがないので、大空の大安売りでございます。
どこを切り取っても絵になる風景でございますね。

12.7.16美瑛04.jpg



12.7.16美瑛05.jpg

12.7.16美瑛07.jpg
右手をご覧下さいませ。
広い畑に一本だけ、大きなポプラの木がそびえてございます。
あちらが有名な『ケンとメリーの木』。
名車、スカイラインのCMに登場してからというもの、恋人達の聖地として、超有名になり、カップルが愛を語りにどんどんやってくるのでございます。本日は休日ともあってすごい賑わい。語りあうのはお預けにして、ここでは見頃のソバの白い花でもご覧 頂くのがよさそうでございます。

12.7.16美瑛02.jpg


12.7.16美瑛09.jpg

12.7.16美瑛08.jpg

さて皆様、『ケンとメリーの木』は恋人達のいお任せし、これから車は、美瑛の穴場的スポット、ジェットコースターの道へ向かって参ります。 丘をいくつも乗り越えながら進むまっすぐな道、まるでジェットコースターにでも乗っているかのような気持ちよさ。


12.7.16美瑛10.jpg

坂を下るときは両手を上げて ”うわ〜お〜”とお叫び下さいませ。
それではまいりまっせ。GO!!
うわ〜お〜〜

12.7.16美瑛06.jpg



人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ!
人気ブログランキングへ



だべさ通信3
posted by ぽぷら at 12:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

積丹ブルーは こんなブルー

友人の景子に誘われて、息子さんの運転する車で、積丹半島まで行ってきました。


11.8.26syakotann.jpg


最初に車を止めたのは、幌武意港です。

11.8.26syakotann001.jpg

この船には電球がいっぱい付いています。きっとイカ釣り漁船でしょうね。

11.8.26syakotann008.jpg
(写真は2段階で拡大します。


船着き場は、すぐ下が海。だからさ、ちょっと覗いてみるのもおっかないね。
端ギリギリまで足を出して、鼻の下をのばして、海の中を覗いてみました。 お〜こわ、なんだかムズムズします。

ありゃ!コンクリートにはムール貝(私たちは、カラス貝って言ってました)がびっちり付いているしょや。しかもウニもいる。
やや、よく見りゃ、あっちにもこっちにも・・・・・
取りたいなあ〜
欲しいなあ〜・・・


さて、次に訪れたのは、島武意海岸。
美しい景色を見るために、ニシンを運ぶ為に明治28年に掘られたという、このトンネルを通っていきます。
おお〜美しい!!この色が積丹ブルーでございます。

11.8.26-005.jpg

11.8.26syakotann001.jpg

美しい海を見たあとには、腹ごしらえです。
トンネルのすぐ前にあるレストランで食べた海鮮丼(¥1.500)。ごめんね、見せるだけで。

11.8.26syakotann006.jpg
”食事処 鱗 晃(りんこう)=北海道積丹郡積丹町入舸(いりか)町”


さて、次に向かったのが神威岬。昔は女人禁制の海でした。

11.8.26syakotann007.jpg
人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ! 人気ブログランキングへ

『だべさ通信3』
posted by ぽぷら at 23:22| Comment(8) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする