2015年10月16日

映画の看板は昭和ロマン 夕張キネマ街道

映画の看板と言えば、あの独特のタッチで書かれる絵がなんとも魅力的ですもね。
昭和レトロの映画の看板と言えば、東京の青梅キネマ通りを思い浮かべられる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、夕張の『夕張キネマ街道』も、なかなか面白いです。



いったい幾つの看板が取り付けられているのかはわかりませんが、『夕張キネマ街道』をスーっと通っただけでも、こんなに沢山の看板を目にする事が出来ました。
いくつかは見たことのある、懐かしい映画の看板もあります。


◎ローマの休日(1954年)
王女様と新聞記者のあわーい恋のストーリー。
テレビで何度も見で、乙女心をくすぐられちゃいました。

151014ゆうばりキネマ街道003.jpg



◎心の旅路 (1942年 アメリカ映画)
記憶喪失になっちゃった主人公を、傍でひたすら見守り続ける恋の物語。

151007ゆうばりキネマ街道002.jpg



◎七人の侍 (1954年(昭和29年))
個性のあるお侍さんたちとストーリーがわかりやすかった。

151007ゆうばりキネマ街道003.jpg



◎映画 男はつらいよ(1995年までの26年間に全48作品)
寅さん、いっつもフラれちゃうんだよね。

151007ゆうばりキネマ街道006.jpg



◎黒部の太陽(1968年)
石原裕次郎が主演だもね。裕次郎ファンにはたまらなかったんだべね。

151007ゆうばりキネマ街道005.jpg



◎遠き落日 (1992)
野口英世の生涯を描いた作品。

151007ゆうばりキネマ街道004.jpg



◎南太平洋 ミュージカル(1959年)
◎ダイハード(1989年)

151007ゆうばりキネマ街道001.jpg



◎帰らざる河 (1954年)マリリン・モンローも登場

151007ゆうばりキネマ街道008.jpg



◎東京物語(1953年)

151007ゆうばりキネマ街道007.jpg



◎史上最大の作戦 (1962年)
あ、このテーマ曲、すんごく有名だったもね。ジョン・ウェインがいたね。

151007ゆうばりキネマ街道009.jpg



◎クレオパトラ(1963年)

151007ゆうばりキネマ街道010.jpg



◎荒野の七人(1961)
なんでも、映画『七人の侍』のアメリカバージョンにしたって聞いたことがあります。

151014ゆうばりキネマ街道001.jpg



151007ゆうばりキネマ街道011.jpg



さて、2009年に同じ場所で写した写真がありました。
比較してみますね。

まず、こちらが2009年に写したもの。
151007ゆうばりキネマ街道2009-13.jpg


そして今回、同じ場所が写っていた場所がこちら。
古い建物は取り壊されていますね。

151007ゆうばりキネマ街道013.jpg
あ、シェーンの看板もある。
「シェーン!カムバーック!!」(こういうセリフがあったのだ) 




2009年に写した次の写真はこちら。
151007ゆうばりキネマ街道2009-7.jpg

現在。
建物がなくなっていました。
151007ゆうばりキネマ街道012.jpg



この『夕張キネマ街道』。
1時間も歩けば、沢山の昭和レトロの看板を見つけることが出来ますよ。
もし近くを通ったら、寄り道してみるのも楽しいのでは。




= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:39| Comment(3) | 夕張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

夕張も初雪で野生の鹿も現れてギャー

手稲山に雪が降た今日、私達は、朝から夕張の現場へ向かいました。
うわあ夕張のマウントレースイスキー場が真っ白でしょや。
とうとうきたか冬。

151014夕張001.jpg

151014夕張002.jpg


出向いた場所は、先日も行った携帯電話も圏外になるところ。
ところが今日は、様子がまるで違う。
その山の坂道は、昨日降った雪と赤く色付いたもみじが、なんともまあ着物の柄みたいな道しるべになっていました。
滑るけど、きれいだね。

151014夕張003.jpg

151014夕張004.jpg



谷間に日がさすと、葉を落とす前の葉っぱが光りを通して、まるでスライドを見ているように美しいです。
山ブドウも鈴なりだね。
でも、熊がでたら、山ブドウよりも先に食べられちゃうんでないべか。

151014夕張007.jpg

151014夕張005.jpg

151014夕張006.jpg



その時、後ろで ギャーーー!! という悲鳴のような声。
ひえ!! な、なんだ??!
するとまた、ギャーーー!!   ひえ〜〜!!
薮の中に目をこらすと、真っ白いものがユサユサっと揺れました。
鳥???
ありゃ、鹿だ!!白い物は鹿のお尻の毛だったんだね。
こっちを向いてる、もしかして、私たちを見て思わず声が出ちゃったのか?
ギャーーー!!  

151014夕張008.jpg

151014夕張008.jpg



野生の鹿は何度か見た事あるけど、こんな近くでギャーーー!! と言われたのは初めてです。
思わずカメラのシャッターをパシャパシャパシャ!!
偶然!写ってました。
でも鹿は、私を見て、またまたギャーーー!!  と言って山の中に消えてしまいました。
鹿でいかったね。
熊だったらヤバかったも。


シューパロ湖は、紅葉が進み、先日にも増して美しい姿でした。

151014夕張009.jpg

151014夕張010.jpg



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:07| Comment(2) | 夕張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

夕張のバリー屋台の黒いラーメン

夕張駅です。

151007夕張ラーメン001.jpg



こんなにでっかいのか!!・・・ではありません。
駅舎はこちら、黄色いハンカチが可愛いメルヘンチックな建物です。

151007夕張ラーメン002.jpg


このホームの目の前にあるのが、『バリー屋台』。
夕張(ゆうばり)だから『バリー屋台』って言うんだね。
ちょうどお昼とあって、バリー屋台は賑わっていました。

151007夕張ラーメン004.jpg


151007夕張ラーメン005.jpg


151007夕張ラーメン017.jpg


151007夕張ラーメン006.jpg



竹墨を練り込んであるという黒ラーメンを食べてみよう。
入り口の所にホロのかかったテーブル席がいい感じ。
旦那さんは愛煙家なもんで、こういう所があずましい(落ち着く)です。

151007夕張ラーメン007.jpg



「いらっしゃい!黒ラーメンだね、はいよ。」
おじさんは気さくだね。
このお店は『バリー屋台』の角の部分なので、自分のお店専用の玄関が作れちゃうんだね。

151007夕張ラーメン016.jpg


151007夕張ラーメン008.jpg


まもなく、おカミさんが黒ラーメンをふたつ持ってきてくれました。
「寒くないかい?大丈夫かい?私もタバコ吸うからさ、気持ちわかるよ、ハイどうぞ」
おカミさんの心使いも嬉しいね。



どんぶりが黒いからなのか、それとも私が老眼だからなのか、どんぶりを覗いても具しか見えない。
どれどれ・・・適当にすくってみると、おお!!黒いラーメン!忍者みたいだ。

151007夕張ラーメン009.jpg


151007夕張ラーメン010.jpg


麺そのものは炭の匂いがするわけでもなく、特別な味がするわけでもありません。
とっても美味しい、醤油ラーメン。
見た目も楽しいけど、味でもちゃんと勝負しているのがいいんでないかい。
ごちそうさま。
食べたどんぶりを下げたら、「いやいや、どうもどうも」って言ってくれました。


151007夕張ラーメン018.jpg



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:25| Comment(2) | 夕張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

生まれ変わった湖が美しすぎるシューパロ湖

夕張での仕事の合間に立ち寄ったシューパロ湖。
シューパロ湖は大夕張(おおゆうばり)ダムによって作られた湖でしたが、今年3月(2015年)、大きな夕張シューパロダムが完成したため、大夕張ダムは湖に飲み込まれ、シューパロ湖はさらに巨大な湖に生まれ変わりました。
農作物用として使われる水、湛水(かんすい)は、日本で2番目に広い面積で、 水位も以前に比べると30m以上も高くなったそうです。


新しいシューパロ湖誕生の影には、橋や学校、人の暮らしがありましたが、今はすべて水没し、残された木々だけが、まるで雪化粧でもしたかのように白く立ち枯れ、その姿を湖面からのぞかせています。
その姿があまりにも美しすぎて、気がつけばいっぱい写真撮っちゃっていました。


151007シューパロ001.jpg



151007シューパロ002.jpg



151007シューパロ003.jpg



151007シューパロ004.jpg



151007シューパロ006.jpg



151007シューパロ008.jpg



151007シューパロ012.jpg



151007シューパロ010.jpg



151007シューパロ0013.jpg



151007シューパロ018.jpg



151007シューパロ025.jpg



湖の木の間から見えるのは、月じゃなくって道路標識?

151007シューパロ005.jpg



シューパロ湖が見える高台に、夕張市立鹿島小学校、鹿島東小学校、夕張東高等学校、夕張私立鹿島中学校の閉校記念碑がありました。

151007シューパロ019.jpg
151007シューパロ022.jpg


151007シューパロ021.jpg



とにかくトンボがすんごくいっぱい飛んでいます。
でも、私がいつも見ているトンボじゃなく、糸とんぼ???
このあたりは、このトンボたちの楽園のようです。

151007シューパロ014.jpg


151007シューパロ025.jpg


151007シューパロ016.jpg



参考>>夕張シューパロダムは『重力式コンクリートダム』です。
  重力式コンクリートダムというのは、とにかくいっぱいコンクリートを使って川をせき止める工法です。
北海道弁で言うところの『ツッペ』ね。
川の両サイドの岩盤が弱い地形に使われる方法で、コンクリートを大量に使って水をせき止めます。



もう一つ、『アーチ式ダムと』いう種類のダムがあります。 有名なのは黒部ダム。アーチ型になっていますね。
川の両サイドの岩盤が丈夫だと、ダムをアーチ型にして、水圧を両側の岩盤に分散させて支えてもらう事ができるので、ダムの厚みがなくても大丈夫というわけです。


151007シューパロ028.jpg



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:15| Comment(4) | 夕張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

その花、実はゴボウの花

日当りの良い歩道を歩いていると、脇のほうから乗り出して咲いているピンクの唇をしたイガイガボンボン。
この花が咲いていたのは、8月の後半の事です。
大きさは、ピンポン玉よりも一回りくらい小さめ。
アザミの花にによく似ていました。
したっけさ、この植物はなんとゴボウ なんですって!

150815ノラごぼう01.jpg



ゴボウはもともと北海道にはなかったんだけれど、栽培用のゴボウが野生化したそうです。
北海道の気候はゴボウ好みらしく、今ではあちこちでみられるとか。
それで、近所の公園にも、沢山咲いていたんですね。
名前はその名も 『野良ゴボウ』 。
野生化しちゃったから『野良ゴボウ』 って付けられちゃったんでしょうね。



根っこばかりが重宝されているゴボウ。
もしかしたらゴボウは『花も見てもらいたいんだよ・・・』
と、畑を逃げ出したのかもしれませんね。



『野良ゴボウ』の根っこも食べられるんでないの?と思ってけれど、実際は、お店に売られているような長い根はできないそうです。
野生のゴボウがあちこちで花を咲かせているなんて、ちーっとも知りませんでした。

150815ノラごぼう2.jpg


150815ノラごぼう03.jpg



= 北海道の人気ブログが満載 =

人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。



スポンサーPR
posted by ぽぷら at 21:45| Comment(2) | 夕張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

ポンポロカベツ川はカワイイけどすごい

夕張には、仕事でこれから何度か通う事になりそうです。

15.2.27夕張001.jpg


15.2.27夕張002.jpg


15.2.27夕張003.jpg


15.2.27夕張004.jpg


15.2.27夕張005.jpg


道にそって続く長い町を通っていくと、面白い川の看板がありました。

15.2.27夕張006.jpg


『ポンポロカベツ川』
アイヌ語であろうと、すぐ想像できました。


『ポン』=小さい 
『ポロカ』=?
  もし「ホロカ」だと「後戻り する」という意味になるそうです。
『ベツ』=川
後戻りしているように曲がりながら流れる小さな川??
という意味になるのでしょうか。
(ちゃんとした意味が解明できずスミマセン。)



15.2.27夕張007.jpg



北海道の地名も川名も、アイヌ語がそのまま残っているっていいな。
ポンポロカベツ川はカワイイ名前だけれど、川の中でも特に重要な管理が行われている一級河川でした。
カワイイけど、すごい。


15.2.27夕張008.jpg



人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 23:00| Comment(2) | 夕張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

高倉健さん、夕張の黄色いハンカチの家

高倉健さんが亡くなりましたね。
映画『幸せの黄色いハンカチ』の舞台になった夕張の炭坑住宅は、「想い出ひろば」の中に記念館として残っています。
冬の間の閉館をしたばかりでしたが、臨時に会館したそうです。




以前、行った時の写真があったので載せてみる事にしました。
この炭坑住宅は、5件が一つの建物になっていますね。
確か、ハモニカ長屋って言っていたような気がします。

14.11.19-9516黄色いハンカチ1.jpg




『幸せの黄色いハンカチ』のラストシーン。
出所した夫は、坂の下から自宅の鯉のぼりの竿にたなびく沢山の黄色いハンカチを見た。
それは、妻が夫をずっと待っているという印だったのだ。
泣ける・・・

14.11.19-9516黄色いハンカチ2.jpg


14.11.19-9516黄色いハンカチ5.jpg



木造の家がなっつかしい〜!と思われた方は、私と同世代か、先輩の方でしょうか。
私は、ほぼ、同じような長屋に住んでいました。
「想い出ひろば」に残っているのは一棟だけど、昔はこんな住宅が何棟もずら〜っと並んで建っていたんですよ。
外に出ている煙突の部分は焼き物で出来てますね。
この犬小屋は立派!トタン屋根だも。

14.11.19-9516黄色いハンカチ3.jpg



中に入ると茶の間にいる人形は、高倉健さんと賠償千恵子さん?

14.11.19-9516黄色いハンカチ4.jpg



洗濯機は『うず潮』

14.11.19-9516黄色いハンカチ6.jpg



台所の洗剤はマイペットとチェリーナ。
婆ちゃんは、今でも『ライポンF』って言ってるけど。

14.11.19-9516黄色いハンカチ7.jpg



玄関の鍵は、こんなふうに、ボッコになっているものでした。
グっと差し込んでから、ねじって止めるやつ。

14.11.19-9516黄色いハンカチ8.jpg



建物の中には、『幸せの黄色いハンカチ』で使われた車、赤いファミリアも展示されています。
壁にはメッセージが書かれた黄色い紙がいっぱい!

14.11.19-9516黄色いハンカチ10.jpg

14.11.19-9516黄色いハンカチ9.jpg


14.11.19-9516黄色いハンカチ18.jpg


北海道になじみの深い高倉健さん、これからもずっと道民に慕われ続けるでしょう。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR
posted by ぽぷら at 22:00| Comment(4) | 夕張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。